気ままにキャスト
flymagic.exblog.jp

北海道札幌市在住akaのflyfishingの気ままな話やフィールドの中で感じた事,思った事を気ままに綴ります。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
カテゴリ
Link
お気に入りブログ
以前の記事
最新のトラックバック
知床カラフトマス釣行2009
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
こだわりの二人が行き着い..
from Drag-Free Drif..
 3月4日  情報掌握。
from 「 飛 翠 。」 one's..
謹賀新年2008
from 北の毛針釣師-Blog
self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
カラフト
from walton_Blog
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
June 2 2007..
from Drag-Free Drif..
ブログパーツ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧
離岸流
最近の北海道は気温も高めで4月の陽気を感じる日もあった
そろそろ、海アメもサケ稚魚の釣りになるころだろう
先週は海アメに合えなかった、今日こそ海アメに合いたい
サイズはどうでもいい、1匹釣れれば十分満足

真夜中の国道は、気温が高い状況で降り積もった雪でピカピカになっていた
直線でも真っ直ぐに走れない道路を島牧江ノ島海岸に向けてランクルを走らせる
早く海アメに合いたい気持ちが右足に力を入れさせる・・・スピードメーターは
常時、真上をさしていた・・・
e0035597_22265096.jpg
現地でryoさんと合流して、離岸流のよく出る浜でロッドを振った

この海岸には3本の川が流れ込んでいて、遠浅で起伏のある地形が時には100mもの
離岸流を発生させる。
この離岸流の流れのスジには、海アメが流れに逆らうように浜の方を向いている
離岸流が出そうなポイントにラインをキャストしてテンションが掛かる場所を探す
離岸流にラインが乗ると突然ラインが「グゥ~ン」と重くなる
この重さ、つまりはテンションが長く掛かってる時にアタリがある

テンションが掛からないポイントではいくら粘っても釣れないという事が理解できた
そして、この釣りの基本はイワナの釣り

海アメが釣れる理由が10%くらいは分かったような気がする

奥が深い”海のアメマスのフライフィッシング”今日もまた夢中になってる自分がいる。

             flymagic field photo report
[PR]
by flymagic | 2006-02-25 22:27 | 海アメ
Power Dry Neoprene
僕が使用している、ネオプレーン・ウェーダーは現在3本
両面ジャージの細身のストッキングタイプとチタンを配合したブーツフット
それと、SIMMSの透湿性のストッキングタイプ
e0035597_20493132.jpg

厳冬期の本流や真冬の海アメには手軽に履けるブーツフットを使い
気温も水温も低い本流などで、出来るだけ水の抵抗を避けたい時は細身のストッキングタイプ
ポカポカ陽気だけど長時間のウェーディングやフロートを使った釣りでは
このSIMMSのPowerDry NeopreneWaderと使い分けている

”PowerDry NeopreneWader”には”POLARTEC”のファイバーが使われていて
ゴアテクスには適わないが、蒸れずらく快適な履き心地でいられる

しかし、この商品はすでに生産中止になってしまって、時々オークションで出品されてる
程度で殆ど入手困難だ、今思えば、生産中に2~3本纏め買いでもしておけば良かった
と後悔しているが、購入当時はこのウェーダーの性能を特に認識せず、ちょっと高いなぁ~
ぐらいの感覚で無知のまま購入した・・・後にとあるプロショップのオーナーから
このウェーダーの価値を教えられた・・・時すでに遅しか・・・

だが、このウェーダーにも欠点がある。
両面ジャージのネオプレーンはゴムをジャージ生地でサンドイッチしている構造なので
耐久性に優れ、フックなどの貫通も防いでくれるが、このSIMMSはゴムを使用していない為
膝に体重をかけて擦ったり、フックが刺さると簡単に破損する。
これらのトラブルを検証して多分、メーカーは生産を打ち切ったのだろう

SIMMSファンの一人として、是非この"PowerDry NeopreneWaders"
の復活を期待している。

追伸、SIMMSのネオプレーンには見た目が同じでもPOLARTECを使用していない
商品も存在します、オークション等で購入の際にはご注意を。
[PR]
by flymagic | 2006-02-22 21:32 | fishing tool
逆流
土曜日の島牧方面は荒れ模様のようだ
僕達は土曜を避けて日曜日に釣行を決めた
それは、平日の間に煮詰まりきった僕の精神的条件には好都合だったのかも知れない
e0035597_20543823.jpg

