気ままにキャスト
flymagic.exblog.jp

北海道札幌市在住akaのflyfishingの気ままな話やフィールドの中で感じた事,思った事を気ままに綴ります。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
Link
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
知床カラフトマス釣行2009
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
こだわりの二人が行き着い..
from Drag-Free Drif..
 3月4日  情報掌握。
from 「 飛 翠 。」 one's..
謹賀新年2008
from 北の毛針釣師-Blog
self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
カラフト
from walton_Blog
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
June 2 2007..
from Drag-Free Drif..
ブログパーツ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カラフトマス2009 vol.2
こんな天気のはずじゃ無かったのに・・・
フロントガラスに叩きつけるような大粒の雨、夜空に青く光る稲妻。
釣りに纏わる不安要素、それは釣りをする以前の釣りをするコンディションの事の方が多い。

8月23日の日曜日、僕は友人達3人でオホーツクでロッドを振る。
e0035597_22311992.jpg

カラフトマスは、あまり釣れてない・・・そんな情報を小耳にしながらも
行けば釣れない事は無いだろうと思っていた。

雨降りの朝は夜明けも遅い。
天気予報を信じるのなら降るはずの無い雨にずぶ濡れになりながら
身支度を済ませ、ロッドを繋ぎフライを結ぶ。

最初に訪れた場所は、昨年もっともカラフトマスを釣った思い入れのポイント。
e0035597_2231362.jpg

しかし、僕達より先に浜辺で夜明けを待っていた釣り人の話は
僕は今日の釣りを不安にさせる言葉でしかなかった。

このポイントには昨日は1匹のカラフトマスも居なかったと言う。

それを信じるかどうかは別な話として、
このオホーツク全域で釣果は今ひとつパッとしないと言う事は事実だろう。

僕達は夜が明けぬうちに、ロッドも振らずに前回に僕が釣ったポイントに移動した。

ここの浜では40人ほどがロッドを振っていたが、
誰一人としてそのロッドは曲がる事は無かった。
e0035597_22315054.jpg

早めに見切りを付けて、ポイントを転々とするがカラフトマスの群れは見る事が出来ず
姿を見たとしても数引のカラフトマスの薄い群れでしかなかった。

最後の切り札として訪れたポイントには、多くは無かったけど
カラフトマスの群れは河口に付いていたようだ。

時おり、数匹のカラフトマスが波打ち際に姿を見せる。

ここで友人達が数匹のカラフトマスと出会う事が出来た。
e0035597_2232535.jpg

結局、僕には1度のアタリがあったけど、きっとスレ掛かりだったんだろう。

今日の釣りを諦めかけた時に、一度降り止んだ雨は東よりの強風と共に、振り出して来た。

この次は、僕にも幸運の女神が微笑んでくれれば良いのだけれども。

釣りに纏わる不安要素の一つは、今までの釣り方で釣れなかった時の自分の迷いでもある。
[PR]
by flymagic | 2009-08-24 23:09 | flyfishing