気ままにキャスト
flymagic.exblog.jp

北海道札幌市在住akaのflyfishingの気ままな話やフィールドの中で感じた事,思った事を気ままに綴ります。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
Link
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
知床カラフトマス釣行2009
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
こだわりの二人が行き着い..
from Drag-Free Drif..
 3月4日  情報掌握。
from 「 飛 翠 。」 one's..
謹賀新年2008
from 北の毛針釣師-Blog
self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
カラフト
from walton_Blog
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
June 2 2007..
from Drag-Free Drif..
ブログパーツ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
道北の幻 【第七章】
e0035597_20462985.jpg

午前3時。
東の空は薄っすらとグレーに染まり始め国道を挟む草原は
低い霧に覆われ幻想的な風景をかもし出していた。
きっと今日は前回とは違い、暑い1日に成る事だろうと思いながら、
ウエーディングシューズの紐を結んだ。

友人達と3人で今シーズン3度目の道北の本流に立つ。
以前として、イトウらしいサイズに会えてない僕は、今回こそは
大きなイトウにロッドを曲げてもらいたいと、期待感は高ぶっていた。
それは、同行の友人達もきっと同じ思いだったと思う。
e0035597_20552623.jpg

今日は潮周りも良く午前10時に干潮になる事も、
それにベイトと成るトン魚の群れも多いと聞いていた事も、
僕に期待感を沸き立たせる要素だったのかもしれない。
e0035597_2195477.jpg

午前4時。
右斜め後方からの風に乗ってタイプ3のラインは
01xのリーダーに結んだゾーンカーを本流の真ん中まで運んでくれた。

スーっと沈下したラインをリトリーブ数回でゴン!とアタリがあり
僕はロッドを立てた。
さほど大きくないイトウがヒットしてくれたのは、釣りを初めて
まだ数投目の事だった。
隣にキャスティングしていた友人が川に入りランディングをしてくれたのは、
65cmと小型のイトウだったけど、プレッシャーから開放される瞬間だった。
e0035597_20523183.jpg

それにしても今日は初夏を通り過ぎて真夏の暑さを感じるような天候だった。
まぁ、これくらいの日差しがないと川の生命にも活気が湧いてこない事だろう。
その暑さはsimmsのレインジャケットを脱ぎ捨てさせるほどだった。
e0035597_2183939.jpg

日も高く昇り、干潮時刻が近づくほど川の流れはトルクフルのモノになっていた。
そんな時、僕の上流側にいた友人Nさんに待望のイトウがヒットした!
急いで駆けつけてネットインをお手伝いした。
数分のやり取りでネットに納めたのは76cmのグッドサイズのイトウだった。
e0035597_20544137.jpg

午前6時。
自分の場所に戻り今日2本目のイトウを狙うべくロッドを振り始めた。
ロングキャストしてラインをスイングさせフライを沈下させた。
ラインが伸びきったところでリトリーブを始めると、運良く2本目のイトウがヒットした。
1本目とは違いドッシリとした重量感のあるイトウだった。
e0035597_20533032.jpg

隣に居たkazuさんにネットインを手伝ってもらおうと声を掛けた途端、
kazuさんにもイトウがヒットした。
隣同士でイトウのダブルヒットなんて珍しくビックリして笑ってしまったが、
ネットが僕の1本しかない事に気付き、ネットを持って駆けつけてくれた
Nさんに、先にkazuさんのイトウを取ってあげるようにお願いした。

なんせ彼にとっては初めてヒットした貴重なイトウだから何としても
無事にランディングを成功させて欲しかった。

その数分間、僕はドラグを緩めてラインを出し、
適度な距離をおいてイトウを弱らせないように心がけた・・・が!
重くて腕がだるくなってきた・・・早くネットを入れてくれぇ~と心の中で叫んでいた。

kazuさんのイトウをリリースして、やっと僕のところにネットが帰ってきた。
ネットに納めたもらったのは75cmのイトウだった。
e0035597_2053353.jpg

イトウのダブルヒットなんて、滅多に無い事だろうけど、
やはりネットは人数分有った方がベストですね。

午前11時。
川の水位も下がりきり、流れもほとんど無くなり川は静けさに包まれてしまった。
今日は3名で4本のイトウに出会えたから、早々にロッドを納める事にした。
e0035597_20541155.jpg

状況からして、6月いっぱいはイトウの釣りを楽しむ事が出来そうだが、
釣り人の多さからイトウのプレッシャーも大きいようで、
釣り方を試行錯誤しなければイトウには出会えない気配だ。

さて道北の幻【第八章】は、どんなドラマが待っている事だろう・・・今からワクワクする次第。

                                      6月13日 道北の本流にて
[PR]
by flymagic | 2010-06-14 21:21 | イトウ