気ままにキャスト
flymagic.exblog.jp

北海道札幌市在住akaのflyfishingの気ままな話やフィールドの中で感じた事,思った事を気ままに綴ります。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
Link
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
知床カラフトマス釣行2009
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
こだわりの二人が行き着い..
from Drag-Free Drif..
 3月4日  情報掌握。
from 「 飛 翠 。」 one's..
謹賀新年2008
from 北の毛針釣師-Blog
self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
カラフト
from walton_Blog
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
June 2 2007..
from Drag-Free Drif..
ブログパーツ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
旅の空
今日はやたらと北西の風が強い日だった
好天を予想する、気まぐれな天気予報を信じて仲間達と島牧へと深夜に札幌を出発したが
島牧では真冬でもこんなに強い風はめったに無いというほど状況が待ち構えていた。
有名ポイントでフライを振ってる方は皆無で皆ルアーを振っていた

風裏になる漁港を目指した
2ヶ月ぶりに訪れた漁港には、残雪も消え春の柔らかい日差しが差し込んでいた

今年の2月、この漁港を訪れる数日前に僕に悲報が届いていた

20年付き合っていた、友人が死んだという連絡だった

大学で知り合って卒業後は本州企業に就職したが、彼とは年に1度は会っていた。
一緒にキャンプに行ったり、スキーに行ったり、アウトドア派の彼とは趣味も合っていた。
僕のHPを見てはメールや電話でコメントを聞かせてくれていた
仕事をリタイヤしたら北海道に戻るから、その時はフライを教えてくれとか言っていた・・・
2人で野宿したり、カヌーに乗ったり、山登りするのが老後の一つの楽しみだった・・・

僕もその時が来るのを楽しみにしていたが、お互いの夢は絶たれた

e0035597_2125048.jpg

何時もの冬なら、こんなにも真冬の海には通は無かったと思う
僕より先に天国に召された友人に北海道の冬の釣りを見せてやろう
そんな思いで、真冬の島牧、道東の十勝川に通った
釣り場に立っていても、フト彼の思い出が浮かんできて妄想に耽る事もあった
今シーズンの真冬の釣りは、死んだ彼に僕の頑張ってる姿を見せたいが為に必死だった。

北の大地に生を受け、青い空、赤い夕日、白く塗りつぶされた雪原を見て育った、
時には空が泣き出すのを同じ感情で見つめた事もあっただろう

僕の気持ちは彼に届いただろうか?
e0035597_2132293.jpg

僕は今日、41回目の冬の旅を終えた
そして、僕は明日、42回目の春を迎える
41回目の長い旅には、良いことも嫌な事もあった・・・そして、悲しい事も・・・
明日は42回目の旅への1歩を踏み出す、自分の生きる道を記す旅
きっと明日は、天気が良いだろう・・・41回目の旅の悲しい思い出の涙をふいたら
力いっぱいに走り出すつもりだ。笑って過ごせる日々だけじゃない
怒ったり、泣いたり・・・でも、それが人間としての感情。熱く生きること。
e0035597_21253399.jpg

41歳の最後の釣り・・・今は亡き友人に伝える最後の釣り
4匹のアメマスを彼に見せる事が出来た。
きっと、優しい彼が釣らせてくれたのかな?
e0035597_2130453.jpg

島牧の空の分厚い雲は、僕の代わりに涙を流し始めていた。

                              flymagic field photo report
[PR]
by flymagic | 2006-04-22 23:08 | 海アメ