気ままにキャスト
flymagic.exblog.jp

北海道札幌市在住akaのflyfishingの気ままな話やフィールドの中で感じた事,思った事を気ままに綴ります。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
Link
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
知床カラフトマス釣行2009
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
こだわりの二人が行き着い..
from Drag-Free Drif..
 3月4日  情報掌握。
from 「 飛 翠 。」 one's..
謹賀新年2008
from 北の毛針釣師-Blog
self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
カラフト
from walton_Blog
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
June 2 2007..
from Drag-Free Drif..
ブログパーツ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
strategy
先週に引き続き、大きなブラウントラウトを狙うべく訪れた落ち葉舞う秋の湖
前日は仕事を終えて帰宅したのは夜も更け切っていた深夜だった
寝不足で重たい体を秋の乾いた風が僕の釣り欲をひしひしと沸き立たせていた。
e0035597_20491688.jpg

先週はラインシステムのテストに失敗し半日以上を無駄にしてしまった
今回からのラインシステムは今シーズン手に入れた“SCOTT E2 #6”では
今まで使用していた#6のフルシンクラインが軽くて僕の技量では振り切れない為に
#7のフルシンクラインをチョイスしてみた。

ロッドの番手指定より重いラインを使うことはメリットとデメリットが生じるが
僕の選択はメリットの方が多かったようだ。

釣り始めてスグに小型ながら元気の良いブラウントラウトが重くテンションを感じる
ラインに勢いよく乗ってくれた。
立て続けに何匹かのブラウントラウトが釣れたが狙ってるサイズでは無いが
僕は十分に満足感に満たされていた
e0035597_22245275.jpg

フライを投じる前に釣れるイメージを連想する事

これがイメージできる日は釣りに集中していると、自分で勝手に思い込んでいる

「どこにフライを落として、どこまで沈めてフライラインがどこをトレースするか・・・
障害物は?・・・倒木?じゃあ?ブラウントラウトは倒木の後ろから出てくる?それとも前から?
駆け上がりの深さは?地形はどうなの?そこに水草が生えてるぞ・・・
でも短いから、その先の長い水草と駆け上がりの間にフライラインを通そう・・・」

とか、自分の好きなように妄想して戦略を企てる・・・これが、フロート・フィッシングの醍醐味。
e0035597_20494579.jpg

自分の描いたイメージどうりに「ここで来る!」と確信した瞬間にブラウントラウト鼓動が
リトリーブするラインに伝わった時、そのブラウントラウトが大きかろうと小さかろうと
そんな事は僕にとって、たいした問題では無くなっている。
e0035597_2050126.jpg

Flyfishing=戦術・・・と僕はそう思っている。

でも・・・やっぱり・・・大きなブラウントラウトが釣りたい!というのが本心です。
[PR]
by flymagic | 2006-10-28 23:17 | ブラウントラウト