気ままにキャスト
flymagic.exblog.jp

北海道札幌市在住akaのflyfishingの気ままな話やフィールドの中で感じた事,思った事を気ままに綴ります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
Link
お気に入りブログ
以前の記事
最新のトラックバック
知床カラフトマス釣行2009
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
こだわりの二人が行き着い..
from Drag-Free Drif..
 3月4日  情報掌握。
from 「 飛 翠 。」 one's..
謹賀新年2008
from 北の毛針釣師-Blog
self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
カラフト
from walton_Blog
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
June 2 2007..
from Drag-Free Drif..
ブログパーツ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧
秋の風と秋色の心
暑かった8月も終わり秋の夜風が心地よく感じる9月になる
先週は、期待していたカラフトマスも空振りに終わり、
職場も異動を命じられ、今度は大所帯を率いる事になってしまった・・・
この調子だと年間の釣行回数は激減する事だろう。
まったくもって尽いてない今日この頃である。
e0035597_23373561.jpg

巷の噂では、今年のカラフトマスの遡上量は対前年比96%減だそうだ
分かりやすく言うと、去年は100匹いたカラフトマスが今年は4匹しか居ないという事だ
そのせいか、釣具屋さんのも活気が無い
釣具店に勤める友人も、カラフトマス用品が全く売れず、お手上げ状態だと嘆いていた。

今週末も懲りもせずに、少ないであろうと思われるチャンスを手に入れる為に
カラフトマス釣行の旅に出る。
釣れる釣れないは、別にして日常生活から離れてホントの自分を取り戻せたらいいね。
[PR]
by flymagic | 2006-08-31 23:53 | flyfishing
月光グリーンファーストアルバム
今日は久しぶりに、月光グリーンのテツヤくんとお会いしました

とっ!いう事で“月光グリーンファーストアルバム「蛮勇根性」”のCMです

全国CDショップで10月4日発売を記念して、月光グリーンファーストアルバム「蛮勇根性」を
予約で先着120名様にオリジナルグッズをプレゼントです!
e0035597_21235233.jpg

合計120名様に先着で月光グリーンオリジナルグッズ(オリジナルキャップ&オリジナルステッカー)をプレゼント!!
グッズ引換券をゲットして下記のドコモショップへGO!!

・ドコモショップ札幌店
 札幌市中央区南1条西1丁目4 大成札幌ビル1F
・ドコモショップ札幌駅南口店
 札幌市中央区北3条西3丁目1-6 札幌小暮ビル1F
・ドコモショップ札幌駅北口店
 札幌市北区北7条西4丁目1-2 札幌丸増ビル1F
・ドコモショップAPiA店
 札幌市中央区北5条西3丁目 札幌駅南口広場地下街
・ドコモショップトークプラザ店
 札幌市中央区大通西2丁目 NTT大通2丁目ビル1F
・ドコモショップ創成川通店
 札幌市中央区北1条東1丁目4-1 サン経成ビル1F
・ドコモショップ南大通店
 札幌市中央区南1条西5丁目 郵政互助会札幌ビル1F
・ドコモショップ狸小路4丁目店
 札幌市中央区南2条西4丁目10 清水ビル1F/2F
・ドコモショップポールタウン店
 札幌市中央区南2条西3丁目 地下街ポールタウン(北洋銀行下)
・ドコモショップススキノ十字街店
 札幌市中央区南4条西3丁目9-4 ススキノ十字街ビル


下記レコード店にて予約していただくと、先着でグッズ引換券をお渡しいたします。

・タワー 札幌ピヴォ店
・HMV 札幌ステラプレイス
・玉光堂 PASEO店
・玉光堂 四丁目店
・玉光堂 オーロラタウン店
・玉光堂 ポールタウン店
・新星堂 札幌アピア店
・音楽処

先行予約期間
>> 2006.8.27 sun.
グッズ引替日
2006.8.26 sat.>> 27 sun.
           

