気ままにキャスト
flymagic.exblog.jp

北海道札幌市在住akaのflyfishingの気ままな話やフィールドの中で感じた事,思った事を気ままに綴ります。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
Link
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
知床カラフトマス釣行2009
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
こだわりの二人が行き着い..
from Drag-Free Drif..
 3月4日  情報掌握。
from 「 飛 翠 。」 one's..
謹賀新年2008
from 北の毛針釣師-Blog
self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
カラフト
from walton_Blog
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
June 2 2007..
from Drag-Free Drif..
ブログパーツ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧
NHK 北海道フレッシュサウンドライブ
3月の忙しい日常からも解放され、やっと肩の荷が降りた安堵感に包まれながら
いただくシングルモルトに酔いしれながら、
今回は久しぶりに我が愛しき後輩、テツくん率いる月光グリーンのTV出演情報です。

3月22日(土)に月光グリーンが出演した、NHK「北海道フレッシュサウンドライブ」が
放送される事となりました。
月光グリーンのライブはCDでは体験できないド迫力があります!
汗だく感情ロックはライブをとうして伝わって来るものです。
放送ではどんな曲を演奏するかは、見てのお楽しみという事で・・・(笑)。
ステージ中を飛び回りながら、情熱感情ロックを歌うテツくんの迫力は度肝を抜かれますよ!
e0035597_0251761.jpg

時々ではありますが、深夜番組や夜中の天気予報でプロモーションビデオが流れたり
していましたが、今回はNHKで放送されるという事に僕は感激しています。
なんたって、日本国営放送ですからね!

北海道発のインディーズ・バンド、月光グリーンのライブがTVで見られるのは
お得な情報ですよ(笑)。 一見の価値、大有りです!

放送時間は、NHK総合TV  2008年3月30日(日)  23:50~24:45

残念ながら、今回は北海道内のみの放送となります。
道外の方は次回の全国ツアーをお待ちください。

これからも、このサイトでは北海道発、
“汗だく感情ロックバンド月光グリーン”を応援し続けます!
[PR]
by flymagic | 2008-03-29 00:29 | 月光グリーン
春の海へ
心を亡くすれると書いて、忙しいという漢字が出来たんだろうか・・・
毎年の事ながら、3月は仕事が集中して忙しいという言葉を言う事すらも
めんどくさくなる程、忙しく殺気だった1ヶ月だった。

友人が大きな海アメを釣ろうと、どこかで良い釣りが出来ていると聞いても
自分には関係の無い事の様な気がして特に興味は無くなっていた。
今思えば、あえて自分の中に取り込もうとせずに、無関係という自分を創ることで
仕事に集中しようとしていたのかも知れない。
忙しいの文字どうり、釣りの心も人間としての喜怒哀楽も
すっかり忘れてしまったような気がする。
そう思うと、こんな人生を送っていて良いのだろうかという疑問符も浮かんできます。

そんな3月ももうすぐ終わり、僕にとってこれからが本当の春の釣りが始まる。

週末からは東京から来られる友人と3泊4日の海アメの釣りが待っている。
3月も終盤を迎え、忙しさもピークに達する事が予想されるけど
今日は久しぶりに、こんな時間に家にいられる。
そこで出発の前日まで深夜の帰宅が予想されるので、今日は週末の準備を全て済ませた。
e0035597_221212100.jpg

3月に入ってフライは1個も巻いていない・・・
確かに巻こうと思えば巻く時間くらい有ったのだけど、釣りの心はどこかに行ってしまった
かのように、バイスに向かう事が億劫で仕方が無かった。
今日は海アメ用のフライを1個だけ巻いてみた。
特に巻く必要に迫られている訳ではないけど、これから釣りに行くんだという
現実を自分意に再認識させる為に重い腰をあげてバイスに向かってみた。
後は今までのフライのストックで4日間ぐらい何とかなる事だろう・・・
フライボックスが空になったら、東京の友人の巻いた高級なフライを頂こうかなと目論んでいるのが、正直なところですがね。

週末からの島牧では、職場を離れ家族とも離れ釣りのことしか考えない4日間を
思う存分に楽しみたいと思う。
そして今回は東京の友人が満面の笑みを浮かべ大きな海アメを抱きしめる姿を、
是非ともこの目に焼き付けてみたいものだ。

そんな笑と喝采に溢れる釣りの旅となれば、これに勝る幸せは無い事だろう。

そして、僕も釣りの心を再び取り戻す為に向かうであろう、春の海へ。
[PR]
by flymagic | 2008-03-26 22:57 | aka流FlyTying
もう一つの十勝川
早いもので3月も半分が駆け足で過ぎ去って行きました。
プライベートな時間も殆ど無く、ブログの更新もろくに出来ませんでしたが
約半月ぶりの更新です。
相変わらず年度末にあたる3月は何でこんなに仕事が多いのだろう・・・
そんな3月の憂鬱な生活は今年で20回目、僕はあと何回この3月を乗り越えられるだろうか。

昨年の11月に秋の十勝川を訪れたと思ったら、もう春の十勝川シーズンが始まって
いるのだから、まったくもって月日の流れる速さは毎度の事ながら驚かされる。
しかしながら、月日の流れる速さは年々加速度を増すばかりで、そこにいる僕は何の進歩も
成長も無く、ただただ通り過ぎる月日を見送っているような気がする。

