気ままにキャスト
flymagic.exblog.jp

北海道札幌市在住akaのflyfishingの気ままな話やフィールドの中で感じた事,思った事を気ままに綴ります。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
Link
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
知床カラフトマス釣行2009
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
こだわりの二人が行き着い..
from Drag-Free Drif..
 3月4日  情報掌握。
from 「 飛 翠 。」 one's..
謹賀新年2008
from 北の毛針釣師-Blog
self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
カラフト
from walton_Blog
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
June 2 2007..
from Drag-Free Drif..
ブログパーツ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
屈斜路湖2006 vol.1
初めてロッドを出す屈斜路湖
僕自身の屈斜路湖に対するイメージは魚の住めない湖という事
近年、地元の釣り人達の有志団体によって放流が盛んに行われ
釣れているという話は聞いてはいたが、それよりも釣れないイメージの方が強かった
e0035597_19471499.jpg

しかも、今週末は台風並みに発達した低気圧が北海道を通過する
東京から遥々訪れたterryさんYunさんabuさんと僕は低気圧に後を追われるように
屈斜路湖に向けて金曜の夜、札幌を出発した
きっと、今まで経験したことの無い最悪のコンディションになるだろうと予感しながら
e0035597_201095.jpg

屈斜路湖に着いたのは、まだ夜も明けぬ時間帯だった
まだ、低気圧の影響は受けてないようだ、嵐が来る前に早めに勝負を仕掛けなければ
僕は少々、焦っていたのかも知れない。 今思うと初めて訪れる湖で速攻勝負なんぞ
出来るわけが無い。

いつの間にか、雨が降り出し風は物凄い勢いで吹きだしていた
いつ終了をせざろうえない状況では、少ないチャンスを逃す訳にはいかない

まずは、地元の釣り人で釣れてる人を観察する
これが、一番てっとり早い

スペイキャストでニジマスを狙っていた地元のフライマンにニジマスが来た
いる、ニジマスは目の前の駆け上がりを回遊している
さっそく、Yunさんがラインシステムやフライの情報を聞きに行った

答えは、まったく予測していなかったラインシステムだった・・・
僕はそのようなラインの手持ちは無い
e0035597_19481959.jpg

さっそくYunさんはそのラインシステムを取り入れニジマスをヒットさせた
釣り始めてから4時間以上僕にはアタリも無い、タイプ2のシンクレートでは
100%ヒットしないという結論を出し、車に違うラインを取るに戻ろうと
Yunさんに車のキーを借りようとしたら、彼は僕にシンクティップラインを貸してくれた
それは、シンキングリーダーでは無くて4.5mにカットしたタイプ6相当のラインだった

その間、abuさんは限界を感じリタイヤ、続いてterryさんも寒さに耐えられずリタイヤ
荒れ狂う屈斜路湖の湖岸には僕とYunさん、地元のフライマンの3人しかロッドを
振ってない・・・この過酷で横殴りの暴風雨の中でフライフィッシングをするという
行為はある意味クレージーな事なんだろうか・・・でも楽しくて仕方が無い。

面白い、今フライフィッシングが出来る事が嬉しい
これが、暴風雨に打たれながらの僕の気持ちだった・・・ちょっとマニアックすぎるかな?
e0035597_2023136.jpg

タイプ2のシューティング・ヘッドにお借りしたラインを直結する、その先にフロロカーボンの
3号と1号を2.5mほど付けてキャストを開始したが、オーバーヘッドでは
重すぎてこの強風下では振ることは出来ず、シューティングスペイに切り替えてみた
失敗キャスを繰り返しタイミングが掴めて来た、ラインが潮目まで届き沈んでいく
15カウントくらい待ってリトリーブを開始した、今までとは違うラインの重さが感じられた

来た!釣り始めてから6時間が経過した午後2時20分の事であった
屈斜路湖で初めて出会ったニジマスはシルバーメタリックの高速系のイメージ
放流マスなんぞとは言えない、完璧すぎる魚体だった。

屈斜路湖のニジマスは美しすぎる・・・
e0035597_1948481.jpg

午後2時、釣れない僕はYunさんに「もう止めましょうか?」と問いかけていた
彼は「もう少しやりましょう!3時まで!」と答えが返ってきた
きっと、釣れない僕に気を使ってくれてるのだろか・・・? でも、嬉しかった。

時おり左にいる彼の方を振り返ると、ニヤニヤしながら楽しそうにリトリーブをしている
きっと僕の顔も同じようにニヤケテルんだろう・・・リトリーブする手に何時アタリが来るのか
ワクワクする気持ちが楽しくて止められない。
目も開けられない程の強風に打たれても、その状況で釣りが出来る事が楽しい!

そう思っていると、また来た!
おお!これは想定外。さっき釣ったニジマスよりも立派なウグイだった。

ウグイをリリースして数投目、またブラックボディーのゾンカーをニジマスが咥えた
e0035597_1949413.jpg

午後3時、屈斜路湖に後ろ髪を引かれる思い出、仲間達の待つ車に
帽子を飛ばされながら、地を這うように暴風雨に耐えながら戻った
e0035597_19495379.jpg

明日はいったいどんな事になるんだろう?このインレットはきっと釣りにならないだろう・・・
仲間達のロッドも明日はきっと綺麗な弧を描いてくれるだろうか?

東京から来たterryさんにシルバーメタリックに輝く、
ニジマスを抱きしめてもらいたいのだが・・・明日の予報は今日よりも過酷な事を告げていた。

                       flymagic field photo report
[PR]
by flymagic | 2006-10-09 23:44 | flyfishing