気ままにキャスト
flymagic.exblog.jp

北海道札幌市在住akaのflyfishingの気ままな話やフィールドの中で感じた事,思った事を気ままに綴ります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
Link
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
知床カラフトマス釣行2009
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
こだわりの二人が行き着い..
from Drag-Free Drif..
 3月4日  情報掌握。
from 「 飛 翠 。」 one's..
謹賀新年2008
from 北の毛針釣師-Blog
self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
カラフト
from walton_Blog
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
June 2 2007..
from Drag-Free Drif..
ブログパーツ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
バッテリー(車の愛情シリーズその4)
新車で購入してから、早いもので5年が経過し走行距離も65000キロを突破した
わが愛車、ランドクルーザー100。

1ナンバー登録であるがために、2年目以降は毎年の車検を受けなければならないのです。
今回の車検でバッテリーの交換をしなければならないのかなと、秋ぐらいから思ってました。

秋も深まって、もうそろそろ淡水の釣りも厳しい季節を迎えだした頃から
朝一番のエンジンスタートがどうもスムーズで無くなってきました。

前のランクルハチマルではバッテリーは7年ももったので今回も多少エンジンスタートが
スムーズでなくても、まだまだ使えると自己暗示にかけていたのが甘かったようです。

直列6気筒4200ccのディーゼルエンジンのクランクシャフトを回すには
12Vでは不可能なので、スターターモーターを回す時だけは24Vの電圧が
必要なのです。よってディーゼルエンジンを搭載したランクル100のエンジンルームには
105Dというサイズの特大のバッテリーが2個積まれているのです。
始動時のみ24Vでその後は12Vに戻るシステムが採用されているので
過去のランクル40系~60系や70系のように、電装品のアフターパーツが使えないという
悲劇的な事にならないのは、ありがたい装備です。
e0035597_15164744.jpg

先月の月末の月曜日の事
土曜日は仲間の車で釣りに行って、日曜日は家でゴロゴロ・・・
2日間ランクルのエンジンは回ることなく、冷え込んだ月曜日の朝。
出勤しようと車庫に降りて、ランクルのスターターモーターを回すが・・・「」なのです。
バッテリーがたった2日間エンジンをかけなかっただけで完全に上がってしまったのです。
数日前から、もうそろそろ限界かなとは思い早めに車検の予約を入れといたのに・・・
とりあえずジャンプしてエンジンをかけようと、おやじのランクルハチマルを借りに行ったら
時間が無いから、ハチマルを乗っていけと言うので、ランクルハチマルでとりあえず出勤成功。

さて、単にバッテリーの寿命と結論を出して良いのだろうか?
オルタネーターの不良で充電不足が続いてたのだろうか? いろいろなケースが考えられるので、デーラーのフロントマンの友人に電話して症状を伝えると、あっさり「今時期の電磁仕掛けのパーツを多用してる車ならバッテリーは5年が良いとこだよ。」との答えが返ってきた。

コンピューターを多用してる最近のハイテク車両はエンジンを停止していても
バックアップに電流が流れているので、寿命が短いそうです。
ちなみに、トヨタの最高級乗用車のセルシオなんて10日間くらいエンジンをかけないだけで
バッテリー上がりを起こすそうです。

これで納得。
1度、あげてしまったバッテリーは充電しても性能は元どおりにはなりません。

その場しのぎで偲んでも、釣りに行って帰りにエンジンがかからないなんて事になったら
まったくシャレにばらないので、勇気をだして決断、バッテリーを2個購入することにした。

購入するのでも、カー用品店に並んでいる在庫のバッテリーは信用できません
長期在庫であれば、比重が落ちて容量がほんとに12Vあるのか疑問です
バッテリーを購入する際は、信頼できる電装品屋さんから買うか、メーカーから
新しいのを取り寄せてもらうのが、間違いない購入方だと思います。

今回は信頼できる友人のショップで問屋さんから取り寄せてもらって自宅まで
出張してきてもらい、バッテリーの交換作業を行った。
バッテリーの交換の際には、端子を安易に外してしまうと、ナビやコンピューター関係の
メモリーがリセットされてしまうので注意が必要です。
シュガライターソケットから、バックアップ電源を引いてから必ず作業しましょう。

余談ですが、液不足で電極版が露出してしまったバッテリーも使えないと思ってください。
バッテリー液の消耗が激しいバッテリーでも、カー用品店で売られている、補充液を足して
とりあえずは使用できますが、補充液は凍らない水と考えてください。
バッテリー液(希硫酸)は事実上、販売されていません。

今流行の兆しがある、乾式バッテリー(液なし)は通常のバッテリーの約2倍の価格ですが、
寿命は2倍以上です。1台の車を長く乗るつもりならおススメですね。
ただし、不注意であげてしまったら充電する事はちょっと厄介です。

人里離れた渓深く、林道を進むあなた・・・バッテリーは大丈夫ですか?
[PR]
by flymagic | 2007-02-17 01:02 | LanCru100