気ままにキャスト
flymagic.exblog.jp

北海道札幌市在住akaのflyfishingの気ままな話やフィールドの中で感じた事,思った事を気ままに綴ります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
Link
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
知床カラフトマス釣行2009
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
こだわりの二人が行き着い..
from Drag-Free Drif..
 3月4日  情報掌握。
from 「 飛 翠 。」 one's..
謹賀新年2008
from 北の毛針釣師-Blog
self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
カラフト
from walton_Blog
Self portrai..
from Drag-Free Drif..
Self portrai..
from 永源寺のなまぐさイワナ
June 2 2007..
from Drag-Free Drif..
ブログパーツ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
春の日差し
午前4時30分、リビングのカーテンを開けてみると外は真昼のような
太陽の日差しで、もうすっかりと明るくなっていた。
ついこないだまで、朝起きても薄暗い状態だったのに、季節が流れるのは早いものだ。
e0035597_23283711.jpg

今日は連休の初日とでも言うのだろうか、朝の高速道路も交通量がいつもの
休日よりも多いような気がする。

仲間達と僕がホームとする近郊の湖に着いたのは、午前6時。
太陽は斜め前方から燦燦と照りつけて、初夏を思うせるような1日になるような気がした。
e0035597_232949.jpg

ここには半年振りに訪れてはみたが、やはり4月という事で水温は低く
フロートに乗っていると爪先は冷えて感覚を失うほど水は冷たく感じた。

久しぶりに握るシングルの#6ロッドはとても軽く、今まで持っていた
ツーハンドロッドに比べて、こんなに短かったかなぁ?って思えるほど軽快に感じられた。
e0035597_23293640.jpg

昨年の話をしても始まらないが、今回は去年のように大きなブラウントラウトの
姿は終始、見ることはなかった。

まぁ、これが自然相手の釣りだから仕方ない事だけれど、
大きなブラウントラウトに出会えるかな?
と淡い期待を持っていなかったと言えば嘘になるけどね。
e0035597_23295538.jpg

次から次へと容赦なくアタックしてくる小型のブラウントラウトは水面に
浮上してくると、春の日差しを浴びてとても綺麗に見えていた。
e0035597_23301056.jpg

足の痺れに耐え切れず、何度も岸に上がって休憩しながら
湖面に伸びていく木々の長い陰が湖面のさざ波にユラユラと揺れると
長い冬が終わって、これから春、そして初夏の釣りが始まるんだなと認識させられる。
e0035597_23302952.jpg

午後1時、僕達はロッドを納めた。
まだ春の太陽は暖かく包み込んではいたが、こんな日は釣れる気がしなくて
集中力が持続出来なかったのかもしれない。
また近いうちに、ここに訪れてみよう。 今度は何か良い事があるかもしれない。
フライフィッシングは、そんな期待感があるから
次の釣りまでの時間が有意義なのかもしれないね。
[PR]
by flymagic | 2009-04-29 23:59 | flyfishing