気ままにキャスト
flymagic.exblog.jp

北海道札幌市在住akaのflyfishingの気ままな話やフィールドの中で感じた事,思った事を気ままに綴ります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
Link
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
知床カラフトマス釣行2009
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
こだわりの二人が行き着い..
from Drag-Free Drif..
 3月4日  情報掌握。
from 「 飛 翠 。」 one's..
謹賀新年2008
from 北の毛針釣師-Blog
self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
カラフト
from walton_Blog
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
June 2 2007..
from Drag-Free Drif..
ブログパーツ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
極東の野生(前編)
4月とは思えない程、暖かい金曜日の夜
僕達は一路、日本最東端の地へと向かう事にしていた
今回のメンバーは、Yunさんyamameさんとしーさんと僕の4名。

昨年の秋に初めて訪れた、極東の止水域が僕達の目的地
札幌から約450kmの気の遠くなるような距離をランクルの荷台に
4名分の荷物と夢を乗せて深夜の高速を乗り継ぎ峠を越え走り抜けた。
e0035597_16291038.jpg

この日、別の友人グループもこの地を訪れる予定だったが
途中の電話連絡では、極東の手前を流れる本流の河口域で最初にロッドを出すそうだ
この本流は以前から気に成っていた、アメマスの超一級人気ポイントでもある。
帰りにでもちょっと寄り道してロッドを出す予定でいたが、まさかこの本流が
今回のメインになろうとは、この時点では誰も夢にも思わなかった事だろう。
e0035597_16325342.jpg

目的の場所に着いたのは、夜もすっかりと明けたころであった。
駐車スペースには、きっと釣り人の車が多くて、止めることが出来ないだろうと
心配していたが予想外にも車は1台しか止まってなく、
止水の水量も激減していて、厳しい状況はこの時点でハッキリと分かっていた。
e0035597_16301132.jpg

先行のフライマンが小型のアメマスを2~3匹掛けた以外は反応のハの字も無かった
事前情報で数週間前に大量のアメマスが死んで打ち上げられているという
情報をいただいたが、この止水のキャパから考えて2週間も経過したら
状況も変わっていることだろうと判断して釣行を決めたが
今回は予想を大きく外したようだ。
何故にこれだけ大量のアメマスが死んだのだろうか?
リトリーブする左手には生物の反応ではなく、死んだアメマスが根掛のように
引っ掛かってくる始末・・・
原因は酸欠なのか?それとも農薬の流入なのか?
完全に春の極東は壊滅状態、僕は仲間達に声を掛けて今回の釣行を計画したが
この時ばかりは、どうしようかと頭をかかえた・・・
せっかく誘ったからには、みんなで良い釣りがしたいのは当然であるが、
こればっかりは、仕方ないと言ってしまえばそれまでだが、
そんな安易な答えは僕は出したくは無かった。
e0035597_1937456.jpg

釣れないと分かっていても、もしかすると・・・という期待を込めてキャストを繰り返した、
ここで1匹でも釣れたら何かが変わるかも知れない・・・そう願ったが、極東の止水からは
何も答えは返って来なかった。

そこで、別の友人グループに連絡を取り、本流の状況を聞くと
フライの友人は朝だけですでに10匹以上のアメマスを釣り上げたと言うではないか!

僕達は残念だけど、この地にいても仕方ないのでサカナが居て釣れる確率のある
本流汽水域に行く事にし、極東を後にした。

きっと秋に来る頃には、この止水も回復してくる事を願って。

極東の止水から、来た道を戻る事30分
本流の駐車スペースは、車を止めることが出来ないくらい混んでいた。
到着したのは午前9時を回っていた。
この汽水域では潮位の変動ではアメマスの動きが大きく変わるのだが、
この日の干潮時刻はすでに過ぎ潮は止まっていると
聞いてここにやって来たが、わずかながら本流の流れの筋が見えた。

きっと干潮時刻のようには数は釣れないだろうが、今まで釣れていたのだから
サカナはいる、きっと釣れるだろうと神にも縋る気持ちで僕達は河口へと
1本の線路の上を延々と歩き続けた。
e0035597_16303947.jpg

初めてロッドを出す最東端の本流
雑誌などでは、よく紹介されている超メジャーなポイントでもある。

僕も一度で良いから、ここでロッドを振ってアメマスを釣ってみたいと思っていた、
まあ、皮肉ではあるが僕の小さな夢が一つ叶えられるのかと思えば悪い気はしなかった。

河口では、久しぶりにお会いする知人の方々や友人がロッドを振っていた
聞くところによると、祭りは終わったが単発で小型のアメマスはポツポツ釣れているという
お話であった。 僕達も間に入れさせてもらいキャスティングを開始した。

そして、答えはすぐに出た
明確には覚えてないが、4~5投もしただろうか・・・?
e0035597_1631957.jpg

流れの弱い汽水域なので、ラインのテンションを張る程度にリトリーブを繰り返した
左手に伝わる、グン!グン!グン!という3度のロッドティップの引き込みは
大きなアメマスが僕のフライを銜えた事を伝えていた。

周りの友人達からも、「デカイ!デカイ!」と嬉しい歓声が上がったていた・・・・

                   極東の野生(後編)へとつづく・・・・!
[PR]
by flymagic | 2008-04-21 22:54 | flyfishing