気ままにキャスト
flymagic.exblog.jp

北海道札幌市在住akaのflyfishingの気ままな話やフィールドの中で感じた事,思った事を気ままに綴ります。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
Link
お気に入りブログ
以前の記事
最新のトラックバック
知床カラフトマス釣行2009
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
こだわりの二人が行き着い..
from Drag-Free Drif..
 3月4日  情報掌握。
from 「 飛 翠 。」 one's..
謹賀新年2008
from 北の毛針釣師-Blog
self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
カラフト
from walton_Blog
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
June 2 2007..
from Drag-Free Drif..
ブログパーツ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2013年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧
道北の幻 【第十三章】
e0035597_23135611.jpg

久しぶりにランクルの荷台にキャンピングベットを設置し、K・BULLET SD1764-#12/13を握りしめ家を出たのは月曜の正午近くだった。

深川インターを左に折れて秩父別で高速を降り、朱鞠内湖経由で道北の本流を目指す。

幌加内では33℃、美深では32℃と季節は春の余韻を残すことなく真夏へとチェンジしていくようだ。


道北の本流に着いたのは午後4時を過ぎていた頃だが、夏至も近い事もあって午後7時過ぎまでロッドを振れると目論んでの2日間の釣りのスタートだった。
e0035597_2324134.jpg

最初は河口よりのベストポイントに入ろうと思ったが、平日にも関わらずここは満員御礼・・・中には馴染みの友人達の姿も見れたが、僕の入れるスペースは無いと思い、いつもの上流寄りの左岸に入った。

けたたまし逆転音を奏でるLOOPリールからラインを引き出し、川の真ん中までフライを届ける。
ここでは釣り人の姿は皆無・・・僕はチャンスだと思った。
e0035597_23133790.jpg

初めての出来事に、少し戸惑ったけどイトウの「グン!グン!」と首を振って疾走するファイトは爽快である。

1投目で釣れたイトウは小ぶりだったけど、僕がここで試行錯誤して初めて釣ったイトウも、これくらいのサイズだったと記憶している。
小ぶりと言ったら、イトウに失礼なのかもしれないね(笑)。
e0035597_23195351.jpg

その後も同じようなサイズのイトウが1本釣れたが、今シーズンはベイトの群れと数がとても多く、イトウもウヨウヨト岸際を泳ぐ姿が見受けられた。

そんな事を楽しんでいたら、辺りは薄らと暗くなり始めていた。



2日目。
e0035597_23232948.jpg

東の海から雄大に昇る朝日を見るのも僕にとっては、この地へ足を運ぶ理由の1つだったりする。
これが初日の出だとしたら、何をお祈りするのかは決められないけどね(笑)。

2日目は札幌から友人も来たり、ここで馴染みの友人達とも会ったりして楽しい時間を過ごすことになる。
こうなると僕の場合は、ロッドを振る回数は激減し座り込んでイトウ談義をする時間が多くなる(笑)。
e0035597_23305882.jpg

まぁ、コンスタントに釣れてるのなら僕のその気になってイトウを狙うのだが、2日目は午前10時過ぎまでは誰一人として釣れて無かったのだ。

僕達9名で釣る対岸で1本釣れたのが、そのくらいの時間・・・それからしばらくは沈黙が続く。
相変わらずベイトの群れも数もハンパじゃないくらい多い。
天気も良すぎるし、イトウは食糧に困ることなく怪しげなフライには見向きもしないのかもしれない。
e0035597_23371925.jpg

ベイトは居なくても活性が下がって困る事になるが、多すぎても釣れない要素になるんだなぁと思う。

干潮の時刻が過ぎて流れも止まる直前の頃、ベイトに色やサイズを似せたゾーンカーを切り、友人サクちゃんの巻いたフライをティペットに結んだ。
何をやっても釣れないときに彼のフライを結ぶと釣れる・・・という事件が今までも多々あり僕は彼のフライに何度も助けられた(笑)。

