気ままにキャスト
flymagic.exblog.jp

北海道札幌市在住akaのflyfishingの気ままな話やフィールドの中で感じた事,思った事を気ままに綴ります。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
Link
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
知床カラフトマス釣行2009
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
こだわりの二人が行き着い..
from Drag-Free Drif..
 3月4日  情報掌握。
from 「 飛 翠 。」 one's..
謹賀新年2008
from 北の毛針釣師-Blog
self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
カラフト
from walton_Blog
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
June 2 2007..
from Drag-Free Drif..
ブログパーツ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
阿寒湖2006 vol.2 (6月8日午後の部)
相変わらず気温は上昇せず、今にも降り出しそうな空模様な8日の午後
ほとんど一睡もしないで、釣りをしてたので昼食後は睡魔が襲いかかってくる
Lt_cahillさんは、午後からも、杉坂研治さんのトラウト・ポンドの会員さんたちと
ホテル前でF・ワカサギを浮かべてみるという。
僕は夕マズメの時間までホテルの部屋で仮眠をとらせてもらうことにした。
札幌の友人たちから3連続で電話が着たりして、眠りについたのは
午後2時を過ぎていたと思う。

夢の中で携帯が鳴ってる・・・夢か現実か判別できないほど深く眠っていたようだ・・・
Lt_cahillさんからの連絡で4時10分前に目覚めた。

話によると4時から渡船で大島に渡るという
杉坂さんの予想では、夕方にはユスリカピュ-パへのライズがあるはずなので
大島に行くという結論を出したらしい。
電話で話を聞きながらも、僕の思考回路も体もまだ眠りから覚めてないようで
全く釣るという意欲が沸いてこない、きっと釣れる気がしなかったからだろうか。
しかし、せっかく来たのだから無理してでもロッドを振ろうと奮起し
そそくさと準備を始めた。 持参のロッドは9フィート#6にタイプⅡのSTヘッド
を巻き込んだリールをセットした。
e0035597_2016162.jpg

大島に渡ったのは僕を入れて6人。 杉坂さんは別の島を見に行く為、別行動だ。
最初に全員で大島の西側を攻めた。しかし、ライズもマバラでアタリも無い状況だった。
あたり一面の濃霧で、せっかくの景色も楽しめず黙々とキャストを繰り返した。

大島の北側を見ると潮目が1本出来ていた。
僕は大島の北側に1人で移動して潮目に向かってキャストを始めた
潮目までは届かなくても、手前にも流れのスジはできてるはずだ、きっとそのスジに
アメマスの群れは入ってくると信じてタイプⅡのラインでリトリーブを繰り返した。
着水して5~6回引くとラインが重く感じる層があった、暗くて見えづらいが
そこにも潮目ができてるはずだ、釣れる予想は確信に変わって
僕のキャストは自身満々になっていた・・・周りが薄暗くなり始めた頃、潮目に差し掛かった
ゴールデンオリーブのマラブ-に黄金のアメマスがヒットした!
41cmだけど今年のアメマスは太いと聞いていたが、コロンコロンに太っていて
心地いいファイトをしてくれた。
e0035597_2017613.jpg

きっとまだ群れはいると思い急いで撮影してリリース、すぐにポイントに
立ち込んでキャストを繰り返した。
数投後に同じところでアタリがある。喰いは渋いようで掛かってもバレてしまう。
潮目の中ではスローリトリーブを試してみたら、アメマス特有の
吸い込むような感覚を感じた・・・
その瞬間、しっかりフッキングした46cmのアメマスが湖面を割って出た!
6番ロッドがバットから曲がりディスクドラグのリールが逆転して、心地いいサウンドを奏でる
e0035597_20174359.jpg

阿寒湖での至福のひと時を独り占めだ。
湖の西側にいる仲間達に大声でここで釣れてる事を伝えると数名が北側に移動してきた。
僕はもう満足なのでこの場所を譲る事にした。
e0035597_20183216.jpg

しかし、残念ながらアメマスの群れは通過してしまったようだ。
潮目の始まる北西の岬のかどまで行けば、きっと駆け上がりの突き当たりで
行き場を失ったアメマス達が釣れるだろう・・・でも、初めての大島で
地形もよく把握していない、午後7時近くなるともう回りは暗くて足元も危険なので、
この時点で阿寒湖初日の釣りを終了する事にした。

                            阿寒湖2006レポート2日目へつづく・・・

          本家のHP、flymagic field photo report は
          画像がそろい次第、後日スペシャル版でUPします

[PR]
by flymagic | 2006-06-12 21:11 | flyfishing