気ままにキャスト
flymagic.exblog.jp

北海道札幌市在住akaのflyfishingの気ままな話やフィールドの中で感じた事,思った事を気ままに綴ります。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
Link
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
知床カラフトマス釣行2009
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
こだわりの二人が行き着い..
from Drag-Free Drif..
 3月4日  情報掌握。
from 「 飛 翠 。」 one's..
謹賀新年2008
from 北の毛針釣師-Blog
self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
カラフト
from walton_Blog
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
June 2 2007..
from Drag-Free Drif..
ブログパーツ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
無重力と小宇宙
今日も愛用のフロートチューブにまたがり、初夏の湖へと漕ぎ出す
先週は蒸し暑かったこの湖も前日の雨と低温ですっかり夏を忘れてしまったようだ

前の週は良くても今週はダメ・・・まして、雨降りの翌日は良いことが無い
そんなことは百も承知の上で、ここまで一人でやってきたんだけど
わずかな期待を抱いてなかったと言えば、ウソになるけどね。
e0035597_21583549.jpg

無重力・・・フロートにお乗りの方なら1度はそう思われた方も少なくないと思う
重力を感じるとしたら、この上で鱒がヒットして力強く湖底に向けて鱒が潜り
ロッドをグイグイと曲げ激しいファイトをする時と
波にもまれ、バシャバシャとフロートが水面を叩く音を聞いたとき

地に足がついてないという、非日常の状況を感じる事が出来るのも
フロートアングラーの特権だろうけど、常にフィンを漕いでいる
脹脛と太腿には、かなりの負担が掛かってる事だろう、
その証拠に今日も太腿の裏側が激しく攣ってしまった
この時ばかりは、言葉では表現できない苦しみと、直らなかったら帰れないという
不安が過ぎり、ひたすらフロートの上でモガキ苦しむのです。
でも言い換えれば、持久力運動をしてる事になるんで
自分では健康の為と良い様に考えてるんです。
e0035597_21522031.jpg

ガッ!という超ショートバイトが多い日は釣れない日
ドキッ!として心臓が喉から飛び出しそうになるくらいの超ショートバイトが忘れた頃に
やってくる、その相手が大きいか小さいかは分からないけど
期待したり、想像したりとそれはそれで楽しいものだね。

今日は3匹のニジマスが釣れてくれた
e0035597_21514523.jpg

人が多く入った湖は相当プレッシャーが高いようで、アタリも皆無
風も無く、ベタ凪でお天道様がカンカンに照り付ければそれも当たり前なのかな

釣り人がいない静かなポイントを探して、悪魔のフライを引き続ける
先週と同じポイントで思惑どうりのニジマスをヒットさせたが
サイズは先週よりも少し小さいかな・・・まあ、今日はボーズを覚悟したくらい
渋かったから、僕にしてみれば上出来かもしれないね。

後半は、強風に見舞われ、湖面には白波が立ち始め
ゴムボートで釣っていたアングラー達は焦って戻りだしたけど、
重心の低いフロートは少々の波ではビクトモしないので逆にチャンスと考えたけど、
やはり、今日の渋い状況は代わり映えせずに沈黙を保つばかりだった
e0035597_2253092.jpg

湖面に立つ白波が山並みにもうすぐ隠れようとする夕日にキラキラと照らされ
対岸が逆光で黒ずんで見え、無重力状態の僕は宇宙から地球を見下ろしたら
きっとこんな景色が広がってるんだろうかと、まだ見た事が無い世界を想像してみた

そして、そこには僕だけの小宇宙が広がっていた。
そんな世界を見ることが出来る、釣りってやっぱり好きだなぁ
[PR]
by flymagic | 2007-07-03 00:29 | flyfishing