気ままにキャスト
flymagic.exblog.jp

北海道札幌市在住akaのflyfishingの気ままな話やフィールドの中で感じた事,思った事を気ままに綴ります。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
Link
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
知床カラフトマス釣行2009
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
こだわりの二人が行き着い..
from Drag-Free Drif..
 3月4日  情報掌握。
from 「 飛 翠 。」 one's..
謹賀新年2008
from 北の毛針釣師-Blog
self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
カラフト
from walton_Blog
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
June 2 2007..
from Drag-Free Drif..
ブログパーツ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ハリスの重要性
フロロカーボン・ハリス
釣り人なら、一度は聞いたことがある名前だろう
フロロカーボンハリスの原材料はポリフッ化ビニリデンというプラスチック
このフロロカーボン・ハリスは“クレハ”が30年以上前に開発したもの
フロロカーボン・ハリスを原材料のポリフッ化ビニリデンからラインとして
生産できるのは世界で“クレハ”だけである
e0035597_115334.jpg

僕は以前、大手釣具メーカーのフロロカーボンを使っていたが、釣具店の友人に
強く薦められて、この“クレハ”のフロロカーボン・ハリスを使う事のなった

フロロカーボン・ハリスのメリットは水中で魚から見え難い事、
結び目の強度がナイロン製よりも強く、比重もナイロン製よりも重たい為に
沈みやすくシンキングラインとの相性も良い。しかもターンオーバーもしやすく、
伸びも少ないためアタリも明確にとりやすい。

ナイロン製のティペットも使わない訳ではなく、画像の右上の“フロック・ヘヤー”という
ナイロン製のティペットをドライフライの釣りでは唯一使っている
この、“フロック・ヘヤー”はフロロのように強くしなやかで使いやすい

とても高価で、そこまで必要かと思われるかも知れないけど、磯釣りや船釣りでは
とても重要なのは、このハリス部分だ。 彼ら餌氏達は、この部分にとても神経とお金を使う

フライフィッシングでも、このハリスに当たるティペットにもっと神経を使うべきだと思う
釣れる、釣れないはフライから40cmくらいのハリスに大きく左右されると信じてる

フライやフライラインの重要性は承知だが、それ以上に、このハリスの重要性は侮れない。
[PR]
by flymagic | 2006-04-08 01:31 | flyfishing