気ままにキャスト
flymagic.exblog.jp

北海道札幌市在住akaのflyfishingの気ままな話やフィールドの中で感じた事,思った事を気ままに綴ります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
Link
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
知床カラフトマス釣行2009
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
こだわりの二人が行き着い..
from Drag-Free Drif..
 3月4日  情報掌握。
from 「 飛 翠 。」 one's..
謹賀新年2008
from 北の毛針釣師-Blog
self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
カラフト
from walton_Blog
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
June 2 2007..
from Drag-Free Drif..
ブログパーツ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
春の十勝川、そして最後にmake drama
e0035597_20423325.jpg

土曜日の深夜。

季節はずれの寒さに戸惑いながら怪しげに白く光る積雪状態の
高速道路を僕たちを東へと走る。
目的地は僕の中では2週間前に終わったはずの十勝川。
春の訪れが足踏み状態の3月末だから最後のチャンスに掛けてみることにした。
それと3度目の十勝川釣行を決めた理由はもう一つ。

前回、前々回とここで使ったロッドをK・BULLET SD14ft #8と書いていたが、
僕の勘違いで十勝川に持って行くロッドを間違えていたようだ。
海アメに行く準備を優先していたので、K・BULLET SD16ft #12ー13と
K・BULLET SD15ft #10をロッドベルトで束ねて置いてあったのを、
そのまま#10と#8だと勘違いして十勝川に持って行ってたようだ。
e0035597_2043691.jpg

現場では、自ずと短い方がK・BULLET SD14ft #8だと思い込み
K・BULLET SD14ft #10を#8だと信じて
#8のラインで釣りをしていたら自分がおかしくて笑ってしまう。
どうりで最初の釣行でラインが軽く思えタイミングが合わなかったハズだ(笑)。
これと同じ間違いを去年の知床でもやっている訳で
まぁ、こんなドジなの事をするのは僕ぐらいだと思うけどご愛嬌という事で・・・。

しかしながら、今回はK・BULLET SD14ft #8にでベストなマッチングで
十勝川で釣りをしたけど、シューティングスベイのタイミングが上手く行かなかった。
もしかしたら#10ロッドの方がマッチングが良いのかもしれないけど
自分の技術不足を道具のせいにするのは良くないね(笑)。
e0035597_20515375.jpg

それにしても日曜日の朝はよく冷え込んだ。
いや朝だけで無く太陽が高く登ってからもガイドは凍りつき
指先の感覚も失うほど終始寒い日だった。
それでも釣り始めてすぐにアベレージサイズのアメマスが
チャートリュースカラーのフライを見つけてくれた。
干潮に当たる時刻は午前9時頃なので、それまでの短い時間が勝負だと思っていた。
e0035597_20435956.jpg


時刻は6時50分。

この日の2匹はかなり遠めでヒットした。
そのどっしりとした重量感は大きなアメマスだということがすぐに分かった。
e0035597_20522237.jpg

ディスクドラグのリールから何度もラインを引きずり出し、
激しく抵抗しながらも水面下に姿が見えた時は自分ではネットに採れないと判断して
隣にいたkazuさんに、取り込みを手伝ってもらった。
しかしkazuさんが差し出したネットは中流域用に作ってあげた
フレームが35センチの小さいネット!
e0035597_20444547.jpg

それじゃ無理じゃない!と思ったが「大丈夫!大丈夫!」の彼の言葉を信じて
無事にネットに納めていただいたが、次の瞬間に大きなアメマスはネットから飛び出し
川に落ちてしまい、僕は顔面蒼白になったけど、がっかりとフライがフッキングしていたから、
アメマスは逃げ去る事は無く結局自分でネットに納めた次第(笑)。
ロッドの横に横たわる魚体は海アメのように色白で美しく明らかに
70センチは超えてるように見えた。
e0035597_2045214.jpg

kazuさんとメジャーを当てると72センチの大きなアメマスだった。
e0035597_2048855.jpg

もちろん僕にとって十勝川でのトロフィーサイズ。

その次のヒットは7時25分。

72センチのアメマスを釣ったのと同じフライに出てくれた。
e0035597_21119100.jpg

同じような重量感がK・BULLET SD14ft #8をとおして伝わってくる。
リールでヒヤヒヤしながらやり取りしてネットに入れたのは
体高のある65センチのアメマスだった。
e0035597_204618.jpg

その後は流れも緩くなり流れの筋でもラインのテンションは軽くなりヒットするのは
50センチ以下の小型のアメマスばかりだった。
e0035597_2054990.jpg

昼食を挟み午後から1時間だけフライを流そうという友人達に付き合って、
午後2時まで再び十勝川右岸に立つ。

満潮時刻が近づいているので、あまり奥まで立ち込めない。
相変わらず小型のアメマスは盛んにフライにアタックしてくるが、
寒さを紛らすにはちょうど良く楽しい時間が流れた。

最後にもう一度、大きなアメマスを釣りたい欲望は僕にロングシャンクの2番フックに巻いた
全長7センチ程のフライをティペットに結ばせた。
e0035597_20471935.jpg

フライを交換して一投目でリトリーブする左手が止まった。
川底へ必死に潜って抵抗するから、なかなか水面に顔を出させるには時間がかかった。
春の十勝川を締めくくってくれたのは61センチのスレンダーボディのアメマスだった。
e0035597_2046419.jpg

最後の春の十勝川釣行。

72センチ、65センチ、61センチと僕にしては珍しくも良いサイズに出会えた嬉しい釣行となった。
e0035597_20563917.jpg

また今年の初冬には再びここを訪れる事になるだろう。
その時は、どんな野鳥の声が聞けるかも楽しみの一つだったりする。

                                       3月28日十勝川右岸にて
[PR]
by flymagic | 2010-03-31 21:38 | flyfishing