気ままにキャスト
flymagic.exblog.jp

北海道札幌市在住akaのflyfishingの気ままな話やフィールドの中で感じた事,思った事を気ままに綴ります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
Link
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
知床カラフトマス釣行2009
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
こだわりの二人が行き着い..
from Drag-Free Drif..
 3月4日  情報掌握。
from 「 飛 翠 。」 one's..
謹賀新年2008
from 北の毛針釣師-Blog
self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
カラフト
from walton_Blog
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
June 2 2007..
from Drag-Free Drif..
ブログパーツ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Lake Akan
今年初めて訪れてみた阿寒湖。
e0035597_19473448.jpg

解禁から10日目だが、まだ阿寒のスキー場は積雪が見られ
今シーズンの時期の遅れを感じてしまう。
e0035597_19314523.jpg

解禁当初はまだ湖面には大きな氷が浮いていたようだけど
その氷もすっかり姿を消したけど、水温は当然のように低く
水に手を入れると、我慢できないような冷たさだった。

天気予報では気温は10℃を超え、風も極めて弱い予報だったけど
朝の気温は0℃、風速は体感で5~7mくらいだっただろうか・・・
その風は午前中は北西から、そして午後からは北東の風に変った。

午前4時に阿寒湖畔に着いた僕達はポイントの選択に悩んでいた。
風向きで決めるなら、間違いなく大島を選ぶのだけど
数を釣って一日を有意義に過ごすなら北側の石カラやヤイタイ先の付近だろう。
e0035597_19273425.jpg

漁協の方と友人の意見で、大きなアメマスを釣ろうという事で、
僕達は大島へ渡船する事にした。

早朝の大島は僕達3人の貸切状態で、とりあえずポイントを別れて探る事にした。

僕が僕が最初に選んだのは、大島の西側。
ここは数年前に東京の友人達と入った記憶がある。
e0035597_19302999.jpg

幸先良く一投目で47cmの阿寒湖らしい黄金のアメマスがヒットした。
水温が低いとはいえ元気があって体高のある良いアメマスだった。
そして2投目のシューティング・スペイに入ろうとラインをリールから引き出しているうちに
根がかりのようにフライが浮いてこない・・・?
あれ?っと思ったら、もうアメマスがチャートリュースカラーのフライを咥えていた。
なんともサカナの濃い阿寒湖ならではの笑えてしまう出来事だった。
e0035597_1934262.jpg

しかし、このポイントではこの2匹のアメマスがヒットしただけで後が続かない・・・
友人達の入っていた北東側のポイントへ行ってみると、そこそこ釣れているとう話で
ここは浅めなのでタイプⅡのシューティングヘッドをインターミディエイトに換える事にした。
e0035597_19381072.jpg

それにしても、風は強くなる一方で太陽も分厚い雲に隠されて
長い時間、湖に入っているのはきつかった。
強い向かい風の中で沖に向かってフライを投げるのは無理で、仕方なく左右方向に
フライを投げ続けた。
e0035597_19382660.jpg

しばらくは、ここでも釣れない時間が続いたが、今日の爆釣劇が始まったのは
フライを細身にして、左手のリトリーブをピッチの短い超高速に換えてからだった。
e0035597_19345980.jpg

リトリーブの途中で不意にラインにテンションがかかる。
すると決まってアメマスがヒットする。
e0035597_19351839.jpg

最初は潮の流れや潮目に入ったのかな?と思ったけど、
どうやらアメマスがフライを吸い込んでいるようだ。
食いが渋くなるとテンションのかかった所でフライを止めると、またアメマスがヒットする。
e0035597_20352679.jpg

大きさは阿寒湖のアベレージサイズの45xm前後が多かったけど
中には20cmくらいのイワナのようなサイズも混じっていた。
e0035597_19403215.jpg

数を釣っていると偶然的にも大きめのアメマスも釣れてくれた。
e0035597_19361519.jpg

50cm、52cmと50UPが2本も釣れると、まだまだ大きなサイズが釣れるような気がした。
e0035597_19295591.jpg

今日のヒットフライはグリーンとブラックのゼブラカラーのマラブーを使った
悪魔のフライゼブラバージョン。
e0035597_1937436.jpg

これでもか!というくらい連続してアメマスから
グングンという特有のアタリを楽しませてくれた。
風の合間をかいくぐり、遠い沖まで飛んだこのフライに、本日最大級のアメマスがヒットした。
e0035597_19284178.jpg

ネットに納めるのを2度、3度と失敗して、納めたのが上の画像のアメマス。
阿寒湖では初めて見る大きく貫禄のある魚体に60cpの期待がかかる(笑)。
岸に上がり慎重に計測して画像に納めようと、石を積み重ねてイケスを作っていたら
イケスの石を飛び越えて逃げられてしまった。

午後5時の迎えの船が来るまで、身を切る寒さの中
なんとか釣り直そうと頑張ったけど、2匹目のドジョウは居なかったようだ。
e0035597_19364427.jpg

朝の5時過ぎから夕方の5時まで、昼食の時間以外は鬼のように釣りつづける事
11時間ほど・・・釣ったアメマスの数は30匹程だったと思うけど、
阿寒湖で1日で、これだけの数を釣った記憶は無いと思う。
e0035597_19291024.jpg

今シーズン、まだ始まったばかりのフィールドだけど
今年の阿寒湖は期待できるような予感がする。
e0035597_19401115.jpg

6月にまた、阿寒湖を訪れてみようと思っている。

                                      5月10日 阿寒湖大島にて


[PR]
by flymagic | 2010-05-11 19:56 | flyfishing