気ままにキャスト
flymagic.exblog.jp

北海道札幌市在住akaのflyfishingの気ままな話やフィールドの中で感じた事,思った事を気ままに綴ります。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
Link
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
知床カラフトマス釣行2009
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
こだわりの二人が行き着い..
from Drag-Free Drif..
 3月4日  情報掌握。
from 「 飛 翠 。」 one's..
謹賀新年2008
from 北の毛針釣師-Blog
self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
カラフト
from walton_Blog
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
June 2 2007..
from Drag-Free Drif..
ブログパーツ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧
掴めない波と跳ねるウサギ
2月最後の週末、仲間達と週末の釣行を予定していたが
生憎、仕事が詰まっていて日曜に出勤して仕事をしなければならなくなってしまった。
金曜の週末予報では、土曜日は前日までの春のような陽気から一変して
真冬に逆戻りのようだ、僕が出勤する日曜はまたしても好天に恵まれ波も風も穏かで
絶好のフライで狙う海アメ日和といった予報が出ていた。

当然、仲間達は日曜に釣りに行こうと誘いをかけてきたが
なんという皮肉な事か、残念ながら海アメ日和の日曜には行けないと断った。

まあ、日曜出勤を決断したのは僕自信なのだけど、週末予報を見ては
何とか都合をつけて土曜日に仕事が出来ないかと目論んだが、
これも、叶わぬ現実となってしまった。

さて、じゃあどうする・・・?
土曜日しか行けないのだから、潔く強行出撃して海の藻屑と散るか・・・
それとも、今週は釣りを休んで家でノンビリとした休日を過ごすか・・・?

土曜日の最高気温は-2℃、波3メートル、風速10メートル前後・・・
ルアーならともかくフライで釣るには天文学的数字のようだ・・・・
e0035597_2045229.jpg

しかし、この最悪の状況の島牧に一人で来てしまった。
午後からは少しだけ回復に向かう予報が決め手だった。

到着したのは、午前9時を回っていたが島牧海岸は平日よりも釣り人が少ない
当然か、あの予報を見ては普通の神経の釣り人は来るわけが無いよね。
込んでる海岸よりはマシだけど当然フライマンの姿は確認できず
比較対象とする事が出来ないので、状況も掴みずらい。
まずはレストハウス前から観察するが浜に立てるようなお話じゃない! 
とりあえず立てるのは18番の生コンよりぐらいなものか。
生コン裏やエネオス裏はテトラまで波をかぶり波飛沫が霧となって風景が霞んで見える。
意を決して、18番に入ろうかなと車から降りて状況を見ようとしたら
突然、猛吹雪になり釣りは不可能となった。
しばらく、車の中で待機するが晴れたと思って車外に出た途端に又しても吹雪き・・・
18番も案の定、ウネリが強く波足も長い・・・当然、フライマンの姿も無い。

やっぱり、来なければ良かったかなと後悔するが来たからには釣ってやろうじゃないか!
車に乗り込み、千走の横砂浜に入る事にした。
漁港の壁とテトラの間を狙う作戦に出た、しかし真正面の強風にキャストする事すら出来ず
に数十分で撤収してしまった。 ロッドも立てれない強風では釣りが成立しない。

それ以上に、寒すぎる。

先週、好調だった浜に移動する事にした。
もし、ここがダメだったら諦めて帰ろうと決めていた。
e0035597_20461445.jpg

浜に着いた僕は土手の上から波足のできるだけ少ない所を選んだ
しかし、午後近くになっても北西の強風は一向に弱まる事は無くたたき付けるように
吹き荒れていた。
浜に降りてスグに高波の洗礼を受けてしまった・・・胸まで波に浸かりグローブも
ずぶ濡れ、それが氷点下の気温と北西の強風が一気に体温を奪った。
もう寒くて我慢できない状態だ、離岸流らしきポイントでラインを落としても
何故か今日はテンションがかからない、12番のラインは3番のラインかと思うくらい軽かった