そして今年も十勝川の畔に立ち、淡々と流れる十勝川の流れを見つめながら
昨年の秋からの時の流れの中で、自分自身は何も変わってないけど
五体満足で、またここに立てる事がとても幸せに感じられた。

3月16日の日曜日、十勝川のアメマスを釣る為に前日の飲み会の寝不足も克服して
約4ヶ月ぶりに十勝川を友人達と訪れてみた。
e0035597_22434880.jpg

もう一つの十勝川
それは雪代による濁りを得て、秋の表情とは違う趣を見せる。

そんな濁りの中でも、いつもなら未熟な僕でも十勝川のアメマスに出会うことが出来た。
そう、分かり易くいえば当たり前の事をちゃんとやれば釣れる川だということ、
つまりは物事を甘く見がちな僕にとっては、行けば釣れるという確信が持てる川であった。
e0035597_22442344.jpg

でも今日の十勝川は前日の雨の影響と3月とは思えないような気温の影響で
強烈な濁りが川を覆いつくしていた。

それでも僕は釣れると簡単に思っていた、十勝川には失礼な言い方かも
知れないけど、甘く見すぎていたのかも知れない。
e0035597_22295867.jpg

十勝川に列を成して立ちこむ釣り人達のロッドは誰一人として曲がる事は終始無かった。
僕だけが釣れないという状況は何度か経験した事はあるけど
濁りに強そうなアピール度の高いルアーにも反応が無いようで
これでは僕達フライマンは手も足も出ないというのが本音であろう。
e0035597_22302322.jpg

グッ!というアメマス特有のショートバイトが僕のロッドを通じて伝わってきたが
フッキングには至らなかった。
乗らなかった瞬間に、一瞬ラインのテンションを緩めてラインを数センチ送り込んでみた。
来ました!と僕は久しぶりに味合う十勝川のアメマスの鼓動を感じながら
仲間にアマメスがヒットした事を伝えていた。
e0035597_2231415.jpg

僕のファーストヒットを皮切りに、友人達にも何時もの爆釣劇場が始まるのかと
思ったが、今年の十勝川はちょっと異変であったのかも知れない。
3月とは思えない暖気と前日の雨の影響で増水と雪代が入ったのが原因だろうか?
その後も、僕のみならず友人達や周りの釣り人達にもアメマスからのコンタクトは
何も無かったようだ。
e0035597_22402875.jpg

こんな厳しい状況下で釣れた十勝川のアメマスは、大きなサカナでは無かったけど
僕にとってはトロフィーサイズ以上の価値観があると思う。

次に十勝川を訪れるのは、きっと木の葉も木枯らしに吹かれて舞い落ち
ガイドも一瞬で凍りつくような初冬の季節になることであろう。



お知らせ
今回の十勝川釣行で、携帯を水没させてしまい再起不能な状態になってしまいました。
その為、みなさんの電話番号やメールアドレスが分から無くなってしまいました。
既に新しい携帯を購入して連絡は付くようにしました。勿論、今までと電話番号や
アドレスの変更はありません。
お手数ですが、コメント欄に鍵コメでみなさんの電話番号やアドレスを記入して
教えて頂けると助かります。
ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いします。

[PR]
by flymagic | 2008-03-18 00:19 | flyfishing
日本海 荒波紀行
今日から3月
学生達が学び舎を育つ時期でもある。
そう、今日は全道で一斉に公立高校の卒業式が行われた。
例に漏れず、ウチの娘も卒業式を迎え新たなる一歩を踏み出す記念すべき1日。
e0035597_17251959.jpg

卒業生を子に持つ多くの親御さん達も、きっと卒業式に出席して
グッと込上げてくる熱い思いを感じ、3年間の思い出に目頭をあつくされた方も
少なくは無い事であろうと思います。
e0035597_17255480.jpg

が、しかしである。
不良親父は友人達に誘われるがままに、今日も島牧でロッドを振るがごとく
未明にランクルを走らせていた。
今日は、午後から大荒れの予報であるため
午前中で勝負をつけたかったのだが・・・・
e0035597_17262054.jpg

まともにロッドを振れたのは、午前9時くらいまで
それ以降は、鉛色の空から白いものが降り出したと思うと
その雪は横殴りの風に乗って顔面に叩きつけるかのように強烈に降りだし
穏かだった水面も、見る見る表情を変えて行き
一瞬にして冬の日本海らしい風景に変化していった。
e0035597_17264482.jpg

ランクルにロッドをくくりつけ風裏を探して右往左往するが
風は強くなるばかりで、僕らは途方に暮れ始めた。
e0035597_17271341.jpg

意を決して最後に選んだのは、流れ込みのある岩場のワンド
一瞬だけど風が止んだような気がしたが、やはり良くある気のせいだったんだろう。
僕らは午前中にロッドを納め、行きつけのラーメン屋さんへと向かった。
e0035597_17273466.jpg

久しぶりに体験した日本海の大時化。
卒業式に出席しない僕に天罰がくだったのか?
大学の入学式は、親らしく出席するという事で、今回はお天道様に勘弁していただこう。
e0035597_23382410.jpg

今回は海アメには出会うことが出来なかったが、荒れ狂う日本海の浜辺に立ち
厳しい現実を目の当たりにする事で、もうすぐ終わる冬の釣りを満喫する事ができた。

寒風吹きすさむ荒波にもまれるのも、たまには悪くない(笑)。
[PR]
by flymagic | 2008-03-01 23:59 | 海アメ