気ままにキャスト
flymagic.exblog.jp

北海道札幌市在住akaのflyfishingの気ままな話やフィールドの中で感じた事,思った事を気ままに綴ります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
Link
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
知床カラフトマス釣行2009
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
こだわりの二人が行き着い..
from Drag-Free Drif..
 3月4日  情報掌握。
from 「 飛 翠 。」 one's..
謹賀新年2008
from 北の毛針釣師-Blog
self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
カラフト
from walton_Blog
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
June 2 2007..
from Drag-Free Drif..
ブログパーツ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
阿寒湖2007 1日目(阿寒湖編)
鏡のような湖面の屈斜路湖を後にして、僕らは阿寒湖へとランクルを走らせた
途中、阿寒川でロッドを振ってみたけど、今日は土曜日
きっとたくさんの先行者が入ったのだろう、阿寒川は淡々と流れ沈黙を保っていた

阿寒湖に着くと宿泊先のエメラルドにチェックインして、少しだけ休憩をしながら
夕方までどこでロッドを振るか考えた、阿寒湖では風向きがポイントになるが
あまりにも風が強すぎるような気がした

風裏になって、尚且つ風が溜まるポイントは無いかと阿寒湖での過去の記憶を辿る
時間も午後4時、渡船はもう時間がない

そうだ、あそこなら釣りになるかもしれない
そう思い立ち僕は硫黄山川近辺を釣る事にした

Lt_cahillさんに、一級ポイントのインレットをゆずり
僕はワンドの端のアシの生えてるポイントに立った

ここは、僕が初めて阿寒湖のアメマスと出合ったポイント
とても思い出深く、ここに立ち込む度に思い出が鮮明に蘇ってくる

ワンドの端には小さな流れ込みが2つ入っている
川とは言えない程の、ほんの小さな流れ込み
そんな流れ込みにさえ、ワカサギの群れが水面が真っ黒になるくらい群れているじゃないか
e0035597_22185017.jpg

今年の阿寒湖は間違いなくワカサギが多すぎる
産卵で川に上がる群れには混雑してる川を避けて、流れ込みのようなチョロ川や
ひどい場合は湖の砂浜で産卵活動を終えてしまうありさま・・・
当然ワカサギの死体は湖面や湖底にビッシリと漂い、阿寒湖は食卓テーブルから
溢れんばかりのご馳走で、鱒達の食に対する欲求も満たされすぎてるようだ。

釣れてない阿寒湖の現状はワカサギの異常発生が一つの要因となっているようだ

そんな状況下でも、阿寒湖は裏切らない
阿寒湖で初めて出合ったアメマスと同じポイントで、あの日と同じように
阿寒湖の黄金のアメマスは僕のフライにアタックしてくれて、最高のファイトをしてくれる
e0035597_22191146.jpg

釣れないと言っても、それは上を見れば限がない
釣れてない状況では、1尾づつの希少価値という価値観に対する個々の拘りさえあれば
釣りを楽しむ事ができるんだと思う。

そしてこの日の夜、チームK・Bulletの総会は日付が変わるまで楽しい話は尽きる事無く
延々と盛り上がった・・・僕とLt_cahillさんは2日目の早朝の釣りは諦めて温泉ライフ
を満喫する事にした・・・阿寒湖2007 2日目(黒いフライ)へとつづく!
[PR]
by flymagic | 2007-06-10 00:18 | flyfishing