これじゃ、釣りにならない。
車に戻り、ヒーターで濡れたグローブと冷え切って真っ赤に腫れ上がった手の甲を暖めた

1時間も釣りをしていないのに、凄く疲れた。
暖かくなった体に睡魔が襲い掛かってきた、少し眠ろう。

目が覚めたフロントガラス越しに見える視界には、晴天の青空が広がっていた。
チャンスかも知れない、強風も気持ちの持ちようだが少しは落ち着いてきたようだ。

グローブもすっかり乾いていた、ここでテンションのかかりを良くするために
タイプ6のリーダーを装着して、フライもテンションがかかり易いフライを結んだ。

浜に降りて、波足の短めで駆け上がりの近いポイントを叩き続けた。
しかし、今日の波は不規則というかグチャグチャというか、100人編成のオーケストラで
合奏の前に全員が勝手にパート練習をしてるかのような、前後左右から波が入ってくる感じ。
終始ラインが軽く感じる日だった。

今日はとうとうダメな1日で終わるんだろうな・・・もう、諦めて帰ろうか思っていた。

強風がひと時だけど止んでいた気がする、ターンしたフライは波が崩れて
一面フラットになった水面に着水した。
数えるほどしかなかったテンションらしきものがかかったと思う。

リトリーブする手が止まってからは、頭の中が真っ白になった。
e0035597_20454133.jpg

どうして釣れたのか、どうやって釣れたのか、まったく分からない1尾だった

まだ群れがいる、そう思い1枚だけ写真を撮って即リリースしてキャストを開始した
それから、数十投したか覚えてないが海アメがヒットした。
長い波足に浜に上げるタイミングを邪魔されて2匹目はバレテしまった。

掴みどころの無い今日のグチャグチャの波、どうして釣れたか理由が分からない海アメ。
今日の海アメ釣りは、よく分からない状況で思いどうりの釣りが出来なかった。

それをあざ笑うかのように、遥か沖ではウサギが元気に跳ねていた。
[PR]
by flymagic | 2007-02-24 20:46 | 海アメ
獣道
こんなに厳しい状況なら、1日しかない休みに来るんじゃなかったなぁ・・・
心の中で気弱なもう一人の自分がため息をついた。

島牧の海岸は北西の季節風が強く吹いていた
前日の天気予報を見ては、ある程度の覚悟をして来たつもりだけど
現実を目の当たりにした僕は今日は海アメに出会う以前に、
まともにロッドを振ることが出来ないと予感した

先週は穏かで小春日和の中で楽しい釣りが出来たのに・・・
e0035597_19583279.jpg

僕達は風と波の無いポイントを探して右往左往するばかり
いたるポイントでは、きっと僕等と同じ考えのアングラー達が入れ替わり
釣りが出来そうなポイントを探し回ってるようだ

こんな日は、概ねロッドもろくに出さずに帰路に着くパターンが多かった
あっという間に時間は過ぎ去り、まともにロッドを振ることも無く正午を迎えてしまった

ガスストーブでお湯を沸かし、友人達と中食をとりながら午後からの作戦を練ることにした。

先週、みんなが釣れた砂浜に行こう
誰が言ったか、言わないか・・・多分、友人達はみんなそう思ったと思う

北西の風が厳しくても、1投で良いからキャスティングが決まって、そのラインが離岸流を
捉える事が出来れば2投目はいらない、なぜなら1投目で海アメが釣れるからだ
これが、今日の僕の作戦。
離岸流を探して歩き回り、風の合間を縫い波が崩れ水面がフラットになった時に
ラインを着水させる事ができれば、海アメは必ず釣れるはずだ。
e0035597_19584967.jpg

アコーディオンのように、沖から折りたたむように次から次へと押し寄せる波。
スピードのある波を見ては、こんな状況で離岸流が出るのだろうかと疑ったが、
沖へと流れる潮を見つけてはキャスティングを繰り返すがラインは右へ左へと
ドラグがかかるばかりで一向に沖へとは導いてはくれなかった。

釣り始めて、5分もしないで沖へと出る1本の潮を見つけた
その幅はイメージでは1m程の細い獣道のような感じかな・・・
ラインは一直線になると同時にフライが泳ぎだした

無意識にリトリーブに合わせて、あの独り言を唱え始めた・・・「来い!来い!・・・」
この言葉が出ると釣れる気がする感覚を超越して釣れる確信へと変わるから不思議だ
e0035597_2092495.jpg

長かった、この1尾の海アメを釣るが為にどれだけ苦労したことか。
ヒットの瞬間、僕は大声というか悲鳴に近い雄たけびを上げて
仲間達に釣れたことを伝えていた。 
恥も外聞もない、これほど嬉しい海アメの出会いはここ最近は無かったから。

