気ままにキャスト
flymagic.exblog.jp

北海道札幌市在住akaのflyfishingの気ままな話やフィールドの中で感じた事,思った事を気ままに綴ります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
Link
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
知床カラフトマス釣行2009
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
こだわりの二人が行き着い..
from Drag-Free Drif..
 3月4日  情報掌握。
from 「 飛 翠 。」 one's..
謹賀新年2008
from 北の毛針釣師-Blog
self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
カラフト
from walton_Blog
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
June 2 2007..
from Drag-Free Drif..
ブログパーツ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カンバン娘とカンバンおやじ
冬の北海道洞爺湖

きっと釣りをしていなかったら、来る事もなかっただろう
札幌から車で2時間程、往復約200キロの近場と言えるこの湖を友人達と4人で訪れてみた
e0035597_1916123.jpg

過去20年ほど前の洞爺湖は賑わっていた
漁業権があるこの湖はドナルドソンが養殖されイケスから飛び出したのか
それとも放流されていたのか、大型のドナルドソンが数多く釣れたという話は聞いた事がある。

その名残か、放流事業の成果なのかは知らないけれど
今はサクラマスやニジマス、ドナルドソンの湖として釣り人を魅了してやまない・・・らしい。

漁業権の設定がされているという事は遊魚料の徴収があるということでもある
払わなくて済むのであれば、それに越した事は無いのだが
フィールドに立つと何処からとも無く現れる、月光仮面のおじさんほどカッコよくないが
手ぬぐいでほっかぶりをした、カンバンおやじが遊魚料を集めに来る

一人当たりの遊魚料は¥1,200
という事は4人で¥4,800となる。
それで1日で10人の釣り人が来たとして¥12,000で1ヶ月で¥360,000か・・・
などとセコイ事を考えたくなるのは、きっと僕だけじゃ無いと思う。

ところで、漁協さん。
その集めた遊魚料はいったい何に使ってるの?
やる事はちゃんとやってるのでしょうか?
e0035597_19161852.jpg

そんな疑問や不満の声をよく聞くことがある
あの有名な阿寒湖でも遊魚料の徴収はあるけど、釣り人の為のトイレや駐車場が
設置されていて、良心的な配慮が見られる。 それに魚も当然濃い。
しかし、この洞爺湖にはキャンプ場のトイレが多く見られるが、どれも“冬季閉鎖”の
カンバンが掲げられている。 不思議なところだと疑問に思ってしまった。
e0035597_19163411.jpg

今日は釣れるつもりで来た訳でなく、洞爺湖の可能性を信じてみたかった

友人が湖畔に腰掛て美味しそうに呑む、ワンカップの日本酒“カンバン娘”を横目で
見ながら、漁協のカンバンおやじは出なくて済むなら出ないでもらいたいが、
洞爺湖のカンバン娘であるサクラマスには、早く合いたいという気持ちは
クルクルと回る風車のように空回りするだけだった。
e0035597_1916491.jpg

今後、この観光地でもある洞爺湖が道東の阿寒湖のように町ぐるみで遊魚という
議題に取り組み、観光とアウトドアやフィッシングの共存と活性化を考え、
屈斜路湖のように魚影が濃くて釣り人が遠方から遥々訪れたくなる
活気ある湖へと良い方向性に向かっていく事に期待したい。
[PR]
by flymagic | 2006-12-09 19:16 | flyfishing