気ままにキャスト
flymagic.exblog.jp

北海道札幌市在住akaのflyfishingの気ままな話やフィールドの中で感じた事,思った事を気ままに綴ります。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
Link
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
知床カラフトマス釣行2009
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
こだわりの二人が行き着い..
from Drag-Free Drif..
 3月4日  情報掌握。
from 「 飛 翠 。」 one's..
謹賀新年2008
from 北の毛針釣師-Blog
self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
カラフト
from walton_Blog
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
June 2 2007..
from Drag-Free Drif..
ブログパーツ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2012 道東海アメチャレンジ
8月7日、波の予報を見た限りではフライで海アメを狙うのは、まず無理と分かっていても、
この時期は他の釣りには興味が無いので、まぁ~ナントか成るでしょう!
という事で、サクちゃんと2人で太平洋のサーフへ海アメ狙い!
e0035597_22281467.jpg

予想を遥かに上回るタフコンディションに到着直後から、車内で就寝!

それでも、数時間後には浜に立つことに意味がある!と重い腰を上げて荒れ狂う海へキャスティング開始!
波足は非常に長く一瞬で砂浜が無くなり、過酷な下半身強化トレーニングです!

そんな尋常じゃない状況下で・・・

☆フライで釣ることを諦めルアーで釣っていた地元のフライマンさんに、「この状況でよくフライで釣っるね・・・。」とお褒めの言葉を頂いたり・・・(笑)。

☆尺海アメが波打ち際でヒットしたもの気づかないで、足元に横たわる海アメを見てビックリしたり・・・
e0035597_22285697.jpg

☆サクちゃんが、耳たぶにフライピアスをブチ開けて1日中耳からフライをぶら下げてたり・・・(帰りに道中で無事にフライピアスは外れました!メデタシ、メデタシ!)

☆良型がヒットしたけど引き波に浚われナチュラルリリースに星飛雄馬のように膝から崩れ落ちたり・・・

☆ポイントを移動しようとしたら、サクちゃん号のバッテリーが上がってしまいレスキュー隊を呼んだり・・・

☆大型ゴミがヒットしてしまい、パワフルな引き波に負けて上げる事が出来ずにモガキ苦しみ結局、SD17.6ft12-13が6ピースになってしまったり・・・(泣)。

☆相変わらず、はまなすのチーズハンバーグかつ定食は最高に美味かったり・・・!
e0035597_22273719.jpg

☆酪恵舎のチーズをタラフク買い込み幸せな気分に浸ったり・・・

今日はいろんなトラブルがあったけど、道東の海アメ釣りはやっぱしオモシロイなぁ~!

しばらくは道東の海は時化模様で釣りは不可能な感じで、このままシーズン終了か・・・?

そろそろカラフトマスも寄って来る頃だし・・・次はどっちに行くか迷いますね~(笑)。
[PR]
# by flymagic | 2012-08-07 22:41 | 海アメ
十勝のホウライマスは強かった
e0035597_2073344.jpg

2年ぶりに訪れてみた十勝の山奥にある小さなダム湖。
ここに通い始めて数年たつけど、昨年は珍しく訪れるチャンスを逃していた。
e0035597_2072747.jpg

平日とあって僕達3人での貸切状態だったが、ダム湖のインレット側から半分くらいまでは砂が堆積され随分と浅くなってしまった。
まぁ、ポイントを絞りやすくて、手っ取り早いという事にもなるのだろう。
e0035597_208265.jpg

ここは僕たちが知るポイントの中では1番ニジマスが濃い場所。
ニジマスの中にはホウライマスも混じり、より一層スリリングでパワフルな釣りが楽しめるので僕たちは好んで通っている。
e0035597_20153226.jpg

ただしヒグマも非常に濃い場所で遭遇率30%くらいは覚悟が必要だけど、日が高く登っている時間帯は安全だと自分に言い聞かせている。
e0035597_2085127.jpg

そんな訳で友人たちのロッドは終始ここのパワフルなニジマス達にグイグイ曲げられ、ド派手なジャンプを繰りかし水面が割れる音が響き渡っていた。
e0035597_2091277.jpg

平均で2キャストで1尾のニジマスがヒットする。
僕の場合は5キャストで1尾くらいの確立だっただろうか・・・
e0035597_201297.jpg

釣りのセンスも技量も無い僕の事だから、これくらいが身分相応でちょうどイイのかもしれない。
e0035597_2094062.jpg

早朝、1番最初にヒットしたのはホウライマス。
e0035597_2095865.jpg

見た目はウグイのようにノペッっとしててニジマスの様なレッドバンドも濃くは無く僕はあまりタイプじゃないけど、こいつの引きはバカみたいに走りまくるからオモシロイ。
e0035597_20101256.jpg

