気ままにキャスト
flymagic.exblog.jp

北海道札幌市在住akaのflyfishingの気ままな話やフィールドの中で感じた事,思った事を気ままに綴ります。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
Link
お気に入りブログ
以前の記事
最新のトラックバック
知床カラフトマス釣行2009
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
こだわりの二人が行き着い..
from Drag-Free Drif..
 3月4日  情報掌握。
from 「 飛 翠 。」 one's..
謹賀新年2008
from 北の毛針釣師-Blog
self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
カラフト
from walton_Blog
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
June 2 2007..
from Drag-Free Drif..
ブログパーツ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
二十四の瞳
腕時計の針は、午前8時を指していた。
すでに日も高く昇り、鏡のように磨かれた湖面をキラキラと眩しく照らしていた。

この時点で、すでに6匹のブラウントラウトと出会い
休憩をかねて写真を撮ったり、甘納豆のおにぎりを食べたりと
休日の朝は、充実感でいっぱいだった。

先週は土曜も日曜も昼も夜も無く働き続けた
今日も仕事になる予定だったが、思ったより進行が良く予定どうり休日にする事ができた。
来週は会社の行事できっと釣りに行く事は出来ないだろう。
だから今日はおもいっきり釣りを楽しむつもりだった。
e0035597_1949686.jpg

止まっていた空気が、そーっと動き出し水面を揺らしだした・・・風が強くなる気配だ・・・

「バシャ!」と岸際数センチで飛沫があがる
急浮上して羽化途中の水生昆虫を捕食しているのか?
浅瀬に溜まる、小魚にアタックしているのか?
いずれにせよ、捕食行動するブラウントラウトは釣りやすい

今日のブラウントラウトはニジマスかと錯覚するほどスピードがあった。
40cmを超えるブラウントラウトは容易にネットインする事が出来ない。
ジャンプ、潜水力トルク、スピード、そして体高・・・
どれをとっても、2週間前のブラウントラウトとはまったく別の生き物だ。

2時間で6匹を釣ったまでは良いが、それから後が続かない
とても長い時間が流れ、アタリも無く急に強くなった南風に
6番のWFラインは失速するばかりだった。
e0035597_19533610.jpg

27mのWFラインがとても短く感じる日とラインのテンションが多く保てる日。
こんな日は、きっと自分の調子が良い日なのだろうか?

今日は、とてもWFラインが短く感じた日だった

釣れない時間の後にはもう1度ドラマが訪れた・・・
今日の12匹のブラウントラウトは終始激しいファイトを演じてくれた。

彼ら12匹の二十四の瞳には僕のフライはどう見えたのだろう・・・?
フライは数回、いろんなパターンに交換したが
釣れたのは、一つのパターンだけ・・・

このフライを考案した、偉大な“神”と呼ばれる男と来月に阿寒湖で対面する予定だ。

勿論、フライボックスにこのフライを詰め込んで阿寒湖のワイルドなアメマスと
幅広のニジマスに挑むつもりだ。
[PR]
by flymagic | 2006-05-27 20:43 | flyfishing