すでに、社内では生産しきれない量の物件をどうするか・・・そう考えて夜もろくに寝れず
アルコールに頼る毎日だった、おかげで胃の調子も悪く食欲も無くストレスは最高潮だった

浜に立って海を見れば気分も変わるだろう、そう期待して夜明け前に仲間達と
車を走らせていた。

海アメダービーも開催されているのと、前日の天候が厳しかった為か、江ノ島は混んでいた
僕等は空いているポイントに移動して、時間をずらして江ノ島海岸に入った

その時はすでに遅かった、僕等が別の場所でロッドを振っている時にこの場所を
群れが通過したようだ。結局、その後僕達もそして回りでも海アメの姿は見ることは無かった

僕は右に流れるラインを見ながら、この潮は釣れない潮回りではないだろうか?
と疑問を感じながらリトリーブをしていた
しばらくして、MyLochから僕に状況を聞くための電話が入った
その会話で、今日の潮では絶対釣れない事を伝えられた、僕は今日の釣りをこの時点で
諦める事にした。

潮の流れが釣れる時とは逆だった、でも何故逆流すると釣れないのだろうか?
逆流に逆らう魚はいないのか?これは、僕の社会生活と同じ法則なのかな?

                              flymagic field photo report
[PR]
by flymagic | 2006-02-20 21:21 | 海アメ
revenge
2006年も早いもので2月の中旬を迎えようとしている
相変わらず、毎週のように釣りには行くが結果が出ない・・・
結果だけがすべてじゃない事は百も承知だが、1月に川でアメマスをバラシて以来
運にも天候にも見放されているような感じだった。
天気が悪ければそれなりに、やれる場所を見つけて工夫してやるしかない
2日連続の釣行となった今週末、やはり天の神は又しても、僕に試練を与えた
e0035597_22584288.jpg

普通なら、こんな悪天候の中釣りに行く事は無いのだが、自分の気持ちが、納まらない・・・
海アメを早く釣りたい・・・去年は娘の受験に付き合って冬の釣りを我慢した、
3月になれば、仕事の都合で殆ど釣りに行く事はできないだろう。
そんな事情もあって正直、気持ちは焦っていたのかもしれない・・・

焦っても答えは出ない、少し冷静になってどうして釣れないか?どうしたら早く海アメに
出会えるのか? この2週間悩みまくった・・・ラインシステムやフライパターン、リトリーブ
潮の流れ、ラインのテンション・・・etc
釣れてる人は釣れてるのだから、やれば出来るはずだ。僕にセンスが無ければ
通い込んで、少ないチャンスを物にしれば良いだけだ。

いつも思うのだが、諦めが悪く、執念深い、この性格は自分でも呆れてしまう・・・

      詳しくは本家HPで⇒field photo report
[PR]
by flymagic | 2006-02-12 18:51 | 海アメ
陽だまり
天気図では等圧線の間隔が狭く、明日も明後日も釣りにはならないかな?
そう考えていた金曜の夜、友人からのお誘いで島牧海岸に向かうことになった。
e0035597_16393651.jpg

しかし、島牧海岸は北西の季節風がとても強く、僕等は浜に降りるのを諦めた
そして、向かったのは太平洋側の小さな漁港
だが、ここも島牧海岸に負けないくらいの身を切るような強風で
数投もしないで即、撤収!
e0035597_16395485.jpg

この強風で体感温度も外気温を大きく下回るなか
まだ、幼いアザラシが陽だまりでお昼寝中
散々、アメマス達を追い回したのか、漁港内には入れ替わり釣り人が来るが
アザラシが入った海には魚はいないようだった
e0035597_16401584.jpg

まあ、冬の釣りは何時もこんなもの・・・
でも、仲間達と過ごす有意義な時間は、釣りをする事よりも僕にとって
とても大切なものだと、再認識した一日だった。
[PR]
by flymagic | 2006-02-11 16:57 | 海アメ
half&half
先日のエントリーのコメントにdaikyuさんがGuinness BeerとDraft Beerをハーフ&ハーフ
で頂いたところ、とても幸せなひと時を過ごせたとの、ご報告があったので
幸せが大好きで単純な僕はさっそく試してみました
e0035597_23424621.jpg

これがまた、マイルドというか口当たりが優しくとても飲みやすい!
とてもお気に入りになってしまいそうです!こんな美味しいBeerを一人で楽しむのは
勿体無いので、みなさんに教えたくてまた同じような画像でエントリーです