この感動は、他のフライフィッシングとは別格の何か言葉では言い表せない物がある
それだけ、海のフライフィッシングは甘くないし、海アメ釣りは難しい釣りだと思う。

その後1時間ほど、右前方から吹く北西の強風に苦しめられながらも
離岸流を探し歩いた。
1投ごとに1歩づつ左にずれたり、右ずれたりしては、相変わらず左右に流れる
複雑な流れの中から1本の獣道を探す

そして、やっと見つけた1本の獣道のような細いが強い離岸流。

また、あの言葉が自然と出る・・・「来い!来い!・・・」
リトリーブが早すぎると、ショートバイトで終わってしまう
フライは自然界の生き物と同じスピードで波に乗らなければならない。

「グンッ!」この海アメのアタリは何度経験しても心ときめくものだ
今日2匹目の海アメはリールファイトでやり取りを十分楽しませてくれた
e0035597_1959237.jpg

この体高は海アメならではのもの、アメマスとは明らかにトルクが違う
このサイズでもディスクドラグを引き出ししてくれる

今日は厳しく苦しい釣りだった、しかしその恩恵はそれ以上の感動となった
厳しい状況の中で出合った2匹の海アメは生涯忘れる事がないだろう。
[PR]
by flymagic | 2007-02-19 00:01 | 海アメ
バッテリー(車の愛情シリーズその4)
新車で購入してから、早いもので5年が経過し走行距離も65000キロを突破した
わが愛車、ランドクルーザー100。

1ナンバー登録であるがために、2年目以降は毎年の車検を受けなければならないのです。
今回の車検でバッテリーの交換をしなければならないのかなと、秋ぐらいから思ってました。

秋も深まって、もうそろそろ淡水の釣りも厳しい季節を迎えだした頃から
朝一番のエンジンスタートがどうもスムーズで無くなってきました。

前のランクルハチマルではバッテリーは7年ももったので今回も多少エンジンスタートが
スムーズでなくても、まだまだ使えると自己暗示にかけていたのが甘かったようです。

直列6気筒4200ccのディーゼルエンジンのクランクシャフトを回すには
12Vでは不可能なので、スターターモーターを回す時だけは24Vの電圧が
必要なのです。よってディーゼルエンジンを搭載したランクル100のエンジンルームには
105Dというサイズの特大のバッテリーが2個積まれているのです。
始動時のみ24Vでその後は12Vに戻るシステムが採用されているので
過去のランクル40系~60系や70系のように、電装品のアフターパーツが使えないという
悲劇的な事にならないのは、ありがたい装備です。
e0035597_15164744.jpg

先月の月末の月曜日の事
土曜日は仲間の車で釣りに行って、日曜日は家でゴロゴロ・・・
2日間ランクルのエンジンは回ることなく、冷え込んだ月曜日の朝。
出勤しようと車庫に降りて、ランクルのスターターモーターを回すが・・・「」なのです。
バッテリーがたった2日間エンジンをかけなかっただけで完全に上がってしまったのです。
数日前から、もうそろそろ限界かなとは思い早めに車検の予約を入れといたのに・・・
とりあえずジャンプしてエンジンをかけようと、おやじのランクルハチマルを借りに行ったら
時間が無いから、ハチマルを乗っていけと言うので、ランクルハチマルでとりあえず出勤成功。

さて、単にバッテリーの寿命と結論を出して良いのだろうか?
オルタネーターの不良で充電不足が続いてたのだろうか? いろいろなケースが考えられるので、デーラーのフロントマンの友人に電話して症状を伝えると、あっさり「今時期の電磁仕掛けのパーツを多用してる車ならバッテリーは5年が良いとこだよ。」との答えが返ってきた。

コンピューターを多用してる最近のハイテク車両はエンジンを停止していても
バックアップに電流が流れているので、寿命が短いそうです。
ちなみに、トヨタの最高級乗用車のセルシオなんて10日間くらいエンジンをかけないだけで
バッテリー上がりを起こすそうです。

これで納得。
1度、あげてしまったバッテリーは充電しても性能は元どおりにはなりません。

その場しのぎで偲んでも、釣りに行って帰りにエンジンがかからないなんて事になったら
まったくシャレにばらないので、勇気をだして決断、バッテリーを2個購入することにした。

購入するのでも、カー用品店に並んでいる在庫のバッテリーは信用できません
長期在庫であれば、比重が落ちて容量がほんとに12Vあるのか疑問です
バッテリーを購入する際は、信頼できる電装品屋さんから買うか、メーカーから
新しいのを取り寄せてもらうのが、間違いない購入方だと思います。