ニジマスのポイント、ホウライマスのポイントはサカナの特性を知ればおのずと想像はつくので僕はここに来たら最初に狙うのはホウライマスでもある。
e0035597_20102656.jpg

釣れてくるのは40cm前後の小型のニジマスが多かったけど、極端に小さいサイズは出なかった事から大きさによって場所を住み分けてるのかもしれない。
e0035597_20123538.jpg

中には巨大化したニジマスもどこかにいる事だろうが、そんなニジマスが釣れる事は時の運に任せよう。
e0035597_20104299.jpg

今回は久しぶりにニジマスの数釣りを楽しめた。
いつも釣れない釣りばかりしてる僕にとってはパラダイスにいるよう思えた。
e0035597_2011075.jpg

使ったフライもボロボロになり、腕も怠くなった僕らは午後1時過ぎに山を降りて帰路に付いた。
e0035597_20111293.jpg

そろそろ太平洋の海アメも開幕する事だろうし、今年も夏の釣りが始まるんだなぁ・・・と思った次第。

                                     7月10日  山奥のダム湖にて
[PR]
# by flymagic | 2012-07-11 20:12 | flyfishing
akaさんの世田谷ベースⅡ
怒涛のような道北・道東地方赤帽引越し巡業から無事に戻ってまいりました(笑)。

札幌→北見→紋別→旭川→名寄→増毛と走行距離は1500キロを超え、アクセルを踏み続けた右足の裏は腫れています(笑)。

当然、フライロッドは荷台の突出し部分に忍ばせて行きましたが、暑さと忙しさでヘロヘロに疲れ切り釣りをする時間は取れませんでした。

お陰様でランクル100のオーバーフェンダー代はしっかり稼いで来ました(笑)。
e0035597_11345277.jpg

そしてついに特注オーバーフェンダーを装着した愛車が戻ってきました!

今回は強度を重視してパーツ内部にステーを追加しバンパーにボルトオンで止めてシーラーで固定させました。
e0035597_1135714.jpg

標準の装着では強度的には無理があり、僕と同じ事例に困っている方もいらっしゃるようです。

さて仕上がりはご覧のように無いモノから作ったとは思えないような完璧な仕上がりです!

細いモールも今では入手不可能ですが、板金屋さんの工場の片隅にころがっているのを発見してラッキーでしたね(笑)。
e0035597_11352775.jpg

標準の右側と比べても、まったく違和感なく普通に付いております(笑)。
e0035597_11361826.jpg


以前からバラバラになっていたポルシェ911カレラもいよいよ塗装工程に入りました!
e0035597_1138931.jpg

リアフェンダーを大きく切断して911ターボのワイドフェンダーを移植!
エンジンフードには911ターボの巨大ウイングを装着してシルバーのボディーは
ポルシェ純正色のスピードイエローに塗り替えるのです!
e0035597_11403247.jpg

こちらのオーナーさんは僕よりハマってるようですね(笑)。

さーてと、厚底の靴を履いて仕事に行きまーす!
[PR]
# by flymagic | 2012-07-03 11:42 | LanCru100
akaさんの世田谷ベース
先週の猿払イトウ釣行では無給油で往復を駆け抜けた愛車ランクル100!

もう少しで15万キロを走破するこの愛車はエンジンンも益々絶好調でノントラブルのメンテナンスフリー(笑)。
e0035597_1631429.jpg

がっ!しかし・・・今回は思いもよらぬアクシデントが発生した・・・

猿払から帰宅後、ガレージに収納しイトウの余韻に浸りながら安眠した翌日。

洗車をしてやろうとシャッターを開けると・・・あれっ!なんか形が変だなぁ・・・?

おおおっ!左側オーバーフェンダーのバンパー部分が無いじゃない!!!
e0035597_1632283.jpg

なぜ? どこで無くなったのか・・・自分では想像は付くのですがね(笑)。

無くなったなら、この部分だけ買えばイイじゃん!という発想になりますが・・・

このオーバーフェンダーは、もちろんトヨタ純正品では無く社外品なんだけど、
制作販売していたメーカーは既に無く、2度と手に入れる事が出来ないのです!

数社からFRP製のカッコ悪いオーバーフェンダーは未だに販売されてますが、カッコ悪いモノは値段が安かろうとタダで貰えようが愛車には絶対に付けたくない!
さりげなく、普通に装着しているのがカッコイイと思うのです。

そして、このオーバーフェンダーを選んだ理由は材質。
FRP製が当たり前の部品ですが、このオーバーフェンダーは純正品のバンパーやサイドモールと同じ材質で塗装のノリも他の装飾品と同じような発色になるし、当然見た目も純正品のように見えます。

まぁ、とやかく考えても無い物は無いのでどうするかを考えました。

そして知り合いの板金屋さんに相談すると、「手に入らないなら作るしかねぇ~なぁ!」という事になりましたが、板金屋さんでも前例が無いのでさてどうするかです・・・・?