ただ、前回とちがうのは、Guinness Beerを美味しそうに飲むモンカゲロウを
別のパターンにしてみました。
前回はウイングをシンセティックで付けたリアルパターンでしたが
今回のはCDCをカーフテールで包むウイングのモンカゲロウを乗せてみました。

飲みすぎには注意してお楽しみ下さいね。
[PR]
by flymagic | 2006-02-08 00:10 | aka流FlyTying
飲酒中のモンカゲロウ
大雪に泣かされた週末
息子の剣道大会やら雪かき、屋根の雪下ろしと何かと忙しいかったりして
今日は午後からYunさんSHUさんとMyLochに遊びに行ってアブラ売ってきたりして
釣りには行けなかったけど、充実した週末だったかな
e0035597_22542290.jpg

古いカタログで当時のScottやSAGEのロッドのスペックを調べてると、
ScottのGシリーズのページに何やら、ギネスビールを美味しそうに飲むモンカゲロウが
写ってるじゃないですか!これを見た僕は無性にこの、ギネスビールが飲みたくなり
冷蔵庫からギンギンに冷えたギネスビールをプシュ!
そしてグラスにそそいだギネスビールの
泡にFlyBoxからモンカゲロウのドライフライを取り出して、カタログと同じように浮かべてみた
娘からは、「パパ何やってんの!気持ちわりぃ~」なんて呆れられたりしてね!

そういえば、このフライしばらく使って無い
阿寒湖用のフライだけど阿寒湖ではまったく活躍してない
むしろ支笏湖では何度か、モンカゲのスーパーハッチにあって良い思いした記憶がある

でも、この記憶は10年くらい前のこと・・・最近なんだかマンネリ化してきた
僕のFlyFishing・・・新しい刺激と変化が欲しいと感じながら飲むギネスビールは
もう2杯目だったりして・・・でも何故かビールの味はマンネリ化しないね!
[PR]
by flymagic | 2006-02-05 23:20 | aka流FlyTying
Hirata Spcial
サイトを開いて、アレッ?と思われた方、大丈夫です、このサイトは”気ままにキャスト”で~す
akaのヤツ、珍しくもドライフライ巻いてるぞ~と思われた方、正解です。
僕は、ドライフライは年に何回も巻きません(汗)
とっ、珍しい事をしだすから、外は猛吹雪の真っ最中!
これじゃ~今週末の釣りはお休み決定です
Wild Turkeyをストレートで嗜みながら、タイイングしてると、
最早、気分は初夏の抜けるような青空の下にいる
e0035597_219598.jpg

先日、light_cahillさんのエントリーしたフライにまたしても
口を滑らしたばっかりに、お恥ずかしいフライをエントリーするはめに成ってしまった

今回、こっそりとご紹介いたしますフライは”Hirata Spcial”
昔、某フライ&ルアーの専門店のオーナーで知る人ぞ知る、”Eさん”に伝授して
いただいた、極秘のフライです・・・と言う事で、皆さんこっそりとお楽しみください

レシピは超簡単!フックはTMC2302の16番前後でOK!
ボディーは黄色のフロスを下巻きして、その上にPEARL TINSELでフロスの上から巻いて
これだけでは、2~3匹釣ったらボロボロになっちゃうから、
白くならない瞬間ヘッドセメント&ハーダニングでコーティング
テールはVersa Tallを2本それらしく、ウイングは上質のCDCのタンorホワイトを
これもそれっぽく付けて完成!10分もかからないで出来上がりで~す!

このフライは、ヒラタカゲロウのイマージャーを模したフライです
CDCのボリュームを調整して水面直下を流してもOK!
鱒達の反応が渋い時に半沈み状態で流してもGOOD!
PEARL TINSELと黄色いフロスのかもし出す、怪しい7色の輝きが良いのでしょうか?
僕にとっては、とても良い思いをしたフライです

過去に、湖でフロートでハーリングしていて手首を傷めるほどの大物もヒットしています
結果は切られましたが、その後もデカニジが出たけど潜られ、根に巻かれてブレイク!
百戦錬磨の大物も、何の迷いも無くアタックしてくる、釣れるフライです

この、Hirata Spcialで今シーズンは皆さんが良い思い出を作れれば幸いです
[PR]
by flymagic | 2006-02-03 22:28 | aka流FlyTying