気ままにキャスト
flymagic.exblog.jp

北海道札幌市在住akaのflyfishingの気ままな話やフィールドの中で感じた事,思った事を気ままに綴ります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
Link
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
知床カラフトマス釣行2009
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
こだわりの二人が行き着い..
from Drag-Free Drif..
 3月4日  情報掌握。
from 「 飛 翠 。」 one's..
謹賀新年2008
from 北の毛針釣師-Blog
self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
カラフト
from walton_Blog
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
June 2 2007..
from Drag-Free Drif..
ブログパーツ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
道北の幻 【第十二章】
e0035597_2014141.jpg

今シーズンも、こうして道北の幻シリーズを投稿できる事に感謝しなければならない事だろう。

そう今年もイトウの釣りが始まる季節になったんだと。

5月16日の深夜、道北へ向けて友人と二人でランクルを走らせる。

いつもなら高速で士別剣淵までのルートを選んでいたが、今回は深川経由で朱鞠内湖付近をとおるルートを走ったが、こちらのルートの方が距離も短いし時間も短縮出来るように思えた、それに何よりも燃費が良い。
士別剣淵ルートで往復すると、ランクルでも無給油で走り切れるが燃料はギリギリで、ちょっとヒヤヒヤする事になる。
今回は無給油で往復できて、燃料もかなり余裕があったのだから財布にも優しいルートなのだろうね。
e0035597_2015181.jpg

道北の本流に着いたのは夜も開けて間もないころだった。
ここで見る東の海から登る朝日はいつ見ても、その日のドラマを予感させる。
ただ、放射冷却という言葉が今の時期に合うかどうかは別として0℃という気温には、ちょっと戸惑った(笑)。
e0035597_20153184.jpg

僕達は河口のポイントに並んで入ったが、予報では弱風だったけど上流から吹く風は時間の経過と共に勢いを増し、それはやがて前方から強く吹き続けた。
e0035597_20161157.jpg

朝方は0℃だった気温も急激に上昇して、午前中で15℃とウインドストッパーのフリースは必要ないのかもしれない。

平日の釣りとあって釣り人もまばら・・・遠くで釣ってた人が何か釣れたようだけど、イトウかアメマスか・・・何かは分からない、僕の見る範囲ではロッドが曲がったのは、その釣り人だけで活性の低い日だった。
e0035597_20164734.jpg

朝の冷え込みから急激な気温の上昇による雪代の流入による水温の低下、それに強風と悪い条件が重なったからだろうか。

ゴゴッ!グン!グン!と突然ロッドに生命反応があったのは、いつもの通り突然の事。
それは一瞬でイトウのそれでは無い事は分かったが、僕にとっては今シーズンの初ヒットで今更ながら今回が今年の初釣行なんだから。
e0035597_20172310.jpg

そこそこのサイズのアメマスだったけど、この川のサイズと手に持つ13番ロッドからしたら、やはり太いイトウで無ければ何も似合わないと思った。

ただ、ハンドキャッチした穢れ一つない純白なボディーのアメマスは嬉しかった事には代わりない。

残念ながらイトウには会えなかったけど、幻を追う釣りにこの結末は付いて回るものだから仕方ないね(笑)。


                                    5月17日 道北の本流にて
[PR]
by flymagic | 2013-05-20 20:17 | イトウ