            
              ファーストアルバム「蛮勇根性」10月4日全国発売!

e0035597_21333193.jpg

                     1. 蛮勇根性
                     2. 宵待草
                     3. 快刀乱麻を断つ
                     4. 笑おうよ
                     5. 七転八倒
                     6. 摩天楼に咲いた花
                     7. 三日月
                     8. 大きな鳥
                     9. それでも生きる道はあるさ
                     10. 少年の歌
                     11. あきらめよう
                     12. 十六夜の恋
e0035597_20301270.jpg



                                
   以上、全12曲の情熱感情ロックが収録されてます
   まだ月光グリーンの情熱感情ロックを体験されて無い方・・・もったいないですよ!
   聞いてみようかなぁ~って思ってる方! 人生観が変わりますぞ!
   
             全国のみなさま!心の底から、ヨロシクです!

                                        月光の後援会aka!
[PR]
by flymagic | 2006-08-29 21:40 | 月光グリーン
まいったニャ~!続編!
前回のエントリーでご紹介した子猫がまた来ました!
“ラインバスケットは見つかる”と学習したのでしょうか、
今回はラインバスケットが横に有るにも関わらずフロートの道具を入れてある
バッグに忍び込んで隠れていたようです。
e0035597_2291468.jpg

あれから姿を見せなかったので、気になって帰宅してランクルを車庫に入れた後
わざとシャッターを寝る前まで開けておいたのです。
きっと、心のどこかでまた戻ってきて欲しいなんて思っていたのかもしれません。
e0035597_2292851.jpg

出来る事なら、飼って世話をしてあげたいのだが、ウチには愛犬が2匹もいるし
子猫を飼うのはちょっと無理のようです。
しばし、車庫で安心して休ませてあげる事しか出来ないけど元気に大きくなって欲しいね。

飼ってみようという勇気の有る方はDMいただければ嬉しいです

画像をクリックするとデッカイ猫が登場しやす!
[PR]
by flymagic | 2006-08-28 20:27 | etc
河川環境と生態系と釣れないカラフトマス
先週の水曜日の夕方、週末にオフショアのカラフトマス釣りを
予約している船頭から携帯に連絡が入った
大雨で海が濁り、目処が立つまでカラフトマスの船釣りを断っていると言う
オフショアのカラフトマスを予約しているのは、週末の土曜日
まだ3日間あるし、仲間達も楽しみにしてるので多少の濁りでも船を出して欲しいと伝えた

金曜日の夕方、濁りはとれないけど、乗ってみるかい?と船頭が言ってくれた
僕たちにとっては、初めてのボートから釣るカラフトマス
しかも、サーモンも網に入っていると言う事で、期待に胸膨らませ道北へ向かった
e0035597_1994822.jpg

でも、何故こんなにも長い間濁りがとれないのか疑問だった

出港は午前5時、前日は番屋に泊めてもらい僕らはカラフトマスと
サーモンの爆釣の夢を見ながら眠りについた

こんな日は、自然と目が覚めるものだ
午前5時前に船頭が迎えにきた、しばし番屋で会話をし状況を聞いてみた
濁りの原因はこの海にそそぐ、超有名1級河川の工事による泥の流失らしい
悪い事に、先日の大雨で一気に海に泥が流れたらしい
当然、水量も多くカラフトマスやサーモンの河川に遡上する量も増えたとの事
e0035597_1910274.jpg

国内有名釣具メーカーのテスターや海外のメディア関係も乗せる
この船頭に今日の釣りを任せる事にした

出港してポイントに向かうがやはり濁りがある、しかもカラフトマスの跳ねも無い
そう、カラフトマスやサーモンの気配がないのである
濁りの影響が無いポイントでも同じ状況だ
1時間が経過し2時間が経過してもカラフトマスの跳ねは1度も無い
刻々と虚しくも時間だけが過ぎていく、4時間が経過しても1度も跳ねが見られない
こんな事は珍しいと船頭も諦め気味の様子だ
カラフトマスの姿が見えて狙っても釣れないのなら、僕らも諦めがつくだろうが・・・・

