気ままにキャスト
flymagic.exblog.jp

北海道札幌市在住akaのflyfishingの気ままな話やフィールドの中で感じた事,思った事を気ままに綴ります。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
Link
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
知床カラフトマス釣行2009
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
こだわりの二人が行き着い..
from Drag-Free Drif..
 3月4日  情報掌握。
from 「 飛 翠 。」 one's..
謹賀新年2008
from 北の毛針釣師-Blog
self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
カラフト
from walton_Blog
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
June 2 2007..
from Drag-Free Drif..
ブログパーツ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
小さな湖への冒険
「シュルルルルー・・・シュルルルルルー・・・」
アンチリバースのリールから発せられる低く押さえ込むような逆転音

この初めて訪れた湖でヒットするレインボーの数を数えるのが可笑しくなるくらい、
何度も何度も、リールサウンドに酔いしれる
e0035597_21194380.jpg

巷では3連休の中日となった、日曜の早朝
友人の閃きと言うか、思いつきというか、彼の発案で僕ら3人は
今まで仲間内でも知り合いでも、誰も訪れた事が無い湖へと車を走らせた

地図にも載っていない、小さな湖
勿論、ここの情報も釣り方も、場所もアプローチの仕方も何も分からない
唯一の情報は国土地理院の白地図のみ、ただし場所が分かったからといって
湖へのアプローチが可能かどうかも分からない・・・
正に白紙の状態そして、それが僕らの冒険でもある
e0035597_21202789.jpg

現代は情報化時代
インターネットでは釣りの情報が飛び交い、雑誌や情報誌では釣り場が紹介され
そんな、情報が無ければ釣りに行くのが怖いというか、心細いというか
そんな情報化時代では、自分達の足で新しい釣り場を探すには勇気がいると思う。

多かれ少なかれ、僕も例に漏れず今回の冒険には正直、自信も無かったし不安だった

情報を多方面から、掻き集めてそれをポケット一杯に詰め込んで
準備万端で釣り場に行けば、それなりの釣りができるだろうしリスクも最小限に抑えられる。

でも、たまには少年の頃に戻って森の中を歩いたり、行ったことの無い山に登ったりと
ワクワクしながら、この丘の向こうには何があるのかな・・・?とか
森の中を探索して、小さな沼を見つけては大喜びした少年時代を思い出してみよう。
幼い頃の果てしなき好奇心や冒険心を再び、取り戻すのも良いのかなと思う。

何度も道を間違え、Uターンを繰り返してやっと見つけた小さな湖
車から降りて、周辺を走り回り湖へと降りる獣道を探す。
そして藪が少しだけ開けていて、湖へと降りれる獣道を見つける事ができた。

延々とフロートを担いで歩く事数十分、やっと湖畔に辿り着いた時には
僕ら3人は期待と不安に胸をトキメかせる、ワンパクな少年の顔に成っていた事だろう。
e0035597_21204778.jpg

とりあえず、フロートで使ういつものラインシステムを選択して湖へと漕ぎ出す
ホントにサカナは居るんだろうか?居たとしてもニジマスなのか、それともアメマスなのか?
そんな不安を解消するかのように、友人の一人が早速、ロッドを曲げている
急いで駆けつけて、ネットの中身を確認するとニジマスでは無くて
35cm程のホウライマスであった。

もう一人の友人も岸に上がって写真を撮っているようだ
後で聞くと、ドライフライで超特大級のニジマスが釣れたと興奮気味に話していた
1匹目から、こんな大きなニジマスが釣れると、ここの湖にはこんな大きなニジマスしか
居ないと思い込んでしまったそうだが、ここによく来る餌釣りの方にお聞きすると
こんなサイズのニジマスは見たことが無いそうで、
アベレージサイズは35cmくらいだと話されていたそうだ。
e0035597_2121450.jpg

とりあえずサカナは居る
いや、とりあえずなんてハンパ数では無いようだ

ベイトフィッシュは居ないようだけど、#4フックに巻いた“悪魔のフライ”にもニジマスが
次々にヒットする、もっと釣れるのでないかと思いフックサイズをどんどん小さくしていくと
ニジマスのサイズも、それに合わせるかのように小さくなっていく
#16フックまでサイズダウンしたが、そうするとお話にならないくらい小さな
ニジマスが釣れてしまう。

今日初めてここでロッドを振った感触では、#10フックに巻いたニンフが良好と判断した。

釣れて来るのは、ニジマスが8割、ホウライマス1割、ウグイ1割という感じであった

アベレージサイズ35cm・・・餌釣りの方が話されていたとうり
湖の上流域では、35cm前後のニジマスが次々へとヒットする
でも僕はここに来た時から、下流域の深場の方が気になってしょうがなかった

