気ままにキャスト
flymagic.exblog.jp

北海道札幌市在住akaのflyfishingの気ままな話やフィールドの中で感じた事,思った事を気ままに綴ります。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
Link
お気に入りブログ
以前の記事
最新のトラックバック
知床カラフトマス釣行2009
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
こだわりの二人が行き着い..
from Drag-Free Drif..
 3月4日  情報掌握。
from 「 飛 翠 。」 one's..
謹賀新年2008
from 北の毛針釣師-Blog
self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
カラフト
from walton_Blog
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
June 2 2007..
from Drag-Free Drif..
ブログパーツ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
夏の空と太陽と虹鱒と
7月最後の日曜日
e0035597_224192.jpg

道東の湖を訪れてみた。
昨年の夏はここに通って、たくさんの虹鱒に出会う事ができのだが、
今回は水位があまりにも低くて、いつもなら警戒心の薄いここの虹鱒達も
相当神経質になっているようだ。
e0035597_22412687.jpg

それでも、フロートに乗る前に立ち込んでフライをちょい投げしただけで、一投目でこんな虹鱒が釣れちゃうんだから、やっぱりここのポテンシャルの高さには驚きは隠せない。
e0035597_22414664.jpg

それにしても、日差しが強くて暑い1日だった、
早朝は無風で夏の太陽の光がキラキラと湖面を輝かせていたのだけど、
風が吹かないと釣れないのは、どこの湖でも変わらないのかもしれない。
e0035597_2242173.jpg

2匹目の虹鱒が僕のビーズヘッドの黒い小さなフライを
気に入ってくれるまでには、1時間以上もかかったのだから。
e0035597_22421691.jpg

今日は何度、このリリース行為を繰り返したのだろうか?
いつも思うのだけど、自分の手から離れて元気に水中に消えていく鱒の姿に
どこか寂しげな思いを感じてしまうのは、僕だけなんだろうか・・・
けれど、サカナをキープする人にはこの気持ちは味わえないんだろうな。
e0035597_2242381.jpg

上流から、そーっと柔らかい風が湖面を通り抜け、濃いブルーの夏の空に
汚れなく白すぎる雲と、風にユラユラと揺れる木々の鮮やかなグリーンの
コントラストが夏の4重奏を奏始めるでると、数多くの虹鱒達が一斉に僕のフライに
アタックしてくるようにも思えた、それぐらい多くの虹鱒のファイトを楽しんだ。
e0035597_22425448.jpg

やがて風向きが変わり、優しく吹いていた風が強く吹き始めると鱒達からのコンタクトは
極端に少なくなってしまった。 
そんな時は釣れない時間を風に吹かれるがままに、物思いに耽る夏の午後も悪くは無い。
[PR]
by flymagic | 2008-07-29 23:11 | flyfishing