気ままにキャスト
flymagic.exblog.jp

北海道札幌市在住akaのflyfishingの気ままな話やフィールドの中で感じた事,思った事を気ままに綴ります。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
Link
お気に入りブログ
以前の記事
最新のトラックバック
知床カラフトマス釣行2009
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
こだわりの二人が行き着い..
from Drag-Free Drif..
 3月4日  情報掌握。
from 「 飛 翠 。」 one's..
謹賀新年2008
from 北の毛針釣師-Blog
self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
カラフト
from walton_Blog
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
June 2 2007..
from Drag-Free Drif..
ブログパーツ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
阿寒湖ミーティング
5月の冷たい雨は夜まで降り続いていた

これから友人と車を走らせ向かうには、約1年ぶりに訪れる阿寒湖
きっと僕は、「1番好きな釣り場は?」と聞かれると、「阿寒湖ですね」と答える事だろう

「なんで?」の問いには、「原始の時代から世代交代を繰り返すネイティブなアメマスが好きだからです」と答えを返す事だろう
阿寒湖に住む、“黄金のアメマス”に拘りを感じる僕は、
阿寒湖はflyfishingの聖地だと思っている

夜明けとほぼ同時についた阿寒湖は薄らと霧がかかり幻想的な風景だった
漁協の桟橋の前で仲間達と待ち合わせの時間まで僕はフラッと一人で湖畔を歩いてみた
車の温度計で0℃と冷え込んだ朝の乾いた冷たい風は都会では感じる事ができない
贅沢品のような気がする、ここに来ると僕の中の全てのものがリセットされる

4時30分、仲間達が集まりだした

初めてお会いする方、blogでリンクしてくださってる方、ほとんどの方が初対面だけど
同じ趣を志し、同じ阿寒湖で釣りがしたいという共通の気持ちを持っている方達だから
スグに初対面と言う緊張感はなくなっていた

総勢8名、higeさんshinyaさん、aizawaさん、Yunさん
ムラさん110-kenさんウーリーさんと2艘の船に別れて乗り
ポイントまで船で渡してもらう事から今日の釣りが始まった
それにしても、何時も思うのだけど同行する友人達は釣り氏としてのオーラが激しく出ている
人たちばかりで、そんな中に僕なんかが居ても良いのかな?と思う
e0035597_20562287.jpg

向かったのは、通称“石カラ”去年釣ったヤイタイ島の北側に位置する
アシが多く生えアメマスが付きそうな絶好のポイントでもある
この時期は水温も比較的高く、春を釣るなら外せないポイントだと思う
e0035597_20565393.jpg

早速、アシ際まで立ちこみキャストを開始する
遠投は必要の無い気がした、アシ際の駆け上がりがヒットポイントだと賭けた
20mほどタイプⅡのラインを飛ばしオリーブにチャートリュースを数本トッピングした
マラブーのフライをタップリと沈ませた
数投もしないで、黄金のアメマスがヒットした
サイズは阿寒湖の今時期のアベレージサイズだろうか、アメマス特有の引きが
僕の心を躍動させ釣り欲を一層沸かせてくれる
e0035597_20571260.jpg

友人達も連続ヒットが始まったようだ、良型を連発しだした
大勢の友人達と“釣れる阿寒湖”のステージは休む時間が勿体無いと感じるくらい
楽しい時間を過ごさせてくれる

3日前までは気温も20℃まであがり阿寒湖での釣りも活性の高いアメマス達によって
盛り上がっていたと聞いていたが、真冬並みの寒気が入りアメマス達の活性も
落ちるかと思っていたが、余計な心配だったようだ
e0035597_21302392.jpg

午前中に釣れてくるアメマスは大きくても40cmほど
中には30cmにも満たない、今まで釣った事が無いサイズも顔を出してくれる
まぁ、それはそれで良いのだけれど
そんなポイントでも、時おり大型のアメマスも回ってくるようで
僕のロッドにも50cmほどのアメマスがヒットした
が、手前のアシにリーダーを巻かれてしまい止ってしまった
手を伸ばしてリーダーを持って解こうと思ってもグチャグチャに絡んでいて解くのは無理のようだ、ちょっと引っ張った瞬間にリーダーの太い所から切れてしまった・・・
スグそこにいた大きなアメマスは瞬時に湖底の奥深く走り去って行った

残念だけど、この勝負はアメマスの勝ちということで諦める事に。
e0035597_20573391.jpg

午前中だけで10匹のアメマスを釣る事ができたが、サイズはアベレージよりも小さかった
昼食は持参したカップヌードルとオニギリ
お湯を沸かしてもらって、アツアツのカップヌードルをいただくと寒さをここで改めて感じる

友人達と会話を楽しみながら、しばし休憩。
午後からは晴れるという天気予報も外れたようで阿寒湖の上空には依然として
寒気が居座ってるようだ

1時間ほど休憩して午後も頑張ろう
そう意気込んで阿寒湖に立ちこんだが、活性はさらに落ちていたようで
なかなかアタリが無い、そんな中でも相変わらず鬼のように釣りまくるshinyaさんに
場所を譲っていただき、数匹のアメマスを釣る事ができた
ここでまた、釣れる気になってきた
少しずつ移動するアメマスの群れについて行き
単発ながらポツポツとアメマスをヒットさせていると
グンッ!と今までに無い重たいアタリと共に、瞬間的に走り出すパワーのあるアメマスが
ヒットした。右へ左へと走られ、ぐるりと自分の周りを1周されやっとネットに納まった
e0035597_21165262.jpg

shinyaさんの黄色いメジャーで計測していただき50cmの認定を頂いた
本日最大のアメマス

迎えの船が来る30分前の出来事
寒い中、頑張った甲斐があったのかと、ホッとするとともに午前中にアシの巻かれて
取る事が出来なかったアメマスを釣り直したと思うと嬉しさが込上げてくる。
e0035597_2058424.jpg

宿に戻ってからは食事の後、ホテルが用意してくれた宴会場で夜遅くまで
釣り談義に盛り上がり、お酒も進み、みんなの笑い声は不眠不休で釣りをした
後とは思えないくらい、明るく元気だった・・・この友人達はやっぱり
釣りもお酒もツワモノぞろいだね。
[PR]
by flymagic | 2007-05-21 23:40 | flyfishing