気ままにキャスト
flymagic.exblog.jp

北海道札幌市在住akaのflyfishingの気ままな話やフィールドの中で感じた事,思った事を気ままに綴ります。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
Link
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
知床カラフトマス釣行2009
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
こだわりの二人が行き着い..
from Drag-Free Drif..
 3月4日  情報掌握。
from 「 飛 翠 。」 one's..
謹賀新年2008
from 北の毛針釣師-Blog
self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
カラフト
from walton_Blog
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
June 2 2007..
from Drag-Free Drif..
ブログパーツ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
11時間の沈黙
e0035597_23283974.jpg

6月11日午後3時。
午前4時から釣り始めて11時間がたったその時、リトリーブする左手がガツン!と止まり
ティボーリールの逆転音は鈍く低く唸り、大きなイトウとの数分間の格闘が始まる。

ここは日本海に流れ込む道北の本流の下流域。
e0035597_23285674.jpg

川幅はいつも通っている道北の東側の本流の4倍も5倍もある。
僕がここを訪れたのは今回で2回目、1度目は下見程度の時間しかなく30分くらいロッドを
振っただけだった。
当然、30分や1時間ロッドを振ったくらいでイトウが釣れるほど甘いポイントでは無い。
このポイントに詳しい帯広の友人にいろいろ教えてもらったが、全国からここに通ってくる方達の情報によると10回通ってきて1本釣れたら良い方だと言う。
あの東北の有名ルアーマンもメーター級をここで2本釣っているが、先日は1週間いて
釣れないで帰ったと聞いた。
ただ、ここには小さいイトウは少なく釣れたらデカイ。
もちろん大河たる故、それはいつ来るか想像もつかず油断は出来ないし気も抜けない。
僕がいつも通ってる場所のイトウとは1本の価値が全然違うし、イトウ釣氏ならこの大河で
イトウを釣る事に高いプライドを持っている方も多い事だと思う。
e0035597_23291828.jpg

友人たちと夜明けほぼ同時に到着し、吸血昆虫の猛攻に遭いながらロッドを繋ぐ。
今日もK・Bullet SD17.6ft #12-13を選択した、長丁場になるからカラダに優しい
SD16ft#12-13かSD15ft#10か迷ったが、イトウを釣る時はやっぱりコレでしょう。
ラインは友人のお勧めでタイプⅥのシューティングヘッドを軽量なティボーリールにセットした。

大河に立ち込みイトウに出会える事を祈ってキャステイングに入るけど、
数時間経っても釣れる気もサカナの気配も無くアタリが有るのもサクラマスだけだった。
ただ足元には無数のウグイや川カジカの稚魚が居て、イトウの捕食対象になるサイズを学ぶ事が出来た。
e0035597_23354658.jpg

仲間たち4人で6時間もキャステイングを繰り返し続けてもドラマは何も始まる事無く
岸に上がり休憩を入れラインのシンクレートやフライの適正にあれこれ悩む。
この時点でラインをタイプⅥから、いつものタイプⅢに交換した。
特に変える必要は無かったのだろうけど、何か変化を付けないと釣れる気もしないし
集中力も持続しなかった・・・それほど、ここで釣れるイトウはとても遠く感じた。
e0035597_2330043.jpg

釣りを再開してスグにとなりに居たサクちゃんのロッドが弧を描いた。
その瞬間、彼はサクラマスがヒットしたと思ったみたいだけど、ロッドティップの動きは
外道がヒットしたのではなく、間違いなくイトウがヒットした動きだった。
釣れない時間く釣れる気がしない釣り場で仲間の一人が本命をヒットさせると
その反動でお祭り騒ぎとなり歓声が上がりテンションも上昇する。
僕はラインを巻き取りネットを持ってサクちゃんをアシストする、彼にはいつも僕のサカナを取って貰ってるから今回は僕が彼の大きなイトウをネットに納める。
普段はクールで冷静な彼も今回は嬉しさを前面に出して大喜びであった。
もちろん僕たち3人もリリースが終了するまで、まるで自分が釣ったかのようにテンションは高かった。
それにしても93cmのイトウは迫力があり威厳があった。
やはり海を知るイトウは太くネイティブなオーラを出していた。
e0035597_23312772.jpg

その後は何も無かったかのように大河は沈黙を保ち続け、僕たちの体力も限界に達してきた。正午過ぎにお湯を沸かして川原で昼食を取りながら、この大河のイトウの話を帯広の友人にお聞きした。隣では目的を達成したサクちゃんが大イビキをかいて寝ているが、帯広の友人の話を聞いたら,僕は妙に開き直れたのかもしれない。ここは釣れなくて当たり前だけど釣れた時の感動は他のものには代えれない喜びがある。

午後2時30分。
疲れきったカラダにムチを打つように釣りを開始する。
もう腰と背中がダルクて川に立ち込んでいるのもキツかったけど、イトウに会いたいという執念が僕にロッドを振らせた事だろう。
これがイトウの釣りでなかったら、もう帰路に着いている時間なのに・・・

雨が大粒に変わったり、雲の切れ間から薄日が差したり、蒸し暑く感じたりヒンヤリしたりと
数分後とに天気が急変する不気味な日だった。
風向きが正面からやや左手からに変わったとき、タイプⅣに付け替えたラインは
大河の沖の真正面にターンした。
e0035597_2332261.jpg

午後3時、そのラインをリトリーブする左手にイトウの鼓動が伝わりロッドを立てた。
隣の帯広の友人から祝福の声が掛かる。その気配を嗅ぎ付けて寝ていたサクちゃんも飛び起きてネットを持って掛け付けてくれた。
リールのドラグを締めるがイトウのトルクフルな疾走は止まらなく、僕は後ろに下がりながら
深場の駆け上がりからイトウを浮上させる事を考えていた。
友人たちは、またもお祭り騒ぎで喜んでくれている。
無事にサクちゃんのネットに入ったのは82cmのイトウだった。
e0035597_23324169.jpg

薄っすらとしたピンクのグラデーションにシルバーメタリックの魚体は完璧に美しく
今まで出会った、どのイトウよりも大きく美人だった。
e0035597_23332538.jpg

その後、午後5時まで友人たちと粘ったが当然のように何も無く13時間の釣りは終了した。
このポイント全体の釣果は僕とサクちゃんの2本とやや上流に居たルアー軍団の2本の4本だけ。
20~30名の釣り人が入れ替わり立ち代り1日ロッドを振って4本の釣果は良いのか悪いのか・・・
ヒットする瞬間を夢見ながら、黙々とロッドを振り続ける・・・
これがイトウの釣りなんだと実感したが、そもそも釣りとはそれが根底にあるような気がする。
e0035597_23345399.jpg

この次、いつこの場所でイトウに出会えるかは分からないけど、僕はこの大河での
イトウの釣りが好きになってしまった。
e0035597_23351251.jpg


                                6月11日 利尻富士を望む大河にて
[PR]
by flymagic | 2011-06-12 23:27 | イトウ