アベレージサイズはもう飽きた
もっと大きなニジマスを釣りたいという、淫らな欲望が僕を支配する

上流粋で釣りをしていれば、1日中ニジマスが釣れてる事だろう
でも、ここ一番で大物狙いの勝負に出るなら下流域だろうと判断して一人で移動を開始した。
e0035597_21212324.jpg

切り立った崖がそのまま湖面に突き刺さる、ここには岸に上がれる場所も殆ど無く
アウトレットへと流れ込む水流も速く、とても危険なポイントであった。
油断するとあっという間に、景色が変わっている。
フィンを漕ぐ両足にもついつい力が入る、1番気をつけなければいけないのは
サカナを掛けた時にやり取りに熱中して、自分の居場所を見失う事。
サカナを掛けたら、上流へと思いっきりフィンを漕ぎながら
自分のポジションを維持しなければならない。
(良い子のみなさんは絶対に真似しないでね)
e0035597_218815.jpg

雨の雫が一滴だけ落ちるかのような、「ピチョ!」というよく見ていないと
見逃してしまうような小さなライズが時々ある。
それも、岸というか崖際数センチのところである、これぞフロートフィッシングの醍醐味である
と、岸際から20mほど下がって気配を殺しながら#10のニンフを岸際5cm以内に打ち込む
一投目で40cmオーバーのホウライマスがヒット、ホウライマスの引きはニジマスより
パワーがあり、そう簡単にネットには入ってくれなかった。

こんなサイズは珍しいので一度岸に上がり休憩も兼ねて撮影してリリース
再びフロートに乗り、1投目で又しても40cmオーバーのニジマスがヒットした
e0035597_1872460.jpg

今日初めての、ニジマスの良型を岸に上がって撮影してから
再びフロートに乗り1投目、今度も40cm遥かに越えたニジマスがヒットした。

ここから、今日の爆釣劇場が始まった
もう写真なんて撮ってる場合じゃない、カメラをベストのポケットに仕舞い込んで
まるで、カラフトマスの絨毯がそこにあるのかと勘違いするかのように
釣っては放しを繰り返し、呆れるくらいニジマスを釣りまくった。

いったい、この湖にはどれだけの数のニジマスがいるのだろうか?
しかも、すべてが放流魚ではなくネイティブなレインボーだ。

その後も、岸際数センチにさえフライをターンさせて打ち込めさえすれば
良型のニジマスが連続ヒットするではないか、ワンキャストワンヒットで
下の画像のような尾鰭の筋肉が発達したニジマスが必ずヒットする、
というか勝手に釣れてしまう感じだった。
e0035597_186375.jpg

こんな面白い事を独り占めしてはいけないと、友人を連れて来て2人で
ニジマスの爆釣劇を思う存分楽しんだ

初めて訪れたこの湖で、まさかこんなに良型のニジマスが釣れるなんて誰が想像しただろう。
僕の経験からも、友人達の長いフライフィッシングの経験からしても
今回のように良型のニジマスが、こんなに釣れたことは無いし多分これからも無いだろう。

群れで移動するアメマスが沸いた、という事は聞いた事はあるけど
ニジマスが沸いたなんて事は聞いたことも無いし見たことも無い。

でも、信じられない事に実際に目の前でニジマスが沸いている。

僕達の冒険は想像を絶する、驚くべき結果へと繋がった
気温も下がり、無風で条件的には良くなかったとは思うが、約6時間で30匹程のニジマスが
釣れたのだから、活性が上がりニジマス達の捕食のスイッチがONになったら
この湖はいったい、どんな事になるんだろう
e0035597_21214090.jpg

いつもなら、釣れなくなったら帰る気になるんだけど
この日は、次々へと釣れ続けるなか強靭な精神力で僕の釣り欲を抑え込んで
今日の釣りに終止符を打った。

しかし、これが最後の一投なんて言いながら納得のいくサイズが出るまで
キャストし続けたのは言うまでも無かったのです。

岸に上がり、モタモタと後始末に遅れをとる僕を置いてきぼりにして
そそくさと車に戻って行った友人達の今日の釣り自慢をする満足げな大きな声と笑い声は、
森の中に響き渡っていた。

男は幾つになっても、フライロッドを持つと少年に戻れるんだね(笑)。
[PR]
by flymagic | 2007-07-15 21:23 | flyfishing