気ままにキャスト
flymagic.exblog.jp

北海道札幌市在住akaのflyfishingの気ままな話やフィールドの中で感じた事,思った事を気ままに綴ります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
Link
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
知床カラフトマス釣行2009
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
こだわりの二人が行き着い..
from Drag-Free Drif..
 3月4日  情報掌握。
from 「 飛 翠 。」 one's..
謹賀新年2008
from 北の毛針釣師-Blog
self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
カラフト
from walton_Blog
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
June 2 2007..
from Drag-Free Drif..
ブログパーツ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2013年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧
2013 道東海アメ チャレンジ
e0035597_2342754.jpg

道東海アメ チャレンジ シリーズも今年で5年目。

僕にとっては外す事の出来ない年中行事となってしまったようだ。
外す事が出来ないというより、根っからこの釣りが好きなんだと、つくづくそう思う。

日曜日の深夜に道東道を走り、夜明け前に音別町付近の海岸に到着。

夜が明けるまでシートを倒して、これからの2日間に備えてカラダを休ませる。
少し開けた窓から聞こえてくる静かな波の音と野鳥の囀りは、今回の釣りへの期待感を膨らませてくれる。
僕らは安心して眠りに付いていた。

1時間も眠っただろうか、眠りから覚めた時は道東の海はすっかり夜が明け、霧の中に小さな波が不規則に岸際に小さく砕ける。

レスキュさん、今日は大変な事になりますよ。」と、その海を見て冗談半分に言った僕の言葉は、まんざらあてずっぽな意味では無かったようだ。
e0035597_2343089.jpg

その大変の意味を2人は後々に十分に理解し、そして満喫することになる。

K・BULLIT SD17.6ft #12-13にオーシャンブルーのWELLSTONE SaltWater Reel#11-12LAをセットする。
リールに巻き込んだラインはSTDのタイプⅢにランニングラインは3M製のインターミディエイトの50m巻きを繋ぎ、リーダーはフロロカーボン12ft 0x、その先端にはクレハ製のフロロの3号を60cm結んだ。
e0035597_23432210.jpg

K・BULLIT SD17.6ft #12-13のグリップの長さは72cm。
いつかは、このグリップの全長を超える海アメを釣ってみたいと僕はこのロッドを手に入れた時から、そう思っていた。

まぁ、このヘビータックルを2日間全力で振り倒す自信は無いので、7分くらいのチカラでキャストしようと決め浜に降りた。
e0035597_23434073.jpg

釣りは始めは、「あれ?」と思うくらいアタリも無かったけど、雲の薄い部分から薄らと太陽光線が海面を照らす時刻に成ると、海アメ達も徐々に動きが盛んになったようだった。
e0035597_23435512.jpg

釣れて釣れて釣りまくる・・・といった表現が正しいかどうかは分からないけど、初日の午前中だけで想像していた2日間分の海アメが釣れた。
e0035597_23442053.jpg

大きな尾びれに筋肉質で太い魚体、それに強烈な引潮でファイトはいつも想像を絶する程だ。
だからこの釣りは止めれないし、遠路遥々通ってくる価値があるのだと思う。
e0035597_23443323.jpg

「ドスン!」といった重たいアタリが来たのは、釣り始めて5時間を超えたあたりだった。
ラインバスケットに手繰り寄せたラインは一瞬でロッドガイドを逆走し水面に突き刺さって行く。

WELLSTONE SaltWater Reel#11-12LAのドラグを締めてロッドを伸されないように、やり取りするがこれがホントに強烈だった。

数分のファイトで浜に上げたのは、シルバーメタリックが鮮やかで、K・BULLIT SD17.6ft #12-13のグリップの長さと同じグッドサイズの海アメだった。
e0035597_23415246.jpg

もちろん、僕にとっては海アメのトロフィーサイズ。

長年通って数を釣れば、僕にもこんなサイズが釣れる事もあるんだなぁと道東のポテンシャルの高さに感謝する。

初日は夕暮れまで順調に2人のロッドは終始曲げられ、十分すぎるくらい海アメのファイトを楽しむことが出来た。
e0035597_00449.jpg


夜は宿泊先の音別町の民宿の近くにある、炉端焼きの「どんころ」で祝杯をあげ美味しい焼料理を頬張り、夜9時過ぎには眠りに付いた。
e0035597_23501872.jpg



翌日も朝5時から前日と同じポイントに入ったが、アタリは疎らで僕らは首を傾げたが、
大きな背ビレが波の狭間に見えた時は、このポイントに見切りをつけた。

やはり大潮の時は海アメも動くが、それを狙うイルカの群れも活発に動くようだ。
これが1日早かったら前日の夢のような時間は無かったのだから、今日が昨日で無くて良かった思うよりほかは無いのかもしれない。
e0035597_2356055.jpg

どこのポイントに入ってもイルカに先行され、海アメは遠くへ散らばってしまったようだ。
それでもポイントを転々として少ないながらも海アメの顔を見れたから2日目も十分に楽しめた。

今年の道東サーフの海アメは、まだ始まったばかり。
来月も波をかぶって汗かいて、仲間達と道東の海アメ釣りを楽しみたいと思う次第。
e0035597_05424.jpg

                                 7月22日、23日 道東音別海岸にて
[PR]
by flymagic | 2013-07-26 00:06 | 海アメ
夏の山上湖
今年も恒例の道東山上湖へ。
e0035597_2119635.jpg

今となっては年に1度、この時期だけに訪れる事にしている。
e0035597_2119394.jpg

天候にも恵まれるかと思ったけど、晴れ時々雨の天候は真夏の雨はレインジャケットを着なくても大丈夫なくらい気持ちが良かった。
e0035597_21195386.jpg

釣れてくるレインボーは過去最高のサイズと数で、どれだけのレインボーをリリースしたかは数えきれない。
e0035597_212081.jpg


e0035597_2120279.jpg

多分、友人たちと3人で3ケタは超えてると思う。
e0035597_21204997.jpg


また、来年の今時期に訪れる事に成ると思うけど、もっと大きく元気に育ってくれる事を願わずにいられない。
e0035597_2121814.jpg

                                          
                                      7月9日 道東の山上湖にて
[PR]
by flymagic | 2013-07-13 21:22 | flyfishing