気ままにキャスト
flymagic.exblog.jp

北海道札幌市在住akaのflyfishingの気ままな話やフィールドの中で感じた事,思った事を気ままに綴ります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
Link
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
知床カラフトマス釣行2009
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
こだわりの二人が行き着い..
from Drag-Free Drif..
 3月4日  情報掌握。
from 「 飛 翠 。」 one's..
謹賀新年2008
from 北の毛針釣師-Blog
self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
カラフト
from walton_Blog
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
June 2 2007..
from Drag-Free Drif..
ブログパーツ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
オホーツク/カラフト・キャンプ vol.2
携帯にセットした目覚ましが今日のカラフトマスの釣りの始まりを告げている
午前3時、寝不足と昨日の疲れが残っているようだ、背中から腰にかけて固まったように痛みがある。 しかし、そんなことも言っていられない。
今日こそは、みんなでカラフトマスをかけて楽しく賑やかな釣りがしたい。

そそくさと身支度を済ませ、リアカーにキャンプ道具一式を積み込んで
駐車場に置いてある車に放り込んだ。 

昨日と同じ浜に向けて出発である。

浜の駐車スペースには、すでにたくさんの車が置いてあった・・・少々出遅れたかもしれない。
僕は適当に支度をすませ、仲間達の釣る場所をキープする為に先に浜に降りた、
思ったとおり、昨日僕が釣った場所には数名のフライマンがロッドを振っていたが
岩場の岬には誰もいない、ラッキーだ! なぜ、こんなベストポイントが残っているのだろう
河口付近にはたくさんの人が入っているが、釣れるポイントは沖に向かって流れが出てる
この岩場の岬近辺しかないはずだと確信している。

僕はとりあえず、ロッドもセットせずに空いてる岩場に入った
隣には浮きルアーマンが2人いたが、釣れるはずが無いのでスグに居なくなることだろう
そうすればみんなで固まって爆釣できると読んだ。

仲間が浜に降りてきた、ベストポイントを譲り僕は釣れるはずの無い空いてる河口に入った
e0035597_2023264.jpg

釣り始めてスグにMyLochのこまっぴーさんにカラフトマスがヒット!
なかなか手強そうだ、僕も急いで駆け寄りラインバスケットでランディングを手伝った
感極まり、祝福の熱い抱擁をし喜びを分かち合った。
e0035597_20233253.jpg

続いて、yamame先輩のロッドも良い曲がりをしている。
連続ヒットだ、前日はバラシ地獄に嵌っていたが、いよいよ本領発揮のようだ。
e0035597_2023504.jpg

そうこうしているうちに、前日の午後から参加している、としーさんにも
待望のカラフトマスがヒット!なんとも楽しそうにファイトを楽しんでいた。
e0035597_2123797.jpg

次から次へとカラフトマスの連続ヒットを演じる仲間達。
やっとカラフトマス釣りの賑やかな釣りになってきた
e0035597_2151088.jpg

少々遠慮していた僕も釣りの意欲が沸いてきてしまった
前日は6匹のカラフトマスを釣り上げたが今回の釣行の目標は2桁だ
さっそく間に入れてもらいキャストを開始した
相変わらずラインに良いテンションがかかる、ググッといきなりラインが重くなったと
思ったら、数秒後にはカラフトマスのアタリがある
e0035597_2110995.jpg

この日はホントによく釣れた、ワンキャストワンヒットなんてことも現実に起きる
3連続バラシで昨日で運も使い果たしたかなと思ったのも束の間
思いどうりにかかるカラフトマスに僕は時の経つのを忘れて思いっきり楽しんだ
e0035597_2029135.jpg

5匹目のカラフトマスを釣り上げ、トータルで11匹のカラフトマスを手中に納めた時は
さすがに、もう満足だった。
しかし、時間はまだ午前9時前だ。 せっかくだからもう少しカラフトマスの引きを
楽しもうと思い、煩わしいラインバスケットも着けずに岩場の際に向けてキャストを再開した。

2連続ヒットをしたが、連続のバラシだ。
多分、集中力は切れていたのだろう。 もう一度、気合を入れなおしキャスト。
ラインがピーンと張った瞬間にヒットしたが、yamame先輩とお祭りになってしまった
ロッドを倒し、yamame先輩にラインを交わしてもらう
その間、リールは物凄い勢いで逆転を続けている、僕はこいつは楽しめそうだバラシても
良いから遠くまで走らせようと思いリールのドラグを調整したが、一向に止まらない。
並みの重さでは無い正体不明の固体のいいなりになり、バッキングラインも相当出てしまった
遥か沖で時おりジャンプして姿を見せたが、かなりの大きさのカラフトマスだと思った
e0035597_2034716.jpg

波に押してもらうようにして、距離を詰めていく・・・ランニングラインがリールに巻かさる
距離まで詰めた時に、もしや・・・? と思った。
波打ち際まで寄せて、こまっぴーさんに取り込みを手伝ってもらい、やっとこ上げたのが
84センチ7キロのオホーツクサーモンだった
e0035597_2118840.jpg

今まで多くのサーモンを釣り上げてるが、サーモンは最大で77cmが僕の記録
こんなに大きなサーモンは見た事が無い、海の釣りは何が起こるか分からないから
昔から好きだった。
今回のオホーツク・カラフトマス・キャンプを締めくくる12匹目に釣れたサーモンに
心底感動と感謝の気持ちでいっぱいだった。
楽しく良い思い出をたくさん胸に仕舞い込み、僕らはオホーツク海を後にした。

flymagic field photo report
[PR]
by flymagic | 2006-09-05 23:05 | flyfishing