仕方ないからワンオフの特注品で作ろう!というのが僕の意見!

じゃ~ナニデツクル・・・? という事になりましたが、近くにFRP制作会社があることに気づき、そのFRP会社さんに行って事情を説明し相談すると、残っている右側から寸法を出しネンドでモックアップを作り、メス型を作ってスリ合わせをしたら作れるよ!との事でした。

迷わず制作を依頼して1週間後の今日、FRP製特注オーバーフェンダーが出来上がり
半日かけて実車にスリ合わせをしてきました!
e0035597_16331540.jpg

100%手作りのハンドメイド仕様で職人さんは相当苦労したようです。
無いモノを1から作るのだから、よくここまで仕上げたと感心してしまいます。

細かい部分を修正するのに後2日ほど、そのあと板金屋さんで塗装して装着の予定です。

自分自身も、このような事は初めての経験でしたが、モノ作りの品質に拘る職人さん達に助けられ、ランクル100も元どおりに復元できそうです(笑)。
e0035597_16333475.jpg

それでも、両側のバンパー部分が無いとストレートフェンダーのウイリスジープみたいで
「ワイルドだろぉ~」(笑)。
e0035597_16324720.jpg

さて、どんな風に仕上がるのか・・・?完成したら、またレポートいたしまーす!
[PR]
# by flymagic | 2012-06-12 16:33 | LanCru100
道北の幻 【第十一章】
e0035597_2311271.jpg

満月の夜、道北へ向かう高速道路を1人でランクルを走らせる。
今日は大潮で気温も高めの予報なので、一年ぶりのイトウとの出会いに期待を膨らませていた。
ただ、風が強いという予報がちょっと気がかりだけど・・・。

到着したのは午前3時。
太陽は雲に閉ざされ夜明けは遅いようだけど、薄暗い中そそくさと準備を済ませフィールドへと向かう。

最初に入ったのは河口域右岸側のワンド。
既に2人のルアーマンがロッドを振っていたけど、きっと暗いうちから釣りをしてたんだろう。
話を聞くと、まだイトウからのコンタクトは無いという事だった。

強烈な南西寄りの向かい風はキャスティングを困難にさせる。
ここでは10投もしただろうか・・・釣れる要素が無い場所に見切りをつけて、いつのの左岸側へ移動することにした。
e0035597_2325454.jpg

釣りになる場所はココしかないと思ったのは僕だけでは無いようで、平日にも関わらず10名ほどの釣り人が立ち並んでいた。

今度は右後ろからの強烈な風にバックキャストでラインを伸ばせず、気持ち良いキャスティングは出来なかったけど、まぁなんとか釣にはなりそうだった。

水面は風で波立ちボイルも有るのか無いのかも分からないけど、絶対に釣れるという気持ちを持ち続けキャスト&リトリーブを繰り返した。

フライを明るめのオリーブに変えて一投目で僕は1年ぶりにドッシリとしたトルクフルなイトウの引きを味わう事となる。
e0035597_23245688.jpg

LOOPリールの甲高い逆転音を聞いて隣で愛犬を連れて釣りをしていたフライマンさんがネットを持って駆け付けてくれた。
すると愛犬のゴールデンレトリバーも一緒に観戦(笑)。
e0035597_23315444.jpg

無事にネットインした80cmのイトウを、物欲しそうな顔で見つめるレトリバーはメチャクチャ可愛かった。

1人でのイトウ釣りでは大きなイトウのネットインが不安だったけど、隣に良心的な方がいらっしゃってくれて助かった。

ランディングに写真撮影までやってくださり、この場を借りてレトリバーさんに感謝いたします!

次はレトリバーさんも大きなイトウをヒットさせた。

次は僕がネットを持って駆け付けランディングをお手伝いさせていただいた。
この助け合いがイトウの釣りの魅了でもあると思う・・・なんたって、ここに居る人の思いは皆同じなんだから。
e0035597_23495344.jpg

その後も小型のイトウのスピード感あふれるファイトを楽しんだ。
重量感こそないけど、ニジマスのように走り回る小型のイトウは嫌いじゃないんだよね(笑)。
e0035597_23383155.jpg

日も高く登った正午近くには風も一層強くなり、今回のイトウの釣りを終了することにした。

産卵のダメージも回復傾向にある道北のイトウシーズンは始まったばかりで、これからもっと感動的なドラマがあることに期待する次第。
e0035597_234312.jpg


                                        6月4日 道北の本流にて
[PR]
# by flymagic | 2012-06-04 23:43 | イトウ