気ままにキャスト
flymagic.exblog.jp

北海道札幌市在住akaのflyfishingの気ままな話やフィールドの中で感じた事,思った事を気ままに綴ります。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
Link
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
知床カラフトマス釣行2009
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
こだわりの二人が行き着い..
from Drag-Free Drif..
 3月4日  情報掌握。
from 「 飛 翠 。」 one's..
謹賀新年2008
from 北の毛針釣師-Blog
self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
カラフト
from walton_Blog
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
June 2 2007..
from Drag-Free Drif..
ブログパーツ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
モノトーンの季節へ

今日の釣行を決めたのは雨に見舞われた、金曜日の日付も替わろうとしていた頃だった。

雨の翌日は、良い思いをした事がないのだけど前回も、アタリ一つ無く沈黙を保ち続けた
ブラウントラウトの泳ぐ湖は、これ以上悪くなる事は無いだろうと足を運んでみる事にした。
e0035597_19584379.jpg

季節は一雨ごとに、秋から晩秋へ、そして冬へと確実に進んでいるように思えるほど
目に映る景色は、前回、目にした油絵で表現したかのような紅葉とは打って変わって
どこか心に中にすきま風が吹くような、どことなく寂しげな色合いに変わっていた。

そんな中でも、生命力が溢れるんばかりに、燃えるように発色する広葉樹の葉の美しさは
温もりのある優しげな香りを、湖面を吹く風に運ばれて僕を癒してくれるかのようにも思えた。
e0035597_19591111.jpg

何をやっても釣れない時間は、音も無く過ぎていく
それは、まるで砂時計の滑り落ちる砂のように、物静かでごく自然体で。
過ぎていった時間が溜まれば溜まるほど、僕の集中力は無くなって行く、
2時間、3時間と釣れない時間は、今日もダメなのか・・・?
という不安要素だけを、どんどん膨らませてしまうものなんだろう。

今日は釣れる・・・絶対に釣るんだ!というプラス思考で物事を考えないと
上手く行かないのは、釣りも人生も同じなんだろうか。

クンクン!と、小さいアタリの後にフッキングしたのは、まだ幼い顔をした
小さなアメマスだったけど、この一尾で少し前向きに物事を考えれるようになったのだろう。
e0035597_19594316.jpg

モノトーンの季節は、僕にモノトーンの地味なフライの選択を示唆したような気がした。
コック・デ・レオンのハックルを巻いたフライを結んで1投目で釣れない時間は止まってくれた。

ブラウントラウトをこの手に抱いたのは、何ヶ月ぶりのことだろうか。
40cmには、わずかに満たないブラウントラウトだったけれど、僕は十分に満足だったんだ。
e0035597_2001151.jpg

季節は晩秋へ、そして僕は来週、思い入れの大地に足を踏み入れる。
モノトーンの季節は、僕にとって熱い季節になれば良いなと思っている。
[PR]
by flymagic | 2008-10-25 21:02 | flyfishing