気ままにキャスト
flymagic.exblog.jp

北海道札幌市在住akaのflyfishingの気ままな話やフィールドの中で感じた事,思った事を気ままに綴ります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
Link
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
知床カラフトマス釣行2009
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
こだわりの二人が行き着い..
from Drag-Free Drif..
 3月4日  情報掌握。
from 「 飛 翠 。」 one's..
謹賀新年2008
from 北の毛針釣師-Blog
self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
カラフト
from walton_Blog
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
June 2 2007..
from Drag-Free Drif..
ブログパーツ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ステアリング(車の愛情シリーズその5)
しばらくお休みしていた、車の愛情シリーズですが
雨に祟られた週末の暇つぶしに見てくださればウレシイなと思って久しぶりのUPです。

2002年2月に新車で購入して、7年4ヶ月の月日が流れ
走行距離も105,000kmとトリップメーターもハイスピードで数字を重ねてしまいました。

走行距離を重ねる度に、消耗部品の浪費は仕方が無いことだけど、サスペンションのブッシュなど出費が痛くない部品であれば、交換にもあまり苦悩せずに財布の紐を緩めれるのだけど、価格が張る部品の交換には頭が痛いところだけど、交換しなければ車も長持ちしないし走れなくなったら、どうしようもないので諦めて貧乏生活を送るしかないのだけれどね。

さて、この画像は僕の愛車ランクル100のステアリングですが、
僕のは一回目のマイナーチェンジ後のVX-LTDのGセレクションというグレードで
標準で本木目とパンチングレザーのコンビネーションハンドルが標準装備されています。
e0035597_19163951.jpg

先週末、一人で道北までイトウを釣りに往復700kmを走破した時の帰り道。
ステアリングを握る右手に違和感を感じながらも、疲れていたのであまり気にする事も無く
帰宅して、翌日に野暮用でランクルのステアリングを握った時のに事件は発覚した!

なんと、ステアリングのレザー部分が擦れてボロボロに剥がれているではないですか

確か友人のランクル100も10万キロを走破した後に同じような症状が出て
ステアリングを交換したという話を聞いてはいたけど、まさか自分の愛車がこんなになるなんて・・・
ショックで目を疑いましたが、なってしまったからには悔やんでも仕方が無い。

連れ合いからは、「ハンドルを握っていたら見えないしょ!」と言われ
1度はこのまま乗り続けようと思ったのですが、気になり出したら止まらないのが車好きの
悲しい性なんでしょうね・・・つまりはステアリングは車の象徴でもあると考える僕は、
このまま乗り続けるには抵抗がありすぎるのです。
e0035597_19252510.jpg

そこで、悪あがきな選択肢は5つ。

  ☆プラン1→車ごと新しいランクル200に交換する。

  ☆プラン2→同じ純正のステアリングを某オークションで探して安く買う。

  ☆プラン3→純正品ではない類似品のステアリングを買う。

  ☆プラン4→純正品の同じハンドルをディラーさんで買って付けてもらう。

  ☆プラン5→今の世はリサイクルの時代。 レザーの部分を新しく巻き直して再利用する。

と、考えたのは5つの選択肢でありました。

しかし、5つも選択肢があってもどうしようも無いので消去法で1つ1つ消して行く事にすると、

プラン1、今の経済状況からしてハイオク仕様しかグレードの無いランクル200に乗り換えるのはどう転んでも、世の中がひっくり返っても無理という事で却下!

プラン2、某オークションの数千点にも及ぶ出品から探し出してはみたが、
「なんでこんな高い値段なの~?」と感じてしまうし、不安で信用できないから却下!

プラン3、数社から同じような雰囲気のステアリングは発売されているし、価格もそれなりで
良いのではと思えたけど、純正品ほどのクオリティーが無いようで却下!

プラン4、とりあえずトヨタの販売店さんに、年式、グレードを言って新品価格を聞いてみると
信じられないような数字が耳に飛び込んできた!
「じゅ~うにまーん!ななひゃくごじゅ~うえ~ん!」
当然10万キロも走った車には、到底掛けれない様な天文学的な金額だし
アメリカ製の永久保障つき高級バブルハンドロッドが買えるような値段なので速攻却下!

プラン5、ネットで皮メーカーさんのHPを物色して、トヨタ純正品として革製品を製作しているメーカーさんを見つけることが出来ました!その他にも数社、ステアリングの巻き直しをやってくれる会社もありましたが、トヨタの超高級車のレザーシート、ドアトリム、ステアリングのレザーを製造しているという信頼感、対応の良さ、価格面で僕はこの会社に大切なステアリングのレザー部分の巻き直しを依頼することにしました。
e0035597_2023376.jpg

ステアリングを巻き直してもらうには、車からステアリングを外して送らなければならないので、その間の代替のステアリングはランクル仲間の友人の酷使してレザーが剥がれたステアリングを装着してしのぐ事になりそうです。

まだ、仕事が込んでいてステアリングを外す時間が無いので、来週中にはステアリングを外して長野に発送しようと思っています。

釣行に使う車は距離数が嵩み、僕と同じような悩みを抱えてる方も居られるのではないでしょうか?
愛車は大切だけど、出来ればお金をあまり掛けないで長く乗り続けてあげたいものですね。

また、ステアリングの巻き替えが終わって愛車に装着したらレポートしようと思います。
[PR]
by flymagic | 2009-06-14 20:24 | LanCru100