今回は信頼できる友人のショップで問屋さんから取り寄せてもらって自宅まで
出張してきてもらい、バッテリーの交換作業を行った。
バッテリーの交換の際には、端子を安易に外してしまうと、ナビやコンピューター関係の
メモリーがリセットされてしまうので注意が必要です。
シュガライターソケットから、バックアップ電源を引いてから必ず作業しましょう。

余談ですが、液不足で電極版が露出してしまったバッテリーも使えないと思ってください。
バッテリー液の消耗が激しいバッテリーでも、カー用品店で売られている、補充液を足して
とりあえずは使用できますが、補充液は凍らない水と考えてください。
バッテリー液(希硫酸)は事実上、販売されていません。

今流行の兆しがある、乾式バッテリー(液なし)は通常のバッテリーの約2倍の価格ですが、
寿命は2倍以上です。1台の車を長く乗るつもりならおススメですね。
ただし、不注意であげてしまったら充電する事はちょっと厄介です。

人里離れた渓深く、林道を進むあなた・・・バッテリーは大丈夫ですか?
[PR]
by flymagic | 2007-02-17 01:02 | LanCru100
冬場のメンテナンス(車の愛情シリーズその3)
今年になって、毎週のように週末になると島牧方面を往復する愛車のランドクルーザー100
塩化リの撒かれた高速道路や峠をひた走るのは、鉄の塊のような愛車にとっては
とても過酷な状態なんだろうな。
いつもなら、島牧の帰り道で洗車場に寄っては下回りやボディーに附着した
塩化リを洗い落とすんだけど、釣れないでついついネバッタリしては帰宅が遅くなると
寄り道すら面倒で、ここ数週間はすっかり洗車をサボってました。
e0035597_15144241.jpg

3連休の最終日、朝早くから洗車場に行って愛車を洗ってやる事にした
洗車を終えて、ホワイトパールの車体をよく見ると
なにやら、錆のようなプツプツとした点状のものがいたるところにあるではないか!
俗に言う、“鉄粉”という厄介なものが大量発生してしまったのです。
こうなってしまうと後始末が大変です、カーショップなどで売られている
液状のクリーナーも使った事があるけど、あまり綺麗に除去できない記憶がある
ピッチ・タールクリーナーでも塗装に突き刺さった鉄粉が浅ければ除去できるけど
この商品は塗装には優しくないので、できれば使いたくないね

手間はかかるけど、確実で塗装に優しい方法はやっぱり“ネンド”にかぎる
水を掛けながらネンドでボディーを撫ぜるように擦っていく
ネンドが鉄粉を食べてくれれば、ボディーは新車のようにツルツルになる
その後から、カルナバ蝋100%のワックスを掛けてやれば完成です

洗車後にタバコのパッケージのフイルムに指を入れてボディーを撫ぜてみてください
ガサガサとザラついていたら、塗装に鉄粉が刺さってる証拠です
特にダーク系のボディーカラーでは鉄粉は目視出来ないので注意が必要ですね

巨体のボディーにこの洗車+ネンド+ワックス作業を施すのは、約1日仕事です
まぁ、今までサボっていたツケが回って来たと思えば諦めもつくけどね

やっぱり、冬場はこまめな洗車で鉄粉の附着や下回りの錆を防止しなきゃいけないね。
e0035597_15145733.jpg

毎週のように島牧へ愛車を走らせてる、あなた・・・この苦労を分かち合いませんか!
[PR]
by flymagic | 2007-02-15 00:24 | LanCru100
海アメと独り言
「来い!来い!来い!来い!・・・・!」
リトリーブのリズムに合わせて心の中で叫んでいる
やがて、その心の言葉は興奮化して「来い!来い!来い!来い!・・・・!」という
言葉が耳に入ってくる
釣れる予感がするとき、僕はリトリーブに合わせて何時もそう呟いてるようだ
e0035597_19223357.jpg

きっと、キャスティングが完璧に決まって、リトリーブが波のリズムに合った時
釣れる予感がリトリーブをする左手のセンサーに指令を出すと共に
この奇妙な言葉を発するんだろう
おそらく、この言葉が口から出てるときは波の音も風の音も
何も聞えないくらいに集中してる事であろう
勿論、この言葉を呟きながらリトリーブをしていても期待感は失望感へと変わる事の
方が多いんだけどね

