気ままにキャスト
flymagic.exblog.jp

北海道札幌市在住akaのflyfishingの気ままな話やフィールドの中で感じた事,思った事を気ままに綴ります。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
Link
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
知床カラフトマス釣行2009
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
こだわりの二人が行き着い..
from Drag-Free Drif..
 3月4日  情報掌握。
from 「 飛 翠 。」 one's..
謹賀新年2008
from 北の毛針釣師-Blog
self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
カラフト
from walton_Blog
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
June 2 2007..
from Drag-Free Drif..
ブログパーツ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
阿寒湖2007 3日目(雄阿寒岳と大きなアメマス)
静寂をたもった湖面を雄阿寒岳の山裾からゆっくりと昇る朝の日差しがキラキラと照らしだすと、水面に真っ直ぐに伸び落ちるフライラインの着水による波紋が
釣れない予感をどこからか連れてくる。
ほんとうは、もう少し風が吹いてくれたら、僕の気配も気付かれずに済むのに…
そう、ピーカンでベタ凪の朝は良い思いをさせてくれた事がない…

いつかは奇跡が起こってくれないものか、と願いながらも新鮮な朝日を浴びながら
湖面にただ、佇んでいるだけでも気持ちが穏かになっていく。
e0035597_2075430.jpg

スキー場でピステンプーリーの助手席に乗せてもらい荷台にROSSIGNOLの板を括り付け
新雪が降り積もった夜明け前のゲレンデを登ると向かいの山の陰から
コントラストが鮮やかな朝日が燦燦と山々を照らしだした・・・・
そんな昔の記憶が、今日の朝日を浴びていると鮮明に蘇ってくる

夕日の雄大さや月光の神秘的な光も好きだけど、短い時間でしか味わえない
朝日には全ての生物の生命の鼓動を躍動させる不思議な力があると思う。
e0035597_17443050.jpg

阿寒湖では予測の付かないドラマは突然おとずれる
黒い悪魔のフライを思いっきり遠投して、20カウント
タイプ2のシンキングラインはゆっくりと沈みながらも、湖底に貼り付いたのを
見計らってスローなロングストロークでリトリーブを開始して直後の出来事だった
「グングンッ!」とアメマスの確かなアタリと共にロッドを立てた
「重い!」 それがこのアメマスの第一印象
あまりにもトルクフルな首振りがロッドを伝わって、僕の心臓まで揺れ動かすようだ。
近くまで寄せた時に水面に出た巨大な尾鰭が、朝日の逆光で黒ずんで見える
激しく抵抗する、この大きなアメマスはそう簡単にネットに納まってはくれなかった
e0035597_21374667.jpg

2度、3度とランディングに失敗したが、気持ちは落ち着いていた
何時もなら、大きなサカナをかけるとついつい慌ててしまうが柔らかなな朝日に
照らされてる僕の時間はユックリと流れ、大きなアメマスとのやり取りを楽しむ事ができた。
e0035597_20195239.jpg

どんな状況でも、何が起こるか分からない、阿寒湖のドラマはとてもスリリングだ

・・・・・・・・・・阿寒湖2007 4日目へとつづく!
[PR]
by flymagic | 2007-06-12 22:56 | flyfishing