気ままにキャスト
flymagic.exblog.jp

北海道札幌市在住akaのflyfishingの気ままな話やフィールドの中で感じた事,思った事を気ままに綴ります。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
Link
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
知床カラフトマス釣行2009
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
こだわりの二人が行き着い..
from Drag-Free Drif..
 3月4日  情報掌握。
from 「 飛 翠 。」 one's..
謹賀新年2008
from 北の毛針釣師-Blog
self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
カラフト
from walton_Blog
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
June 2 2007..
from Drag-Free Drif..
ブログパーツ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
小さい秋
三日月の輝きが眩しい深夜3時、
街灯の光と月の光で明るく感じる家の前の公園では、
樹木を支える当て木が、ミシミシと強風に吹かれ激しく音を立てていた。
まだ8月も始まって間もないのに、もう秋の気配を感じさせる北よりの乾いた風は強かった。

先々週に訪れてみた道東の小さな湖に、友人達を乗せランクルを走らせる。

峠を越え、道東特有の気の遠くなるような直線道路では、少しでも気を許すと
襲い掛かってくる眠気を軽快なトークで紛らわせながら、
僕達は今日の釣りへの淫らな欲望は大きく膨らむ一方だった事だろう。
e0035597_237847.jpg

先週は雨の降り続く日々に祟られた北の大地
この小さな湖には、いったいどれだけの雨が降り注いだんだろうか。
水面から、約1mの高さのところまで、白い土の汚れが着いている光景には
自分の目を疑わずにはいられなかった、激しい増水による急激な水温の低下、
おまけに、濁りは未だに完全には取れず十勝水系特有のグリーン色の水は
白と茶の絵具を混ぜたように、怪しい色合いを出していた。
e0035597_2372185.jpg

こんな日は釣れないもの・・・
そういう言葉で済ませてしまえば、潔く諦めも付く様な
性格じゃないのは自分が一番分かっている。
日も高く昇り、太陽光線が湖底の奥深くまで到達すると虹鱒達のライズが
あちらこちらで始まってくれた。
でも釣れない・・・今日の釣りは頭を抱え込んでしまうような、悩む釣りだったのかもしれない。
それでも、僕の数少ない引き出しの中から、戦略を選んで
けして大きくは無いけど、十数匹のニジマスをヒットさせる事ができた。
e0035597_2374282.jpg

ついつい釣れない釣りに焦りを積もらせると、いつも見ている風景や回りの空気を
感じる余裕が無くなってしまうものだ。
釣り自体に集中して没頭するのは、悪くはないと思ってはいるけど
せっかく都会の雑踏から離れて大自然の中にいるのだから、
ちょっとした心の余裕があっても良いのではないかと思う。
e0035597_1746143.jpg

ふと濃い緑に覆われた目の前の木々を見つめると、緑の中に赤く化粧したような
鮮明な広葉樹の葉が視界に飛び込んでくる。
標高の高いこの小さな湖では、一足早く秋の足音が聞えてくるようだった。
湖面を低空飛行する数え切れない程の大量のトンボの姿にもそんな秋の気配を
感じたのかもしれない。 もう少し時間が経つと、
このトンボ達も真っ赤に化粧をするんだろうね。
e0035597_238147.jpg

偶然にも見つけた、小さな秋。 ちょっと得したような気分です。
[PR]
by flymagic | 2008-08-10 19:17 | flyfishing