気ままにキャスト
flymagic.exblog.jp

北海道札幌市在住akaのflyfishingの気ままな話やフィールドの中で感じた事,思った事を気ままに綴ります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
Link
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
知床カラフトマス釣行2009
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
こだわりの二人が行き着い..
from Drag-Free Drif..
 3月4日  情報掌握。
from 「 飛 翠 。」 one's..
謹賀新年2008
from 北の毛針釣師-Blog
self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
カラフト
from walton_Blog
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
June 2 2007..
from Drag-Free Drif..
ブログパーツ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
阿寒湖2006 vol.1 (6月8日午前の部)
6月7日、日付も替わろうとする11時30分過ぎ
ランドクルーザーに道具一式を放り込んで、高速道路を阿寒湖へ向けて直走る。
新川インターまで家から5分とかからない、夕張インターを降りたのは日付が替わって
車の時計は0時10分を表示していた。石勝樹海ロードを走って日勝峠に差し掛かる頃には
霧がかかりだした。
日勝峠の7合目付近から濃霧で視界は100メートルほどだろうか、とても走りづらい。
下りも案の定、ひどい濃霧で一人での深夜の峠越えは心細かった。
無事に日勝峠を越え、十勝清水から道東道に入り池田インターで降りて足寄峠を
走ってる頃には空がほんのりと明るくなってきた。

1年ぶりの阿寒湖に着いたのは、午前3時30分。
きっとLt_cahillさんは、まだ寝てる事だろう。
e0035597_16224074.jpg

ここは、阿寒湖の硫黄山川インレット。
僕のお気に入りの場所だ、約束の時間までここでちょっとだけやってみよう。
鳥の囀り、湖面を流れる風の匂い。 阿寒湖に来たという実感が溢れていた。
しかし、湖面が炸裂する事は無く、巨大な鯉が時おり大きな顔を出しているだけだった。
この時、去年の釣れない阿寒湖を思い出し、予想どうり嫌な予感が確信に変わっていた。

回りもすっかり明るくなり、低く分厚い雲は阿寒湖の景色を隠し続けていた。
Lt_cahillさんに連絡したら、ホテルの前でF・ワカサギを浮かべてるとの事。
僕はこの場を離れ、彼の待つ場所に移動する事にした

岸に上がり、湖を見渡してる紳士が見えた。
僕とおそろいのSIMMSのネオプレーンを履いている・・・Lt_cahillさんだ!
ニヤニヤしながら近づく僕を見つけて彼も微笑んでくれた。
初めて会うが、ブログで何度もコメントを繰り返してコミニュケーションをとっていたから
スグに意気投合して、前日からの阿寒湖の状況を説明してくれた。

思っていたとうり、状況は最悪で昨日も大島に数名で渡ったが釣れたのは2匹だけ・・・
その状況を立証するかのように、6月の阿寒湖とは思えない釣り人の少なさだった。
いつもの年の6月なら有名ポイントには大勢の釣り人が立ち込み、コンディションの良い
アメマスを連発してるのが普通かだと思うのだが、釣れてない情報を仕入れて
阿寒湖の来る時期を6月末から7月2週目あたりに絞ってるという事らしい。

とりあえず、魚の顔が見たい僕らは阿寒川に行く事にした。Lt_cahillさんは去年、
この川で、大きなニジマスをバラシてるのでリベンジがしたいそうだ。
e0035597_16501450.jpg

先日の雨の影響で増水気味の阿寒川
気温も低く、活性も悪いだろうと思い僕は釣り下りを選択した。
阿寒川を2人で釣り下り、僕は流れの速い深みに出くわした
ガン球をつけて、ウエットフライからヘビーウエイトのニンフに交換して底を流した。
ゴンッ!と押さえ込むアタリが来て合わせると大きなニジマスが急流の中から
飛び出して下流に下りだした、SCOTTのG885はバットから曲がりabelのリールが
森の中に響きわたる。 「来たよ」と叫び、Lt_cahillさんを呼ぶと彼は飛んできて
一眼レフで写真を撮ってくれた。 Lt_cahillさんに写真を撮ってもらうなんて、
なんとも嬉しいかぎりで感無量な気分だった。
e0035597_16584989.jpg

釣れたのは44.5cmのニジマス。
放流の面影は隠せないが、幅広で良いファイトを見せてくれた。
僕はこの時点で、今回の釣行はこの1尾で十分だと正直に思った。

それから、数分後にLt_cahillさんに凶暴なニジマスがヒット!
e0035597_1763367.jpg

僕は急いでラインを回収してダッシュ! 今度は僕がファイトシーンを撮影する番だ。
コイツも強い!なかなか寄ってこないし下流へ突っ走る!
Lt_cahillさんは至福のひと時を満喫するかのように、時おり余裕の笑みを浮かべる。
流石はベテランだ、僕なら悲鳴を上げて大騒ぎするのに・・・これは、大人のやり取りか?
Lt_cahillさんが釣り上げたのは、僕と同じようなサイズのニジマス。
e0035597_17122935.jpg

お互い阿寒川での今シーズン初めてのニジマスを祝福しあい、硬い握手!
この、厳しい状況で釣れて良かったと至福のひと時を語り合った。

その後、Lt_cahillさんはもっと下流へ。 僕は釣れた近辺を流す事にした。

Lt_cahillさんの釣れたスグ下でまた同じようなサイズがウエットフライに出た。
対岸のエグレをスイングすると深みから猛スピードで追ってくる
咥えるのを見ながらのサイトフィッシングだ。
結局そこでは1匹ゲットに2匹バラシ、1匹ファイト中に切られの結果。

僕は阿寒川で2匹の元気なニジマスの顔を見る事ができた。
e0035597_17243261.jpg


ここで、初日の午前の部は終了。
お昼ご飯は、2人で阿寒湖畔にある揚げ物屋さんで天丼をほうばった。

                             午後の部につづく・・・・

本家のHP、flymagic field photo report は画像がそろい次第、後日スペシャル版でUPします
[PR]
by flymagic | 2006-06-11 17:33 | flyfishing