気ままにキャスト
flymagic.exblog.jp

北海道札幌市在住akaのflyfishingの気ままな話やフィールドの中で感じた事,思った事を気ままに綴ります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
Link
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
知床カラフトマス釣行2009
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
こだわりの二人が行き着い..
from Drag-Free Drif..
 3月4日  情報掌握。
from 「 飛 翠 。」 one's..
謹賀新年2008
from 北の毛針釣師-Blog
self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
カラフト
from walton_Blog
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
June 2 2007..
from Drag-Free Drif..
ブログパーツ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
災い転じて・・・そして十勝川での出来事
e0035597_1745274.jpg

11月の最後の土曜日、友人達と4人で先週に引き続き訪れた初冬の十勝川。

前回はウエーダーの損傷で冷たい思いをしたが、そのウエーダーも自分で修理して
万全の体制で臨んでみたつもりだったけど、そんな苦労も報われず、
またしても冷たい思いをしてしまう事になろうとは、思ってもみなかった。
e0035597_14153620.jpg

PV専用の補修キットを購入して完璧に直したつもりでいたウエーダーだけど、
意気込んで水に足を入れて数分後には、じんわりと懐かしい冷たさが右足を包みだした。
そう・・・直ってないどころか、先週の釣りを終了する直前よりもヒドイ状態になっている・・・
いったい僕は何を修理したんだろう。

このままでは、まともにウエーディングの釣りは不可能と判断して
なるべく足を水に入れないようにテトラポットの上から釣る事にしてポイントへ歩く事にした。
e0035597_14154954.jpg

テトラポットの上からキャスティングを繰り返す。
上流からの風に乗ってラインはターンして水中でスイングをしても一向にアタリは無かった。
e0035597_1416161.jpg

きっとアメマスは川底に付いているんだろう思い、試しに上流側へチャートリュースの
フライを落とし、わざとラインを弛ませてフライを川底まで到達させた。
たまにテンションを張るような感じでフライを流すとスグにアメマスはヒットした。
e0035597_14161458.jpg

結局、1匹目にヒットしたアメマスはバレテしまったけど、
この場所で僕は7匹の十勝川のアメマスと出会うことになる。
e0035597_14162875.jpg

先週と変わらず、このポイントではアメマスの群れはまだ薄いようで
同行の友人達は苦戦を強いられていたようだった。
もしもウエーダーが直っていて浸水がなかったら、僕はきっとテトラポットの
上からは釣りをしていなかった事だろう。
e0035597_14163834.jpg

いくらテトラポットの上からとは言え、水にまったく足を入れないで釣りをする事は
注意していても不可能だったので、既に右足はずぶ濡れ状態で先週よりも
水温の低さが身にしみていた。
e0035597_14165143.jpg

こんな事もあろうかと、今回は替えのウエーダーや着替えを持参していたので
午後からの釣りも事なきを得たが、やはりウエーダーは浸水しない事にこした事は無い。
e0035597_1417712.jpg

昼食を済ませ、午後からポイントを移動して対岸に渡る事にした。

K・Bullet SD#10に7mのパワーヘッドを巻いたグリーンのリールをセットする。

このポイントは岸から立ち込んでも2mも入れば溺れそうになる。
背後に崖や枝が迫り、バックスペースは1.5m程もあれば良い方だろう。
e0035597_1417248.jpg

こんな場所ではシューティングスペイで狙うしかない。

久しぶりに挑戦するシューティングスペイだけど、最初はタイミングが合わず
アンカー切れを起こして後ろにフライを引っ掛けたりするもんだから、
少しはラインが飛ぶようになるまで、フライは結ばないで
キャスティングの練習になってしまった。
e0035597_1417351.jpg

少しは後ろにも引っ掛からないで前に飛ぶようになってからフライを結ぶ。
ペリーポークで出来るだけDループを小さくするようにキャスティングを始めた。
e0035597_14175981.jpg

数投もしないでアメマスがヒットしたが、途中でバレテしまった。
相変わらずヒットするのは表層ではなく底のような感じなので
カウントダウン10でユックリとそして長めのリトリーブでアメマスを誘った。
e0035597_211469.jpg

結局、このバックスペースの無いポイントで4匹のグッドサイズのアメマスに
出会うことが出来たが、期待していた60cmオーバーには僅かに届かなかった。
e0035597_14274178.jpg

10匹目のアメマスを釣り上げた後に、根掛かりを起こしてしまい
不運にも7mのパワーヘッドは川底に沈んでしまった。
やはり、シューティングヘッドは予備もいれて2本持っていた方が良いのだろう。

仕方ないので、12.5mのシューティングヘッドを巻き込んだリールに替えて
再び、アメマスを狙った。

11匹目のアメマスがヒットした時に、僕は今日の釣りを終える決心がついた。
e0035597_14182182.jpg

出来れば今シーズン、もう一度十勝川の畔に立てれば良いなと思う。
[PR]
by flymagic | 2008-11-30 22:14 | flyfishing