結局、1度の跳ねもモジリも無く気配も感じられず、まともにロッドも振らないまま
初めてのボートから狙うカラフトマスは終了した

尽いてない、運も尽きたととは、こういうことなのだろうか?星のめぐり合わせが悪いのか?
遊びも仕事も上手く行かない時は何をやってもダメ時は駄目なんだと思った
e0035597_19102097.jpg

河川工事に関して意味があるのか無いのかは知らないけど、
多かれ少なかれ、道北の近海の生態系は壊されかけてる

漁協も工事の中止を申し立ててるそうだが、曖昧な返答しか帰ってこないそうだ

カラフトマスが釣れる釣れないという、個人的満足度は度外視にして何か
納得できないというのが、僕の正直な気持ちでもある

8月末とは思えない気温と水温の高さ、カラフトマスの遡上量の少なさ

今後、当たり前に残されていくと思われている自然の恵みにたいして
赤信号が灯されている事は否定できないであろう
e0035597_042192.jpg

[PR]
by flymagic | 2006-08-27 19:47 | flyfishing
“短気は損気”
真夏の渓流を釣りあがる
滅多に行かないイワナやヤマメの住む川
持ちなれない#3ロッドのリーダーは6xとこれまた使い慣れない細いラインだ
e0035597_22405214.jpg

湖では沈める釣りが好みだけど、ホントはドライで釣りたい。
フライを沈めるのは、その方が釣れると思ってるから・・・もしかしたら、ドライで
ねばってる方が釣れるのかも知れない。

要するに、僕は気が短い。
じっとフライを眺めてる事が出来ない落ち着きの無い性格
もっと悪く言うと、集中力欠乏症とでも言うのだろうか。

こんな短気な性格は渓流の釣りあがりに向いてるのか?向いてないのか?

そんなくだらない事を考えながら、釣り上がった先週末の渓流。

“短気は損気”という諺があるが、“短気は儲け”という
おかしな事も釣りの世界ではあるのではないかと思うのは僕だけでしょうか?
[PR]
by flymagic | 2006-08-23 22:00 | flyfishing
まいったニャ~!
先月から時々、1階のバルコニーで「ニャ~ニャ~」と2階の窓辺を見上げて
鳴いていた子猫、下に住むおふくろの網戸を引っかいて中に入れてくれと
訴えていたが、おふくろは大の猫嫌い、
遭えなく追っ払えてしまい、しばらく姿を見せなかった。

今日、帰宅し食事を終えて、ウエーダーをしまおうと車庫に降りた
そこで、近くに置いてあったラインバスケットを見ると・・・・

 ドキッ!   なぁ~んじゃ~こぉりゃ~ぁーーーーー!!!
e0035597_20221883.jpg

こないだの、子猫がラインバスケットに住み着いてるじゃないか!
いったい何時から?昨日はたしか・・・居なかったような・・・わからん!

まいった・・・マジにまいってしまった・・・どーしょ~・・・
e0035597_20363851.jpg

写真をクリックすると大きなネコが飛び出しますので、ご注意を!
[PR]
by flymagic | 2006-08-22 20:39 | etc
道南渓流釣行vol.2 (幅広ヤマメを求めて)
渇水しきった、幅広ヤマメの川を一通り釣り上がった
小型のヤマメは出るが大物が出ない、そんな中、僕の前を釣っていた友人の叫び声が
森にこだました。駆けつけると、良型のイワナが出たようだ。
計測すると尺に5mm程足りないが、太っていて良方のイワナだった
e0035597_0365461.jpg

これで、僕の釣り欲に火がついた。
フライの動きに集中してゆっくりと釣り上がった、落ち込みの流芯の淵から
良型のイワナがドライフライに飛びついた。計測すると25cmほどだが、この状況では
上出来かなと満足だった。
この川に長居しても仕方ないので、早めに見切りを付けて移動する事にした。
e0035597_19202177.jpg

次に入ったのは道南超有名河川の上流域
この川、個人的には好みで無い。 まったく釣れる気がしない。
上流は勿論、下流域も中流域でもロッドを降ったことはあるが良い思いをした事は1度も無い
ハッキリ言って、嫌いな川NO1である。
お察しのとおり、釣れる気のしない川で釣れる訳が無い、ここも早々に切り上げた。

