気ままにキャスト
flymagic.exblog.jp

北海道札幌市在住akaのflyfishingの気ままな話やフィールドの中で感じた事,思った事を気ままに綴ります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
Link
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
知床カラフトマス釣行2009
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
こだわりの二人が行き着い..
from Drag-Free Drif..
 3月4日  情報掌握。
from 「 飛 翠 。」 one's..
謹賀新年2008
from 北の毛針釣師-Blog
self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
カラフト
from walton_Blog
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
June 2 2007..
from Drag-Free Drif..
ブログパーツ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧
夏の雨と小川の瀬音
中山峠を越えたあたりから、雨雲の色はダークグレーに変化し雨粒はどんどん大きくなる。

気象的条件が優しいようなら道東のサーフへ向かうつもりだったが、今週もそう簡単にフライロッドを繋がせてくれるほど甘くはなく、僕は道東サーフを諦め近場の渓流を友人と釣り歩く事にした。
e0035597_20434765.jpg

天気予報では午後から降り出す予定だった雨も気が早いようで入渓の支度をしている時から本降りの気配を感じさせていた。
今日は最近出番が多くなった17.6ftのツーハンドロッドも家でお留守番で久しぶりに6ft10inのGをロッドケースから取り出した。
e0035597_2134015.jpg

雨でも釣りになるという事で入渓した小さな川だけど、川幅は2~3m程で上空には草木が覆いかぶさり僕のキャスティングレベルでは、到底まともな釣りが出来るとは最初から思ってはなかった。
それにしても6ft10inのショートロッドをもう少し短くしたいくらい難易度は高かったのかもしれない。
e0035597_21343673.jpg

川のサイズからして大きなサカナは居ないと思ってたけど、そこそこのサイズがドライフライにビシッ!っと出てくれるから、こんな雨の日の釣りでも十分に楽しめた。
e0035597_2134511.jpg

本命はヤマメだったけど、なぜか2人のロッドにはヤマメはヒットする事は無く、ニジマスとイワナだけがドライフライを見つけてくれたようだ。
友人にヒットしたのは尺には少し届かなかったけど、ゴールド色が鮮やかなイワナだった。
e0035597_22381683.jpg

e0035597_2135418.jpg

渓深く入るごとに雨脚は速くなりドライフライも浮かないくらい強くなってきた。
少しの蒸し暑さを感じながら天然シャワーに打たれるのも、開き直れば気持ちが良いもんだ。
e0035597_21354847.jpg
e0035597_2136459.jpg

年に一度程度の渓流の釣り。
川のせせらぎにサカナが水面を割る音と雨音のオマケつきで僕の五感には良い刺激となった。
今年も渓流ノルマを達成したから来週以降はまたヘビーな釣りにシフトしようと思う次第。
e0035597_21361669.jpg

                                      7月16日 尻別川支流にて
[PR]
by flymagic | 2011-07-16 22:56 | flyfishing
Double Bunny
ワイオミング州で行われる"One Fly" Contest。
Snake Riverで行われる、この大会はコンテストの名前が示すように、
釣り人は1日1個のフライで勝負し、そのフライを失ったら、
その日は釣りを止めなければいけない。
1992、1993、1994年と3年連続で優勝しているフライが、このダブル・バニー。
1995年からはシンキング・ラインは禁止となりチェルノブイリ・アントにその座を奪われたが
シンキングラインが有効であったならば、記録はどこまで伸びただろうか・・・
e0035597_19141022.jpg

終了した春のイトウの釣りでは、カラーバリエーションこそ画像とは違うけど
グッドサイズのイトウをダブル・バニーで連発出来たのだから実力は実証済み。

タイイングはウエイトを巻いたフックシャンクに5mm程度で上下色違いの
ラビットゾーンカーテープを挟み込んで、側線にフラッシャブーを数本つけて
レーザーアイを貼り付けるだけ。
幅が広くなる分、ダブル・バニーは全長が100mm前後と長くなり
5mmのゾーンカーテープは水を含むと、やたら重くなってキャスティングは極めて難しくなるので#10以上のラインと太いリーダーで飛ばすのが理想かもしれませんね。

大きなフライには大きなサカナが出るという期待感を満たしてくれるダブル・バニーだけど
やはり、ネーミングがお気に入りでティペットに結ぶ事が多い今日この頃だったりする(笑)。
[PR]
by flymagic | 2011-07-10 19:14 | aka流FlyTying