フライマンなら自分の巻いたフライで釣りたいという観念があるのは当然だけど、僕にとっては友人の巻いたフライをティペットに結ぶのは友人に敬意を表する意味でもある。

そしてジンクスは、また当たる事になる。
e0035597_23481420.jpg

ガイドの千葉さんが差し出すネットから何度も逃げまわり、何度もジャンプするイトウにはヒヤヒヤしたけど腕がダルくなるくらいファイトを楽しませてくれた。
イトウはベイトを鱈腹食べている事だろうからヤル気満々で元気だった(笑)。
e0035597_23524632.jpg

当然、産卵に参加したイトウだろうけど見事にコンディションは回復していて、体高というか太さにはみんな驚いた。
やはり海を知るイトウは豪快である。
e0035597_23573888.jpg

今年のイトウは太い! これからも豊富なベイトを追い回してまだまだ太くなる事だろう。
e0035597_061055.jpg

「釣れてくれてありがとう!」と心に中で何度も呟きながらリリースで終了する。
手から離れてて尾びれを2、3回振ったかと思うと茶褐色の水中へと悠然と消えていく姿は、やはり淡水の最強だと思う。
e0035597_014328.jpg


                             6月11日、12日 道北の本流にて
[PR]
by flymagic | 2013-06-12 23:14 | イトウ
阿寒湖釣り紀行 2013
e0035597_229773.jpg

6月の阿寒湖で、これほど寒い思いをした釣行は記憶にない。

そんな中で僕と東京の友人は3日間、釣れない阿寒湖で試行錯誤を繰り返す事に成る。

それは12月の十勝川釣行に相当すると言えば、過言かもしれないけど、
そう愚痴りたいくらい初日と2日目は身を切るような北西の風に叩かれた。
e0035597_2293154.jpg

彼と初めて会ったのは、この阿寒湖。
かれこれ10年くらい前のことだけど、思えばその間いろいろな事があって自分の環境も立場も激変したが、未だに阿寒湖とそこに泳ぐ鱒達は何も変わらなく、自分に起きた事柄などは小さな事なんだと此処に来てそう思う。
e0035597_2295350.jpg

今回の阿寒湖釣行では寒さにも苦しめられたが、それ以上に釣れない状況には頭を痛めた。
e0035597_22163428.jpg

数日前には30℃くらいまで気温も上昇したかと思うと、そこから徐々に気温は下がり始め
僕らが到着した日は最悪な日だったと、ニュー阿寒ホテルの支配人さんや、3日間ご一緒させて頂いた杉坂研治さんも話されていた。

何グループかに分かれて各ポイントに散らばり、ロッドを振ったが誰かが1~2本のアメマスに出会えれば、「お前良かったね~」という感じで、1カ所に留まって何本も次から次へと釣れ続ける状況は皆無だった。
e0035597_22165838.jpg

杉坂さん達が巨大鱒を釣った場所や僕らが釣れたポイントは情報の拡散の為に控えさせて頂くが、その中でも1つ良好だったのがホテル前でのワカサギドライの釣り。

ここに来ていつ見ても産卵を終えて浮遊するワカサギに激しきボイルするアメマスの姿はエキサイティングだ。
e0035597_22114030.jpg

今年のワカサギは阿寒湖のワカサギとは思えないような小ささで、僕はその群れを見たときはワカサギだとは思えなかった。
他の湖でもよく目にするトンギョか、それ以上に細くて小さかった。
e0035597_22122715.jpg

そうなるとティペットに結ぶワカサギドライも、自ずと小さくなければ簡単に見切られてしまう始末。
e0035597_2212747.jpg

僕はストックしてあったワカサギドライは通常の阿寒湖サイズで大きなモノが大半を占めたが、その中でも小さなワカサギドライを選んで、ボイルする付近へとフライを落とし続けた。
e0035597_2210567.jpg

まるでイルカが跳ねるかのように、トップからテールへと魚体を水面に出して僕のワカサギドライをガッチリ咥えてくれた光景は一生記憶の片隅に残り続ける事だろう。
e0035597_22103521.jpg

ドライフライの釣りは滅多にしない僕だけど、ワカサギドライの釣りは止められないなぁ。

                                 6月3日、4日、5日 阿寒湖にて
[PR]
by flymagic | 2013-06-06 22:16 | flyfishing