ランクルを走らせ最後に向かったのは、山岳渓流に近い上流域
林道に車を停めて川を見下ろすと、各プールに魚が確認できる、それも無数だ。

支度を済ませ、魚影が確認できたプールを釣り上がったが、フライが着水すると
右往左往するやら、岩陰から出てきて逃げ惑うやらで全くフライに出ない。

何度もしつこくフライを落とすと、反射的に喰うのだろうか20cm程のイワナが出た
この川は、イワナの川なんだろうか?渓相からしていかにもイワナの濃そうな川だ
なんせ、この川はまだ誰も入った事が無く、データーも無い。未知の領域は面白い。
e0035597_0372768.jpg

大場所に差し掛かった時、友人達は僕に先行を譲ってくれた。
友人達に比べて、キャリアも実績も少ない僕にチャンスを与えてくれた
ホントにありがたい事だ。渓流で持つべきものは、良い友人だと実感した。

落ち込みのプールを何箇所か釣り上がった、オレンジのカディスが吸い込まれたと
同時に流れに乗って走られた、ラインの摩擦で指がまた切れた。
e0035597_0374246.jpg

尺には届かないが、28cmにイワナだった。
体高はあまり無いが、この川でこんな大きなイワナに出合えるとは、心底嬉しかった。
e0035597_038395.jpg

友人達と和気藹々と釣り上がりながら、小型のイワナを連発し少々物足りない
ながらも楽しい渓流釣りに没頭した。
釣り上がると、また大場所が目の前に現れた、ここで釣らなきゃどこで釣る?と
言わんばかりの大物が潜むポイントだ。
またしても、大型のイワナを狙うチャンスだ!フライを#12から#10の
オレンジカディスにチェンジして流芯の際を漂わせた、流れきる寸前で
ビシッ!と出た! が、早い!フライに出るスピードも速いが下流に走るスピードは
イワナじゃないと感じた。
今日、ラインによる火傷の痕が2本目になった。
e0035597_1041266.jpg

ネットにやっと納めたのは、幅広な25cm程のヤマメだった。
この川にこんな大きなヤマメが居るなんて驚いた。

幅広ヤマメを狙っての道南釣行、意外な場所で出会うことが出来た
この、超上流の渓流は渓相・魚密度・水質の鮮度・人の少なさ・・・渓流のパラダイス!
僕にとって、お気に入りNO1となった。

flymagic field photo report
[PR]
by flymagic | 2006-08-21 00:14 | flyfishing
道南渓流釣行vol.1 (想像と現実)
台風の影響で局地的に大雨に見舞われた週末
渇水していた道南の渓流も適度に増水して幅広のヤマメの期待が高まる

友人達と3人で深夜の札幌を出発して、200km以上先の道南の渓流を目指して
ランクルを走らせた。

怪物のような幅広ヤマメが住む渓流は想像に反して考えられないほどの渇水
e0035597_23592769.jpg

良方のイワナは水面を割ってドライフライに出るが
ヤマメの反応は無かった・・・悲しくも、超小型のヤマメが大きなドライフライを
つっつくだけだった。

予報では、この地区でもかなりの量の雨が降った事になってるのだが、
現実は目の前にある、この渇水しきったイワナの川になっていた。

このままでは、帰れない・・・僕らは、良方のヤマメとイワナを求めて
まだ、仲間内では誰も入った事の無い上流粋の渓流を訪れる事になった。

この時点で、気温は30℃を超え相変わらず残暑が厳しく
真夏のような太陽が僕の体力を奪いだしていた。
[PR]
by flymagic | 2006-08-20 00:24 | flyfishing
渇水と絶望そして感覚のズレ
一投目、ナチュラルにチェルノブイリアントが流れた時だけニジマスのアタックがある

先週、大きなニジマスにコテンパンにやられた川にリベンジに戻ってきた。
雨不足で渇水しきった川に止めを刺すかのように、先行する餌釣氏。
条件は最悪だった、でも水面のみを意識するニジマスは残ってるはずだ。