3連休の初日、友人達と4人で深夜の札幌出発して島牧方面目指して
ランドクルーザー100を2月とは思えない乾ききった国道を走らせていた
先週は一人で走った道を仲間達と愉快な会話をしながら時間はあっという間に過ぎていく
e0035597_1922552.jpg

今日も風向きが良くないな・・・
最初に入ったポイントでは海アメの気配すら感じられず
途方に暮れた僕等はルアーの達人である友人に電話をして情報を求めた
明るい兆しが見え出した・・・釣れてる・・・との嬉しい返事であった

僕達は先週、僕が1匹だけ釣れた浜に入る事に決めた

浜に着いた僕は友人のアドバイスでポイントに立った
始めのうちは、離岸流でラインに重たいテンションが掛かるが上手く波に乗ることが出来ない
ラインを通じて伝わってくる変化の有る離岸流のスピードに
リトリーブにアクセントをつけて波のリズムとフライの動きが一致した時
僕は「来い!来い!来い!来い!・・・・!」という言葉を呟いていた

釣れる期待感は頂点に達して、キャスティングとリトリーブを繰り返す事が
楽しくて止めれない
e0035597_19231390.jpg

アメマス特有の「グン!」というアタリが来た時は頭の中が真っ白になっていた
1匹目の海アメはリトリーブの半分くらいの距離でヒットした
冬とは思えない暖かな日差しを浴びて波打ち際に横たわる海アメは
愛おしいくらい光り輝いていた

まだ釣れる・・・そう釣れる気がしてならない
レインジャケットのしたは、ヒートアップした体温がオーバレブしてしっとりと汗ばんでいた
普段なら、ここでタバコを一服して一休みするところだが今日はその欲求は無い

僕はティペットとフライのコンディションを確認するとスグにキャスティングに取り掛かった
e0035597_15182515.jpg

2匹目の海アメがヒットしたのは、それから20投目くらいだっただろうか

隣にいた見ず知らずのルアーマンが、「良いサイズですね・・・写真を撮らせて下さい。」と
激励の言葉をかけてくれた、そしてその彼に撮っていただいた写真は、
僕のお気に入りの1枚になった

今日釣れた2匹の海アメ、僕にとって十分過ぎるくらいなナイスなプロポーションで
しかも良いファイトをしてくれた

そして、同行の友人達も数匹の海アメを釣り上げることが出来た

今シーズン、今日で23匹の海アメに出会う事ができた
これが通過点なのか、到達点なのかは僕には分からないけど
海アメのフライフィッシングって、数字以上の期待感があるから楽しくてたまらないね。

                   flymagic field photo report
[PR]
by flymagic | 2007-02-10 23:36 | 海アメ
strong wind
なにも、ここまで凍らなくてもいいのになぁ・・・
土曜の早朝は冷え込みが厳しかった
日中に降った雪は一度解けて、アスファルトの上に鈍くそして不気味に黒く光っていた

スッ・・・ズルッとタイヤがグリップを失って滑る音を連想するが
ブラックアイスバーンではタイヤが滑る音がしない
実際はタイヤの音なんてする訳が無いが、これは僕の感覚的なもの
わずかな滑り出しを腰のセンサーがキャッチしたらスグに反射しなければ間に合わない
スキーと同じで車のコーナーリング運動には加重抜重の動作が必要である
全神経を集中させ、ランクルを島牧方面へ向けて一人走らせた

前日の天気予報では土日の道内は発達した低気圧の影響で大荒れだそうだ
まともなら、予報を見たり聞いたりするだけで週末の釣行を諦める事だろう
e0035597_20453827.jpg

自分の目で確認するまで諦めがつかない・・・
僕は恥ずかしながら、そうゆうタイプ・・・要するに、人の言う事は聞かない子供のような性格

島牧江ノ島海岸では土曜というのに車もまばら
今日は人も少ないからチャンスかもしれない、でも南東の風が強烈だ

昼近くには、この出し風も北よりの向かい風に変わることだろう
そう判断した僕は風裏になる漁港で風が変わるまで過ごす事にした
e0035597_13122223.jpg

