気ままにキャスト
flymagic.exblog.jp

北海道札幌市在住akaのflyfishingの気ままな話やフィールドの中で感じた事,思った事を気ままに綴ります。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
Link
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
知床カラフトマス釣行2009
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
こだわりの二人が行き着い..
from Drag-Free Drif..
 3月4日  情報掌握。
from 「 飛 翠 。」 one's..
謹賀新年2008
from 北の毛針釣師-Blog
self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
カラフト
from walton_Blog
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
June 2 2007..
from Drag-Free Drif..
ブログパーツ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
秋の十勝川そして昨年の悪夢、再び・・・
夢の中から、目を覚ますと樹氷の森の隙間から照りつける道東の太陽が眩しく感じた。
1時間も眠ったんだろうか、友人の車のリアシートで僕は今日の十勝川での釣りに
きっと胸を時めかせていた事だろう。
e0035597_19423979.jpg

予定していた時刻よりも遅れ気味に目的のポイントに到着して準備を済ませ
十勝川本流へと林道を歩き出す。

夜明けと同時に釣りを始めていた友人達は、もうすでに数匹のアメマスを
釣り上げていたようだけど、昨日よりは暖かいのに反応は断然悪いという話だった。
e0035597_1943695.jpg

きっと、この海に近いポイントでは潮の干満の影響を受けるので
潮の動きの悪い今日は厳しい釣りに成る事は概ね予測はしていたのだけど・・・
早速、友人の隣に入れてもらい十勝川のアメマスに出会うためのキャスティングを開始する。

するとスグに隣の友人のロッドがグッドサイズのアメマスによって大きな弧を描いた。
e0035597_19432695.jpg

久しぶりに見る十勝川のアメマスはワイルドで野生的な魅力に溢れて見えた。

しかし、僕のロッドには一向にアタリもカスリも無くドラマは起こらない。

集中しているキャスティングとリトリーブする左手から神経が何故か
右足の甲に行ってしまう・・・なんで冷たいんだろう。

そんな時昨年の今日とまったく同じ悪夢が蘇る
少し冷たいなぁ・・・という感覚は足首まで及び、挙句の果てに右足全体にまで
その冷たいという感覚に支配されだしてしまった。

起こったのは、釣りのドラマでなくウエーダー浸水という悲しくも冷たいドラマだった。

またやってしまった・・・ウエーダーの右足首部分に3cmほどの亀裂が入ってしまい
完全に使い物にならなくなってしまった。
友人に、事情を伝え今日の釣りをリタイヤする事を伝えると友人達は一緒に車まで戻って
くれて、僕のウエーダーに修復を手伝ってくれた。

友人が持参していた補修キットでなんとか使えそうな感じになったけど、
ウエーダーの中身も僕のズボンもソックスもずぶ濡れ状態・・・
友人達から、換えのズボンやソックスを借りて車の中で一人、ヒーターで
冷え切った身体を温めてウエーダーを乾かした。

状況が上向いたら電話すると言ってポイントに戻った友人達からは連絡は無く、
いったい僕は片道4時間もかけて、何しにここまで来たんだろう・・・という悔しさと
虚しさは、時間が経つにつれて絶対に釣ってやる!という気持ちに変わり、
まともに釣りをしていない僕はとうとうシビレを切らせて
午後2時近くになってから、半乾きのウエーダーを履き再びフィールドに向かった。
e0035597_19434993.jpg

十勝川本流に立ち、キャスティングを開始した。
今日は何度目のキャスティングだろう・・・ホントなら釣れなくても1日中ロッドを振りたかった。

グン!というアタリが来たのは釣りを再開して数分後の事だった。
期待していた60cmを超えるようなアメマスでは無かったけど、今日は大きさはどうでも良い。

一度諦めた釣りが出来て、マグレかも知れないけどアメマスが釣れたんだから、
僕はそれで十分に満足で幸せだったんだ。
e0035597_1944895.jpg

今日は友人達にとっても助けられた1日だった。
そんな感謝の気持ちを込めて、昼食時に入れた珈琲の味は今でも僕は忘れない。

そして、透きとおるように美しいアメマスの尾鰭も。

この場を借りて、友人達にあらためてお礼を申し上げます。

                        本当にどうもありがとうございました。
[PR]
by flymagic | 2008-11-24 20:51 | flyfishing