先行者がいようと、渇水でポイントが潰れていようと関係ない・・・今日も「俺流でやる!」
そう自分に言い聞かせ釣り上がった。

今日も気温は30℃、汗が止まらず足場の悪い浮き岩が体力を奪い取る
今日のタックルは9ftー#6、リーダーは3xでティペットは継ぎ足さないで
オレンジカラーのチェルノブイリアントの#6を結んだ。

先週、大きなニジマスにブチ切られたフライと同じものだ、今日はこのフライしか使わない。
e0035597_1835481.jpg

何度も、この巨大なチェルノブイリアントが水中に吸い込まれ、重量感のあるニジマスの
手ごたえを感じる事が出来たが、渇水の影響だろうか?フッキングが甘いようだ。
もしかしたら、今日選択したロッドが硬すぎたのかもしれない、いやリーダーが
太すぎて自分では完璧に流せてるつもりでも、微妙なドラッグがかかり
ニジマスの警戒心を刺激してしまったのかも知れない。

結論から言うと、今日は1匹のニジマスをランディングする事ができなかった。

中にはフックが外れた後に、「どんなヤツが俺を騙したんだ!」と言わんばかりに
華麗にジャンプしてガンをくれてくニジマスもいた。
その魚体は40cmは軽く超え、シルバーメタリックが鮮やかな幅広なニジマスだった。

何匹バラシタか数えてないが、短い時間だったけど喝采のひと時を満喫した僕は
それなりに楽しかった。

先週まで、このフライの実力を甘く見ていた僕はチェルノブイリアントが好きになった。
夏のテレストリアルの時期、このフライの性能は発揮される。

何時の日にか、この川の畔に立つ事があるとしたら
昔、雑誌で見たチェルノブイリアントを咥え横たわる巨大なニジマスの
写真と同じ事にならないかと、次回もこの川でチェルノブイリアントを結ぶ事だろう。
[PR]
by flymagic | 2006-08-12 22:48 | flyfishing
instant net type Ⅰ
6月に行った阿寒湖で紛失した、インスタント・ネット

金額はそう高いものでは無いけど、お気に入りだった革のケースだけが今でも悔いが残る
帰ってきてスグに新しい物を購入したが、
既製の状態だとちょっと味気ないと思うのは僕だけじゃ無いはず。

本音としては、人とはちょっと違う、自分だけの個性あるインスタント・ネットを使いたい

そこで、前回のエントリーでご紹介したレザーケースを作ってみたが
どうせならネット本体も作ってしまえと、ウッドでグリップを作る事にした。

しかし、これが一筋縄では行かない。

ネットをたたむ際にネットのフレームをねじる事によって、
想像以上にグリップに負担がかかりタワミが生じ、そこから水が入りウッドグリップが
割れるのでは無いかと考えられる。

兄貴に相談し無理を言って製作を頼んでみた。
e0035597_2313451.jpg

壊れてもともとの気持ちで、あれこれ考え試行錯誤を繰り返し
考案から完成まで2ヶ月以上を経て、とりあえず完成したのが
この“インスタント・ネット・タイプ1”です。

地味な“flymagic”のロゴはご愛嬌ということで入れてみた。

本来であれば、茶系の手編みネットを付ける予定だが、あくまでも試作品なので
既製品でインスタント・ネット用のリリースネットを取り付けた。
耐久性が実証されれば、茶系で渋い手編みのネットを装着するつもりだ。

これから、僕がフィールドでテストして耐久性を実証する。

もしかしたら、1回目で壊れてしまうかもしれない・・・壊れたら破損した原因を把握して
またタイプ2・タイプ3へと進化させるつもりだ。

試作品と言えども、上品な出来栄えがとても気に入っている。
 
壊れたら悲しいので優しく扱いたいが、釣りの道具は使ってナンボ! 

さぁ~このネットの耐久性を試しに今週末はどこの川に行こうかな。


 “インスタント・ネット・タイプ1”の写真をクリックすると大画面でご覧になれます
[PR]
by flymagic | 2006-08-09 23:03 | Landing Net's