気ままにキャスト
flymagic.exblog.jp

北海道札幌市在住akaのflyfishingの気ままな話やフィールドの中で感じた事,思った事を気ままに綴ります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
Link
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
知床カラフトマス釣行2009
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
こだわりの二人が行き着い..
from Drag-Free Drif..
 3月4日  情報掌握。
from 「 飛 翠 。」 one's..
謹賀新年2008
from 北の毛針釣師-Blog
self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
カラフト
from walton_Blog
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
June 2 2007..
from Drag-Free Drif..
ブログパーツ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
初冬の十勝川 18尾のアメマス
金曜日の夕方から降りだした雨は僕たちが出発する時間には雪に変わっていた。
道東の十勝方面でもアメダスの降水量をみたら十勝川上流域では
わずかな雨が夕方から降ったり止んだりしていたようだった。
多少の濁りが入っているのは百も承知の上で僕らは深夜の高速を東へと走る。
e0035597_1853648.jpg

十勝平原を赤く染めるような朝焼けの空は今回は見ることが出来なかったのは
放射冷却による身を切るような寒さにも会わずに済むという代償だろうか、
ロッドガイドが凍りつくような寒さの中で釣りをするシーンはピーンとした乾いた空気と
東の空から差し込む柔らかい太陽光線が優しく感じて個人的には嫌いでは無いのだけれど。
e0035597_1855532.jpg

足の裏にカイロを貼り付けてゴアテクス製のソックスを履きネオプレーンのウエーダーを履く。
手にはいつものボロボロになったウィンドストッパー製のグローブをはいて川へと歩き出す。
そして胸には今日は大きなアメマスに会えるようにと期待と願いを込めて。
大きなアメマスというのは、前回となりで釣っていたルアーマンが
上げたような70cmを遥かに超えるようなアメマスの事。
自分にとっては未知の世界というものを覗き込んでみたいものだ。
e0035597_1861492.jpg

静に川に立ち込みリールからシューティングスペイラインを引き出す。
先端はタイプ8のティップにリーダーは1xのフロロカーボン、その先には
いつものチャートリュースカラーのフライを結んだ。
一番手前の流れの筋にフライを送り込むと、1投目で元気なアメマスがロッドを曲げてくれた。
e0035597_1863118.jpg

一尾目はあっけなくバレテしまったけど、
2尾目がヒットするまでにはさほどの時間は必要なかった。
しかし、サイズは僕にとってのアベレージサイズで先週のように
1尾目のドラマは当然のように起こることは無かった。
e0035597_1864484.jpg

その後もワンキャストワンヒットで元気なアメマスが連発でヒットする。
10尾目までカウントして上流に居た友人にポイントを譲り
僕はその上の上流側へと大きなアメマスを求めて歩き出した。
e0035597_187243.jpg

そこでも遡上系の海アメのように太陽の光をキラキラと反射させる
美しいアメマスが連続してヒットする。

それにしても上流からの北よりの強風は体温を低下させ指先の痺れを連れてくる。
寒さと小型のアメマスの猛攻に耐え切れなくなり右岸から左岸に移動したのは
10時過ぎの事だった。
e0035597_1871640.jpg

左岸でも特にアメマスのサイズは代わり映えしなかったけど
右岸のアメマスよりも輝いて見えたのは、日差しの悪戯なんだろうか。

午後からはアメマス達の活性も一段と下がりフライのローテイションを余儀なくされた。
チャートリュース系の悪魔のフライを中心にビーズヘッドパターンや
ゴールデンオリーブも人気があったようだ。

18尾目のアメマスをリリースし終わったところで友人から
そろそろ帰りませんか?という今日の釣りを終了する電話が入った。

気が付いたら時計の針は午後3時を指そうという時間になっていた、
子供のように時間の経つのを忘れて遊んでいたようだった。
e0035597_1884966.jpg

今回も期待していた大きなアメマスには会えずじまいに終わったけど、
来週のラストチャンスにもう一度チャレンジしてみようと思っている。

                                   
                                    11月28日 十勝川の畔にて
[PR]
by flymagic | 2009-11-29 22:46 | flyfishing