しかし、現実は甘くなく風裏になるはずの漁港は島牧よりもはるかに風が強かった
15ftのロッドを立てれない・・・こんな経験は初めてだ
強風が弱まった隙間でキャストをしても水面に吹く強風にリーダーは押し戻されて
ターンオーバーどころのお話じゃない
運よくというかマグレでリーダーがビシッとターンした時だけ海アメが釣れた
そんな条件下でここで合流したルアーの友人と2人でキャストを繰り返した
e0035597_15585255.jpg

先週は友人が先に海アメをキャッチしたが、今日は僕のロッドがまず先に弧を描いた
嬉しかった、強烈に厳しい条件の中で釣れる海アメは何度経験しても感動がある
午前7時を告げる、漁協のけたたましくも滑稽な音楽が鳴り出したと同時に
友人のルアーにも海アメがヒットした
その後、僕は2匹追加したがルアーにはアタリは何度もあるがヒットには至らないようだ
明るくなった港内では、いくら水面があ荒れてるとは言え厳しいようだ
午前8時、友人は移動する事を僕に告げて漁港を後にした
その後、その友人はルアーの独壇場でまたしても爆釣したことは言うまでも無い・・・流石である

夜明けよりも増して風が強くなってきた
港内といえども、危険を感じた僕も島牧方面へと戻る事にした

島牧江ノ島海岸は穏かだった
僕はナニが悲しくて漁港で苦しんでいたんだろうかと、自分で自分が可笑しくなった

前日の時化の影響で海は底荒れしていて濁っていた
早朝からロッドを振っていた知人の話では今日はまだ釣れてないそうだ
ヘビージグをキャストするルアーマンは数人海アメをキャッチしたようだが
フライラインが届く範囲は濁りがきつく今日は厳しいようだった

僕は濁りが無く、波があるポイントに入る事にした
e0035597_20464040.jpg

釣り始めて20分もしないで結果は出た
しかし、その後が続かない・・・きっと単発で波打ち際をうろついていたのが釣れたのだろう
僕は1時間でそのポイントを諦めて車に戻り早めの昼食をとっていた時、電話が鳴った

その友人はもうスグに島牧に到着するという、午後から合流して一緒にロッドを振ることにした

一人で来る、海アメの釣り
でも、ここにくれば誰か彼かに会う・・・
きっと、これも海アメ釣りの魅力というか面白さなんだろう
e0035597_20465665.jpg

グングン!と海アメのアタリがあったが今日5匹目の海アメはフッキングする事が
出来なかった・・・

まぁ~いいか・・・この続きは来週ということでね

flymagic field photo report
[PR]
by flymagic | 2007-02-04 19:26 | 海アメ
CUE MUSIC JAM-BOREE in ゆうばり
暖冬と言われながらも、北海道の冬はやっぱり厳しいです。

季節のみに限らず北海道の経済も本州に比べればまだまだ、
越冬中と言ったところでしょうか。

そうれを象徴するかのように財政破綻した夕張市。
財政再建団体となり再建に奮起してるようだが、
現状は先の見えないトンネルの中という感じです。

地方自治体は破綻しない!
というのは、最早過去の決め台詞なのでしょう。

でも、そこに暮らす市民には何の罪も無いことも事実でしょう。
これからの未来を託す若者達や、老後を穏かに暮らそうと頑張ってきたお年よりの方達の
お気持ちを察するといたたまれない思いです。
e0035597_20304993.gif

僕達に出来ること・・・そう、北海道の“クリエイティブオフィスキュー”が動いてくれました。

“CUE MUSIC JAM-BOREE in ゆうばり”6月30日と7月1日の二日間、夕張マウントレースイスキー場特設ステージにて野外ライブを開催します。

夕張マウントレースイスキー場には僕もたくさんの思い出があります。
夕張での家族や友達との思い出も今でも心に残っています、それに夕張には
昨年他界した友人の墓もある。

炭鉱時代、華やかだった夕張の街とまでは行かなくてもせめて、そこに暮らす
人々が安心して暮らせる夕張市を取り戻せたら・・・と思ってなりません。

“CUE MUSIC JAM-BOREE in ゆうばり”の詳しいスケージュールはこれから
決めていくそうですが、出演アーティストの方々も“GLAY”や“スターダスト・レビュー”の
メジャーアーティストをはじめ、道内で活動するバンドも出演予定です。

勿論、“月光グリーン”も夕張市を汗だく感情ロックで盛り上げてくれる事でしょう。

                                     ガンバレ!夕張!!
[PR]
by flymagic | 2007-02-02 22:17 | 月光グリーン