気ままにキャスト
flymagic.exblog.jp

北海道札幌市在住akaのflyfishingの気ままな話やフィールドの中で感じた事,思った事を気ままに綴ります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
Link
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
知床カラフトマス釣行2009
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
こだわりの二人が行き着い..
from Drag-Free Drif..
 3月4日  情報掌握。
from 「 飛 翠 。」 one's..
謹賀新年2008
from 北の毛針釣師-Blog
self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
カラフト
from walton_Blog
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
June 2 2007..
from Drag-Free Drif..
ブログパーツ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2014年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧
極東アメマス紀行 2014
極東アメマス紀行。
このタイトルがしっくり来るかどうかは疑問だがロッドを繋いだのは短時間ではあったが、僕にしてみればちょっとした釣りの旅だったと思っている。

仕事の都合で最果ての地、根室市まで足を運んだ帰り道に立ち寄ってみた極東の止水ポイント。
e0035597_071183.jpg

想定内と思えば諦めもつくけど、核心のポイントは氷に閉ざされていた。

僕の心の中ではちょっとだけトルクフルなアメマスのファイトを期待していたのかもしれないけど、クルマから降りるのも躊躇するほどの強い北西の風は、あまりにも冷たかった。
一人この地に立ちすくす事に今日の釣行の意味があるのだと自分に言い聞かせ、次のポイントへクルマを走らせる。
e0035597_072310.jpg

ヨタヨタと強風に煽られたり、徹夜で走り切った疲れからだろうか昼下がりの太陽の柔らかな日差しは微睡と軽い眩暈を覚えさせる。
この心地良い疲労感は、ああぁ・・・釣りに来ているんだなぁ・・・と都合の良いように考えるのは釣り人の性だろうか(笑)。

さて次に向かったのは、別寒辺牛川。

根室市へ向かう早朝も通り過ぎたけど、日曜日とあって釣り人で溢れていたのには少し驚いた。
時期的にも早いだろうと思っていたけど、釣を終えて引き上げてきた釣り人に話しを聞いたら、午前中はそこそこ釣れていたが、満潮になり流れが止まってからはアタリは無くなったと言う。

そんな事よりも僕は強風と眠気から来るカラダの怠さでロッドを出す気にさえならなかったから、今は時合が悪くて良かったんだと納得して、宿泊先の釧路の宿へと向かう。
e0035597_19145168.jpg


翌朝。

釣りに行くような気合の入った時間に起きるわけでなく、いつもどおりの時刻に起きてホテルの朝食をゆっくりと頂き8時過ぎに出かける事にした。

歳を重ねるごとに欲深さというものが薄れて、釣のスタイルも若いころとは随分と変化してきたような気がしないでもないが・・・(笑)。
e0035597_1251910.jpg

別寒辺牛川の駐車スペースに着いたのは、午前9時頃とゴールデンタイムは過ぎていたけど、一人の釣りは誰に気兼ねすることなく自由に行動できるから楽で良い。
ただ、この時間でも河口への流れは止まる事は無いので釣にはなると思い支度をノンビリとして、お気に入りのポイントへとロッドを担いで歩き出す。

残雪が残る湿地帯にズブズブと足を取られ水路を超えて、歩幅の合わない線路の枕木を踏みしめ河口付近のポイントに辿り着く。
e0035597_16504861.jpg

時々、上流から流れて来る氷の塊に気を使いながら下流から吹く意地悪な強風の合間を縫ってラインを放つ。

手元から数メートルの所では小型のアメマスがボイルしている。
サケ稚魚の時期には少し早いから、何を捕食していたのかは分からない(笑)。
大きなアメマスは遠くの深い所に付いている事だろうと、ロングキャストでフライをスイングさせると数投目でアメマスがフライを咥えたようだった。

感覚のズレか今シーズンの初ヒットで動作がおかしかったのか・・・それともいつもの事か、
ファーストヒットはランディングには至らず仕舞い(笑)。

だけど道東方面のポテンシャルの高さに助けられ、スグに中型のアメマスをキャッチする事が出来た。
e0035597_1703515.jpg

重い流れに乗った極東のアメマスは強くトルクフルなファイトで僕を魅了してくれた。

毎回、ここで出会うアメマスはロケーションも伴っているのだろうが、野性味を帯びていてワイルドで力強さを感じてしまうのは僕だけだろうか。

またそれが、遠路遥々この地へ通わせる魅力ではないかと思っている。
e0035597_1763668.jpg

平日の日中とあって釣り人もまばらなフィールド。

アメマスからのコンタクトがある場所で立ち止まりラインを流し続ける。
付いてる場所ではアメマスが連発するけど、徐々に流れのトルクも弱くなりだすと、アメマスのサイズも小さくなっていく(笑)。
e0035597_18756100.jpg

やがて満潮を迎えると流れは上流へと向きを変える
こうなると良型のアメマスを期待するのは無理な事なんだろう・・・

午後12時、水位が上がり帰り道が水没する前に僕はロッドを収める事にした。
e0035597_1873739.jpg


極東の野生・・・
そんなセピア色の情景と河原を流れる草原の甘い香り。

薄らと広がる曇の切れ間から差し込むセピア色の太陽の光は、新たな記憶として僕の心の片隅に存在する事だろう。

やがて遠ざかっていく現在は過去の古ぼけた記憶になろうとも、この最果ての地は、これからも物語を繋ぎ存在しつづけてくれる事を願わずにいられない。
                                        
                                      

                                    4月14日 別寒辺牛川の畔にて
[PR]
by flymagic | 2014-04-18 20:31 | flyfishing