気ままにキャスト
flymagic.exblog.jp

北海道札幌市在住akaのflyfishingの気ままな話やフィールドの中で感じた事,思った事を気ままに綴ります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
Link
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
知床カラフトマス釣行2009
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
こだわりの二人が行き着い..
from Drag-Free Drif..
 3月4日  情報掌握。
from 「 飛 翠 。」 one's..
謹賀新年2008
from 北の毛針釣師-Blog
self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
カラフト
from walton_Blog
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
June 2 2007..
from Drag-Free Drif..
ブログパーツ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
阿寒湖2007 2日目(黒いフライ)
僕は阿寒湖で黒いフライを結ぶ時は虹鱒を釣りたいと思う時。
阿寒湖での2日目、この日も例に漏れず虹鱒を釣りたいという欲求が沸いてきたかどうか
はあまり覚えてはいないが、フライボックスから黒のマラブーのフライを取り出していた。
正直に話せば、いつも結ぶオリーブ系にフライでは
まったく釣れなかったのが1番の理由だけど・・・
e0035597_17312451.jpg

阿寒湖に向かう前日の夜に、屈斜路湖用に巻いたフライだけど
皮肉にも屈斜路湖では黒はハズレて阿寒湖で多く使うオリーブ系のフライが
僕に限らずみんな良く釣れていた.
フライを始めだした頃に雑誌に載っていた阿寒湖で釣れるというフライを見よう見真似で
巻いて阿寒湖に持ち込んだが、そんなビギナーの僕に簡単に阿寒湖の魚は釣れなかった。
その時にお会いしたかなり年配のフライマンの方に
アメマスはオリーブ、ニジマスは黒だよ、この色を使い分けてポイントを休ませながら釣れば
きっと良い魚に出会えるよと教えられて以来、この2色のカラーを阿寒湖では
使い分けニジマスがヒットする時はやはり黒系のフライが多かった事を思い出した。
e0035597_17193069.jpg

そんなフライをプレゼンテーションするのは、K・Bullet XD#8
10.6ftのセミダブルハンドだけど、シングルの9ftに1ft半のエクステンションパットが
付いていると言えば分かり易いだろうか、通常はグリップの上を持って手返し良く
キャストして飛距離が欲しい時はグリップの下側を持ってキャスト
デープウェーディングでホールが出来ない時はダブルハンドで・・・と
杉坂さんが阿寒湖の為に開発した画期的なロッド、勿論1日中片手で振っていても
疲れる事無く快適に釣りを続けられるのも素晴らしい、当然ロングキャスト&パーフェクトターン
性能も優れていて、実際によく釣れるロッドだと思う
e0035597_22163949.jpg

6月上旬とは思えないほど気温も上がり天気が良すぎるといえば贅沢な話だが
釣りをするには、ちょっと天気が良すぎる阿寒湖での2日目
黒のマラブーのフライは面白いようによく釣れた
e0035597_17201559.jpg

支笏湖や屈斜路湖などの透明度の高い湖では黒が効くという話は聞いたことがあるが
阿寒湖のような濁りのある湖でも、こんな陽気の日は強い日差しの影響で
透明度が高くなる現象が起きてるのだろうか・・・?
e0035597_17211657.jpg

備えあれば憂いなし、黒のマラブーを巻いてきて良かったとニヤ付きながら
この事実をLt_cahillさんに話したら、僕の黒いマラブーを奪われた事は言うまでも無い・・・
e0035597_17213283.jpg


                           ・・・阿寒湖2007 3日目へとつづく!
[PR]
by flymagic | 2007-06-12 00:19 | flyfishing